2014年04月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Health 2.0 Medical × Security Hackathon 2014」リポート(1)医療を変えるITのブレークスルーに期待――医療ハッカソンを見てきた

2014年2月、新しい医療アプリケーション/サービスの創出、提案、開発などを競う「Medical Hackathon」が福島県で開催された。参加者は、24時間という制限時間内で医療の変革を見据えたアプリ開発に取り組んだ。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

開発プロセス | 医療IT


新しい医療の創造を福島県から

 「医療に革命を起こそう」をテーマにしたイベント「Health 2.0 Fukushima Chapter/Medical × Security Hackathon 2014」が2014年2月27、28日に福島県アルツ磐梯スキー場で開催された。経済産業省 東北経済産業局の「平成25年度地域新成長産業創出促進事業」の支援を受けているこのイベントは、講演「Health 2.0 Fukushima Chapter」とハッカソン競技「Medical × Security Hackathon」の2つで構成される。

 Health 2.0 Fukushima Chapterのセッションをリポートした「日本の医療IT開発が向かうべきは“タブレットネイティブ”」に続き、今回からMedical × Security Hackathonの内容を2回にわたりお届けする。

photo Eyes, JAPANの山寺氏

 Hackathonとは、ソフトウェア開発者やグラフィックデザイナー、UI設計者、プロジェクトマネジャーなどが集中的に共同作業を行うイベントだ。Medical × Security Hackathonは2012年、2013年に続き3回目の開催となる。今回は新しい医療アプリケーション/サービスの創出、提案、開発などを競う「Medical Hackathon」と、医療機器やソフトウェアの脆弱性調査、侵入テストなどを競う「Security Hackathon」の2競技を実施した。

 イベントを主催するEyes, JAPANのCEO(最高経営責任者)であり、Health 2.0 Fukushima ChapterのChapter長を務める山寺 純氏は「Medical × Security Hackathonは、医療アプリケーション/サービスに関するアイデアや、医療アプリケーションのセキュリティの問題解決策を出し合うことで、東日本大震災の被災地である福島県から新しい医療を創造することを目的としている」と説明する。今回も医療従事者をはじめ、大学生や社会人を含むアプリケーション開発者やデザイナー、セキュリティエンジニアなどが参加した。

共通課題の1つは「スマートフォンによる新しい医療アプリケーション/サービスを開発する」こと

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...