2009年10月21日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSウイングアーク、帳票データ長期保存のための専用アーカイブ製品

ウイングアークが、同社の帳票運用管理ツールにスプールされた帳票データを保存する機能に特化したアーカイブ製品を発表した。

[TechTargetジャパン]

 ウイングアーク テクノロジーズは10月20日、帳票スプールデータを保存するアーカイブ製品「RDE eXtended Archiver」(以下、RDE-XA)の出荷を開始した。

 RDE-XAは、同社の帳票運用管理ツール「Report Director Enterprise」(以下、RDE)にスプールされた帳票データを保存する機能に特化した製品。保存された帳票スプールデータを検索、表示、印刷することが可能。

 RDE-XAは、RDEと連携して帳票文書の長期保存を可能にする。また、条件を複数指定した明細行検索/名寄せ検索などの検索機能、クライアントPC上での帳票表示、RDEで設定されたユーザー管理情報や権限設定内容を保持したデータ管理機能などを備えている。さらに、帳票データのPDF出力やクライアント側プリンタへの帳票印刷なども可能。

photo ウイングアークが提供する帳票ソリューションの概要図

 RDE-XAの販売価格は600万円から(税別/2CPU当たり)。同社では、日々増え続ける帳票スプールデータをセキュアな環境でパフォーマンスを落とすことなく長期間保存したいという運用ニーズに応えられるとしている。

関連ホワイトペーパー

帳票 | 運用管理 | 検索 | 環境保護


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...