2012年01月18日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 8タブレットが“iPadキラー”になるために越えるべき3つの壁タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【後編】

Windows 8タブレットは本当にiPadの牙城を崩せるのか。後編は、Windows 8タブレット普及に当たっての課題を示す。

[Michael Cohn,TechTarget]

 米Microsoftが開発中の次期OS「Windows 8」を搭載したタブレットは、米AppleのiPadの有力な対抗馬として注目を集めつつある。前編「Windows 8タブレットが“iPadキラー”になり得る理由」では、Windows 8タブレットがiPadに対抗する武器となる機能や特徴、ハードウェアベンダーの盛り上がりについて説明した。

 Windows 8タブレットに死角はないのか。後編は、Windows 8タブレットの普及に当たって解決すべき課題を解説する。

課題1:ARMプロセッサ向けソフトウェアの早期充実

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...