2010年03月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

OS起動もできる便利な機能Windows 7の仮想HDD(前編)──ネイティブブートVHDのメリット

Windows 7とWindows Server 2008 R2がVHDおよびVHDブートをネイティブでサポートしたことは、特に開発者とテスターに多くのメリットをもたらす。

[Gary Olsen,TechTarget]

さまざまなメリットもたらすVHD

 Window 7の仮想HDD(VHD:Virtual Hard Disk)は、このOSの素晴らしい機能の1つであり、多くのメリットをもたらす。VHDは仮想化ソフトウェアを使ったことがある人には目新しいものではなく、VHDフォーマットはMicrosoftのVirtual PCやHyper-V、Citrix SystemsのXenServer、Sun MicrosystemsのxVM製品でサポートされている。VMwareのESXサーバも、同社独自のVMDKフォーマットに加えてVHDをサポートしている。

 VHDはソフトウェアによって作成され、HDDの機能を備える。特定のサイズを持っており、マウントし、フォーマットしなければならない。VHDにはファイルをコピーしたりOSをインストールする機能があり、OSをVHDから起動することやディスクのサイズを拡大することも可能で、実際のディスクとほぼ同じように利用できる。MicrosoftのSystem Center Virtual Machine Manager(SCVMM)のようなアプリケーションでは、物理ディスクから仮想ディスクへの変換(P2V変換)が可能だ。これにより、データセンターの物理マシンの設置スペースを簡単に削減できる。さらに、MicrosoftのWindows BackupやSystem Center Data Protection Manager(SCDPM)では、データをVHDに保存できる。

 仮想環境では、VHDはOSのコンポーネントやファイルなどのクライアントまたはサーバのイメージが格納された単一のファイルであり、仮想化ソフトウェアが稼働するホストマシンのファイル構造内に存在する。多くの企業は仮想マシン(以下、VM)のオンラインバックアップを作成する代わりに、VMのVHDファイルをバックアップしている。VHDはポータブルで、ホストマシン間で移動できる。このため、ホストシステムがダウンしたり、メンテナンスのためにシャットダウンしなければならなくなっても、仮想化ソフトウェアが稼働するほかのホストにVMを移動し、そのホストで実行できる。

 ただし、VHDをこのように利用する場合は、Windowsのライセンスの問題に注意する必要がある。その詳細は別稿で説明するとして、ここでは、VHDがさまざまな用途に使えて便利なことを強調するにとどめたい。

Window 7とWindows Server 2008 R2でネイティブにサポート

 最近まで、VHDの作成には専門的な仮想化ソフトウェアを使わなければならなかった。例えば、Windows Server 2008では、 VMのVHDファイルを保存するには以下の手順を踏まなければならなかった。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...

news121.jpg

IMJとブレインパッド、「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」のデータ連携パッケージを共同開発
アイ・エム・ジェイとブレインパッドは「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」の...