2017年01月24日 09時00分 UPDATE
特集/連載

IVS CTO Night&DayレポートCTOという将来のキャリアに向けて、今エンジニアがすべきこと (1/2)

ユーザー企業で経営と技術の両戦略を担うCTO(最高技術責任者)。彼らはどんな情報を必要としているのか。CTO向けイベントに潜入した記者が考察した。

[重森 大,著]

関連キーワード

CTO | Amazon Web Services


 エンジニアにとって学びと成長の場として欠かせないコミュニティー。「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」(Azure)のユーザーグループに参加して最新技術情報を共有したり、エンジニア同士の横のつながりを作ったりと、その価値を知っているエンジニアは積極的に外に出て活動している。そんなエンジニアが次のステップに進んだとき、どのような活動で何を得ればいいのだろうか。本稿では企業のエンジニアに向けて、エンジニアが進むべきキャリアとして有力な選択肢の1つであるCTO(最高技術責任者)のコミュニティーについて、取材を通して考察する。

IVSとAWSが開催するCTO向けイベントに密着

 「IVS CTO Night&Day」は、ベンチャーキャピタルのInfinity Venture PartnersがCTOを招いて年に2回開催しているイベントだ。2016年12月開催の第5回は、京都市内のホテルを会場として開催した。IVSとはInfinity Venture Partnersが開催する「Infinity Ventures Summit」のこと。IVSはベンチャー企業のCEO(最高経営責任者)を招待しピッチ(短時間のプレゼンテーション)などを行う、歴史あるイベントだ。今回のIVS CTO Night&Dayは、IVSの趣旨と、ベンチャーを支援するAmazon Web Services(AWS)のカルチャーが結びついて2014年に始まった。そうした背景もあり、IVSとIVS CTO Night&Dayは同日に開催され、両参加者が集合する特別セッションも幾つか用意されていた。

 IVS CTO Night&Dayは1泊2日のイベントだが、“Day0(デイゼロ)”とも言うべきウエルカムパーティがあり、多くのCTOが2泊3日のスケジュールで参加したようだ。普段多忙なCTOが、師走に時間を割き、交通費や宿泊費、参加費を負担してまで参加するほどのイベント。多くはないが、5回全てに参加している人もいるという。ここにしかない価値を求めてのことだろうが、それは一体、何なのだろうか。

ウエルカムパーティの様子

技術セッション、トークセッションにピッチイベントと濃密な2日間

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...