2017年07月02日 05時00分 公開
特集/連載

イノベーションを生み出す人材が必須「AI」は上司? 同僚? CIOが議論する未来の職場とは (1/2)

最高情報責任者(CIO)の管轄下にある部門などデジタルな職場では、職務上の枠を超えたコラボレーション、社外の貢献者に対する開放性の強化、人工知能(AI)への理解が進んでいる。

[John Moore,TechTarget]

関連キーワード

CIO


「MIT Sloan CIO Symposium」の壇上で対談するピーター・ワイル氏、ジム・ファウラー氏、デイビッド・グレッドヒル氏、ロス・マイヤーコード氏、ルシール・マイヤー氏(左から右)《クリックで拡大》

 未来の職場環境は、協調的なチームを特徴とするようになるだろう。具体的には、従業員が職務上の枠を超えたスキルを巧みに操り、インテリジェントな機器と連携して仕事をするという環境だ。

 これは、2017年5月に米国で開催された「MIT Sloan CIO Symposium」に登壇した学者と最高情報責任者(CIO)などの企業幹部による分析だ。デジタルトランスフォーメーションに向けて動いている企業では、より速いペースの革新が必要になる。また、企業はデジタルによる混乱を回避することも望んでいる。この動向によって仕事の本質が変化している。

 そして、高度な自動化から急速な進化を遂げている機械学習に至るまで、多数の有力なテクノロジーには、企業で働くIT専門家の役割を再定義することが期待されている。このトレンドにより、IT部門だけでなく、IT部門がサポートしているビジネス部門でも、仕事のやり方が変化するだろう。

 General Electric(GE)でバイスプレジデントとCIOを兼務するジム・ファウラー氏は、企業に共通して見られる動きがあると指摘する。それは、従業員が1つの職務に注力するという従来の構造から離れているという動きだ。GEにおける同氏の職務と他の企業で同様のポジションで働く人の職務は、既に従来のモデルから脱却していると同氏はいう。

 「人事関連の仕事をする時間もあれば、経理関連の仕事をする時間もある。そして、IT関連の仕事をする時間もある」とファウラー氏は述べ、自身の仕事が以前と比べて職務上の枠を超えたものになっていることを示唆している。

 ファウラー氏は、例としてGEの航空事業に言及している。同社の航空事業では、さまざまな分野に最も明るいとされるメンバーと企業幹部が一堂に会して、職務上の枠を超えたチームとして課題に取り組んでいる。また、新しい職場環境に関する別の現状に対処するために、キャリアが5年未満の従業員で構成されたグループも形成している。以前は、将来有望な新人を育てるために、そのような人材を幾つもの部署に異動させていたが、その方法は時間がかかりすぎた。

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューショ...

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。