2016年12月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

優れたSDS製品とは物理構成に縛られない自由なストレージ運用をかなえる、SDS製品への期待 (1/2)

ソフトウェア定義のデータセンターは、IT部門が避けて通れない未来だ。ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の革新はまだ初期段階にあるが、あらゆる企業にとってSDS製品が重要な戦略になる可能性は高い。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
Cephのメリット/デメリット(参照:OpenStackのブロックストレージ「Cinder」の押さえておきたい機能)《クリックで拡大》

 ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の革新は、まだ初期段階にある。多くの製品がSDSアプローチの目標を達成できていない。またSDS製品が多数提供されていることは有意義な進歩といえるが、ソフトウェアベンダーの母数が大きくなるにつれて、将来問題が発生する可能性はある。それを踏まえて相互運用性の重要度が増している。

 では、SDSの目標とは何だろうか。優秀なSDS製品を使用すれば、ストレージノードで多くのソフトウェアが不要になり、サービスが分散可能でスケーラブルな仮想機能として再実装される。また、このサービスは、クラスタの仮想インスタンスプール内ならどこにでも実装可能だ。このようなSDS製品の検討過程では、ワークロードの需要に応じてサービスを作成または削除できる。また機能同士を連係させて複雑な処理を実現することも可能だ。

 重要な目標は、多くのベンダーのサービスが相互運用できるようになり、必要に応じたアドホックな統合と“XaaS”モデルに基づく従量課金オプションを実現させることだ。この開放的なアプローチによって競争が促され、新しいツールの進化とパフォーマンスの改善に拍車が掛かるのが狙いである。

増加傾向にあるハイパーコンバージドシステム

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...