2014年05月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows 8.1 Update」登場で使い勝手が改善キラーアプリはタッチ版「Microsoft Office」、WindowsタブレットのiPad超えは可能か

「Windows 8.1 Update」の登場で使い勝手が向上したといわれる「Windows 8.1」。しかし、先行する「iPad」などに追い付くにはタブレットで利用できるタッチ版の「Microsoft Office」が求められる。

[Diana Hwang,TechTarget]
ik_tt_win01.jpg

 米Microsoftの「Windows 8.1 Update」によって、同OSの使い勝手は恐らく改善された。だがWindows 8.1 Updateの新機能が、企業のIT部門にWindows 8.1タブレットの導入を促すほど十分に魅力的かどうかについては、まだ定かではない。

 大半のIT部門は、Windows 8タブレットを導入するどころか、まだWindows 8もサポートしていない。IT管理者はWindows 8の複雑なユーザーインタフェース(UI)や、業務に役立つWindows 8対応アプリケーションがないことに不満を抱いている。

 米TechTargetの読者フォーラムでも、IT業界の読者から幾つかWindows 8の課題が指摘されており、「Windows 8はユーザーの学習曲線の傾きが大きい」との指摘や「デバイスドライバのアップグレードとインストールに苦労した」などの声も挙がっている。

Windows 8に移行するメリットは?

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...