AITとウイングアーク、帳票データのXBRL化ソリューションを提供NEWS

国際標準のXBRL(事業報告用言語)報告書をSVF帳票と連携させて出力でき、効果的な企業情報の公開を支援する。

2009年01月14日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 AITとウイングアークテクノロジーズ(以下、ウイングアーク)は1月13日、事業報告書などの帳票データのXBRL(eXtensible Business Reporting Language:事業報告用言語)化を支援する「XBRL連携ソリューション」を共同開発すると発表した。2月より提供を開始する。

 このソリューションは、ウイングアークの帳票作成・帳票出力ソフト「SVF(Super Visual Formade)」シリーズとの連携によるシステム構築において、帳票印刷と同様の容易さで「帳票のXBRL化」を実現するというもの。SVFで作成された財務書類の電子開示や申請、XBRL適用への支援などを監査法人と協力して行う「コンサルテーション」、SVFで作成された財務書類のタクソノミ(科目属性辞書)対応やXBRL適用の実務支援などを行う「タクソノミ適用支援」、SVFからCSV出力された財務書類をXBRLへ変換する「XBRL変換ソリューション」を提供する。

 そのほか、財務諸表をSVFで作成する際の帳票設計の支援や帳票環境基盤の構築、帳票運用コンサルテーションなどのサービスも提供する。

 両社では、帳票のXBRL化によって各種事業報告や税務申告、公的申請・報告における迅速性を向上させ、標準化された技術の採用によって効果的な情報公開が可能になるとしている。2009年度において50社への提供を目指す。

関連ホワイトペーパー

帳票 | システム構築 | XML


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...