2012年01月18日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 8タブレットが“iPadキラー”になるために越えるべき3つの壁タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【後編】

Windows 8タブレットは本当にiPadの牙城を崩せるのか。後編は、Windows 8タブレット普及に当たっての課題を示す。

[Michael Cohn,TechTarget]

 米Microsoftが開発中の次期OS「Windows 8」を搭載したタブレットは、米AppleのiPadの有力な対抗馬として注目を集めつつある。前編「Windows 8タブレットが“iPadキラー”になり得る理由」では、Windows 8タブレットがiPadに対抗する武器となる機能や特徴、ハードウェアベンダーの盛り上がりについて説明した。

 Windows 8タブレットに死角はないのか。後編は、Windows 8タブレットの普及に当たって解決すべき課題を解説する。

課題1:ARMプロセッサ向けソフトウェアの早期充実

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。