2012年02月10日 18時30分 UPDATE
特集/連載

バイナリ非互換性は問題ではない?ARM版Windows 8モバイル端末のメリットとデメリット

ARM搭載端末向けのWindows 8がもたらすものはメリットかデメリットか。ARMとx86の非互換性をデメリットとして挙げる声に対して、ARM搭載端末向けWindows 8のメリットはあるのか?

[James Furbush,TechTarget]

 企業のIT部門が対応しなければならないモバイル端末がまた1つ増えた。ARMプロセッサ搭載のWindows 8モバイル端末だ。

 米Microsoftは最近、Windows 8のおおよそのリリース時期と、米Intel米AMDが提供する従来のx86プロセッサを搭載したデスクトップ/ノートPC向けのバージョンに加えて、将来的にはARMプロセッサを搭載したモバイル端末やタブレット向けのバージョンを用意することを発表した。

 Microsoftのこの決定がもたらす効果を企業が心底実感できるようになるまでには、数年かかる可能性があると専門家は口をそろえて言う。しかし、IT担当者はこの変更の持つ意味を早く理解するに越したことはない。x86用に開発されたアプリケーションはARMプロセッサでは動作しないし、逆にARM用アプリケーションはx86で動作しないからだ。

 米ITコンサルティング会社Cornerstone TechnologiesでITエンジニアリングサービス担当ディレクターを務めるユージン・アルファーロ氏は「アーキテクチャの変更は世の常だが、信頼性と安定性に関して大きなリスクを伴う。IT担当者は、電話対応ができなくてお払い箱になることはないが、コンピュータを無事に運用できなければ首になる」と新技術を迎え入れる準備の重要性を説く。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...