2016年06月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ブロックチェーンのビジネス活用術「ブロックチェーン」を政治に生かすと“ウソつき議員”を無給にできる? (1/2)

仮想通貨で利用される「ブロックチェーン」を他の用途に応用する動きが広がっている。世の中を大きく動かす可能性を秘めた、ブロックチェーンの応用先を見ていこう。

[Sue Troy,TechTarget]

関連キーワード

金融 | 経営


DC Blockchain Summit ブロックチェーンの有力な応用先とは(画面はDC Blockchain Summitの公式サイト)《クリックで拡大》

 「ブロックチェーン」は、「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨(暗号通貨)の基盤となっている分散型台帳で、仮想通貨以外にも多くのユースケースに役立つと考えられている。Tapscott Groupの創立者で、コンサルタントとCEOを務めるドン・タップスコット氏によれば、「ブロックチェーンは富が生み出される仕組みを変えることで、地球規模での富の再分配を約束している」という。

 2016年5月に発売された書籍『Blockchain Revolution』の著者であるタップスコット氏は、米国ワシントンDCで開催されたブロックチェーン関連イベント「DC Blockchain Summit」で講演した。その講演で同氏は、ブロックチェーンが技術の有無による格差やデジタル経済が生み出す社会の不平など、社会における大きな問題をどう解決するかについて語った。

 本稿では、タップスコット氏が説明した根本的な変化の一部を紹介する。

モバイル決済システム:グローバルにもたらされる何十億もの富

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...