2015年05月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

価格を超えるプレミアム感徹底レビュー:「Surface 3」、誰もが購入を検討する“圧倒的な正しさ”とは

人気のSurfaceシリーズに比較的低価格な「Surface 3」が登場した。Atomプロセッサーを搭載するが製品の質感や使い勝手は従来製品と変わらない。「Windows 8.1」搭載のプレミアム端末を見る。

[Jamison Cush,TechTarget]

関連キーワード

Surface Pro | Surface | Windows 10


ik_tt_sf00.jpg 米Microsoftの「Surface 3」《クリックで拡大》

 一般的に低価格のタブレットやノートPCで使われているチップセットを採用しているとはいえ、米Microsoftの「Surface 3」はプレミアムな端末だ。市場にはもっと安価な選択肢がたくさんあるが、それでもSurface 3には499ドルという基本価格を支払う価値が十分にある(法人向けは6万8800円から、個人向けは8万1800円《いずれも税別、以下同じ》)。

 Surfaceという名称は踏襲しているが、それ以外の点は全て変化している。サイズもデザインもチップセットもOSも全て先行機種とは違う。

 こうした変更により、Microsoftの新タブレットSurface 3は今では、市場のその他何十種類ものWindowsタブレットやノートPCとの共通点が増えている。裏を返せば、これまでSurfaceシリーズはそれほど独特な製品だったということだ。その独自性のため、市場での成功には至らなかった。

 米TechTargetは「Surface 2」と「Windows RT」を高く評価した。どちらの端末にも際立った長所があり、パフォーマンスと生産性も当時の他の端末と比べて遜色なかった。だがどちらの端末も、ユーザーや開発者からプラットフォームの成功に必要な支持を得ることはできなかった。そこで、Microsoftは恐らく、後継モデルでは搭載OSを変更するという正しい判断を下したのだろう。

 だが結論に行く前に、Atomを搭載する新しいSurface 3をもっと詳しく見てみよう。Surface 3は完全版の「Windows 8.1」64ビット版を搭載している。

仕上がりとデザイン

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...