2008年04月08日 18時38分 公開
ニュース

ディーバら4社、製品データ連携で四半期報告書作成を支援NEWS

「DivaSystem」「EDITS」「X-Editor」「決算報告エクスプレス」の連携により、4月から義務付けられる「四半期報告制度」と金融庁の「EDINET」へ提出する際に必要となるXBRLへの対応を省力化する。

[TechTargetジャパン]

 ディーバは4月7日、プロネクサス、宝印刷、スリー・シー・コンサルティング(以下、3CC)の各製品データ連携を4月からの四半期報告書の作成処理から開始すると発表した。

 ディーバの連結会計システム「DivaSystem」と、EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork:金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)への提出書類のXBRL(eXtensible Business Reporting Language)化を実現したプロネクサスのディスクロージャー書類作成システム「EDITS」、宝印刷の「X-Editor」およびEDITS、X-Editorとデータ連携を実現している3CCの決算開示書類作成システム「決算報告エクスプレス」の連携を実現。DivaSysytemで収集・処理した財務情報をそのまま各システムを介して金融庁へ報告できるため、情報開示の早期化と効率化が可能になる。

 金融庁に報告が必要な企業の多くは、有価証券報告書の印刷などで既にプロネクサスか宝印刷のどちらかを利用しており、本連携のメリットを幅広いユーザーに提供することができるとしている。ディーバでは、既存のユーザーに無償でデータ連携モジュールの提供を始めるほか、新規ユーザーに対しても無償で提供していく方針。これまでデータ連携のためにユーザーが個別に対応していた処理や表記上のミスを削減するとしている。

関連ホワイトペーパー

SOX法 | 帳票 | 文書管理 | 経営


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...