CTCとウイングアーク、JRubyを利用した帳票ソリューションを共同展開NEWS

SVFによる帳票システムの設計、開発、構築にJRuby on Railsの技術を適用することで、高品質なエンタープライズシステムの短期構築が可能になった。

2008年07月14日 18時21分 公開
[TechTargetジャパン]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とウイングアーク テクノロジーズは7月14日、エンタープライズ市場を対象にJRubyを利用した帳票ソリューションの共同展開を同日より開始した。

 CTCは、企業向けの大規模システム開発を手掛けるインテグレーター。最近では特に、オブジェクト指向スクリプト言語である「Ruby」や、Rubyによる開発の生産性を高めるWebアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails 」、さらにJava仮想マシン(JVM)上でRubyを実行する「JRuby」およびそのフレームワークである「JRuby on Rails」を利用したシステム開発でも実績を重ねている。

 一方ウイングアーク テクノロジーズでは、請求書や発注書、見積書などの帳票の作成をはじめ、帳票出力環境の短期構築を実現する帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade(SVF)」を提供。帳票開発の生産性向上を図るだけでなく、業務用途に合わせた幅広い帳票運用環境を提供している。

 両社の協業により、SVFによる帳票システムの設計、開発、構築にJRuby on Railsの技術を適用することで、SVFのJava APIをJRubyから容易に利用できるようになるため、高品質なエンタープライズ帳票出力システムを短期間で構築することが可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

帳票 | Java | API | Webアプリケーション


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。