TechTargetジャパン

事例
複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方
 京セラドキュメントソリューションズは、海外の売り上げが全社の約9割を占めている。今までは拠点ごとに最適化されたシステムを使用していたが、システム連携のために個別のインタフェースを開発して対応してきた。しかし、複雑化するシステムによってデータ連携のイン...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
業務プロセスの可視化・改善とIT化で実現する“真”の働き方改革
 生産性の低下、慢性的な残業、業務の属人化といった現象は、多くの企業で生じている問題である。この解決策としてシステム導入は有効な手段だが、一方で導入後に現場からの手戻りが発生し、導入したシステムが使われないままに陥るケースが多く見られる。 この問題の一...(2016/11/22 提供:株式会社システム科学)

事例
管理部門の負担となるマスターデータ更新、ウイングアーク1stはボタン1つで解決
 ビジネスの基盤となるマスターデータを管理部門が一括してメンテナンスしている企業では、ユーザー部門から依頼がある度にデータの更新作業を行う。しかし、業務におけるデータの活用が進むと、更新依頼が増加し、管理部門の業務を圧迫し始める。 帳票システムなどの分...(2016/7/28 提供:株式会社システムエグゼ)

事例
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
 ITシステムのクラウド移行には、ハードウェア維持費を減らし、保守・運用をアウトソーシングできるというメリットがある。しかし、SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムをクラウド化するためには、サービスの信頼性に対する十分な評価が必要だ。 電子計...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
注目の医療ITベンチャー5社が語る「日本の医療IT、未来はどっちだ?」
 医療/ヘルスケア業界ではITベンチャーの登場が相次ぐことで、従来とは違う視点、コンセプトの新たな製品やサービスが生まれつつある。では、各社は現状の何を課題視し、どのような解決策が必要と考えているのか。 TechTargetジャパンは2014年7月、この点に焦点を絞り...(2015/2/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
スミダコーポレーションの海外M&A強化の課題を解決したグローバルな連結会計基盤
 電子部品を手掛け、30年以上前から中国へ進出して現地生産をスタートするなど、日本メーカーの海外進出の草分け的な存在のスミダコーポレーション。現在では日本人社員の割合は3%で、中国、東南アジア、欧州に製造拠点を構え、北米に販売と研究開発拠点を持つ。数々の...(2014/12/1 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
続・ユーザー企業自身が語る、AWSを選んだ理由
2014 年7 月17、18 日に開催した「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションで、多数のユーザー企業が自らのAWS 活用について語った。IT INSIDERでは、前号「ユーザー企業自身が語る、AWS を選んだ理由」で、このうちエイチ・アイ・エス...(2014/7/29 提供:アイティメディア株式会社)

事例
23の事例に見る“かゆい所に手が届く”生産管理
製造業がグローバル化や開発期間短縮をより求められるなか、中堅・中小企業もまた、IT活用や一元管理による効率化が求められている。どのようにシステムを選択すれば成功できるだろか?本資料では、世界610サイトの導入実績を誇る純国産生産管理システム「R-PiCS」を実際...(2014/5/19 提供:株式会社リード・レックス)

レポート
元ソニーCIOが語る、「情報システム部門」が生き延びるための条件とは?
 ソニーグループのCIOを7年間務め、現在はガートナー ジャパンのエグゼクティブパートナーとして、CIOやIT責任者を対象としたエグゼクティブ・プログラムを担当している長谷島 眞時氏。一貫して情報システム部門関連でキャリアを積んだ長谷島氏は、日本の情報システム部...(2014/5/14 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
昭和シェルグループの10年後を見据えた仮想化基盤構築を支えたハードウェア
 石油事業とエネルギーソリューション事業を中核とする昭和シェルグループの情報システム会社である昭和シェルビジネス&ITソリューションズ。同社は、サービス・レベルを保ちつつ、コスト削減を実行することを課題の1つとして取り組んでいる。昭和シェルグループでは、1...(2014/3/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
事例に見る次世代BPMの姿──先進テクノロジーでプロセス変革を実現せよ
 プロセス自動化の黎明期を乗り越え、今、グローバルにおけるBPMは、「組織間コラボレーション」や「日々の業務遂行における意思決定」を取り込んだ、“イノベーション機会の創造”にフォーカスしている。これまで企業はBPRやBPMといったビジネスプロセス変革を行ってき...(2013/1/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
SAPシステムをクラウド化したアンリツ、その基盤となるデータセンターの選定要件
 電子計測器や情報通信機器、光デバイスなど、情報通信の進化を支えるさまざまな製品をグローバルで提供するアンリツ。同社は10年ほど前にSAP ERPを導入し、本社のサーバルームで運用してきた。これまで2回の更新を重ね、2011年の更新時にUNIX版からWindows版のSAP ERPへ...(2013/10/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
「情報システム部門の危機」、その実像とは
 この数年、一部で「情報システム部門の仕事は価値を失う」とか「情報システム部門は将来消滅する」といった言い方がなされるようになってきた。これは、一般企業において、ITの利用形態が、社内での運用から、クラウドサービス依存へ移行することを前提とした議論だと考...(2013/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
自動車向け機能安全規格ISO26262の故障解析に取り組んでいる設計担当者様必見!
 株式会社構造計画研究所では、ISO26262対応を実施されている現場のご担当者様の声を取り入れた、ISO26262故障解析テンプレート(特にPart3〜Part5)とIEC62380規格記載の故障率算出式に基づく故障率算出シートを提供している。 プラットフォームである「IHS品質リスク...(2013/6/19 提供:株式会社 構造計画研究所)

事例
10名という従業員数でもERPを導入決定。小回りのよさを生かした企業の成長戦略
 従業員数が少ない企業でERPを導入する必要があるのかという意見もある中で少数精鋭主義だからこそ効率化を推進した企業3社の導入事例の紹介である。「小回りのよさ」を生かすリアルタイムな情報連携が企業の競争力を高めている。 事例企業は専門商社・卸業・サービス業...(2012/11/21 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
自動車向け機能安全規格ISO26262の故障解析でお困りの方必見!
 構造計画研究所では、ISO26262対応を検討されているお客様の声を取り入れた、ISO26262故障解析テンプレートとIEC62380規格記載の故障率算出式に基づく故障率算出シートを提供します。 プラットフォームのIHS社(本社:米国コロラド州)の品質リスクマネジメントソリュ...(2012/9/1 提供:株式会社 構造計画研究所)

事例
サイロ化したシステムのコンソリデーションからBCPまで行う賢い方法
データ統合による攻めの情報活用とコスト削減の両立 −データベースのマーケットリーダーだからこそ  実現することができる  真の Data Integration ソリューション■ 攻めの情報活用に不可欠な「Data Integration」とは■ リアルタイムデータ連携を支えるOracle Gol...(2012/4/24 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
企業経営における緊急課題−ビジネス・アナリティクス(BA)
 ビジネス・アナリティクスは、数多くのデータを収集、分析し、今後起こりうる複雑な結果を予測できることで、よりよいパフォーマンスを獲得し、競争に打ち勝つために強力な手段を生み出す。ビジネス・アナリティクスは、経営科学と経営実務における最先端の領域だ。本稿...(2011/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
国内外550サイトの導入実績を持つ生産管理システム R-PiCS導入事例集 ●業種別編●
 生産管理システム「R-PiCS V3」は、日系製造業特有のきめ細かい生産方式をサポートする、製販一体型のERPパッケージです。 個別受注生産で必要なオーダー別原価把握を目的とした製番管理方式と、リピート生産に必要な在庫グロス管理、工程スケジューリングなどを実現。(2011/9/26 提供:株式会社リード・レックス)

技術文書
ERPユーザの課題解決に向けたハイブリット開発のすすめ
 ERPは、統合業務パッケージとしてERPベンダーによって汎化されたベストプラクティスの集合体であり、業務をERPに合わせることにより、業務効率の向上やコスト削減が図れるなどの利点がある。よく言われる利点が業務統合、BPR、リアルタイム経営、国際標準・多国籍システ...(2010/11/8 提供:キヤノンソフトウェア株式会社)

技術文書
顧客データを分析主導型マーケティングの原動力に変える
マーケティング担当者たちは、現在、歴史的転換点を目撃している。分析的なアプローチにより得られる顧客インサイトを戦略的に活用することができない企業は、時間の経過とともに時代の流れに置いていかれることになるだろう。本資料では、マーケティング部門として何をす...(2011/6/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
10名という従業員数でもERPを導入決定。小回りのよさを生かした企業の成長戦略
 従業員数が少ない企業でERPを導入する必要があるのかという意見もある中で少数精鋭主義だからこそ効率化を推進した企業3社の導入事例の紹介である。「小回りのよさ」を生かすリアルタイムな情報連携が企業の競争力を高めている。 事例企業は専門商社・卸業・サービス業...(2009/10/15 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
NTTドコモなどのリーディングカンパニー4社が語るオラクルのミドルウェア導入事例(SOA/ID管理)
 業界を代表するリーディングカンパニーの情報システム部門の責任者が、自らの声で、導入理由、導入後の効果・メリット、導入に当たっての工夫などを語った。 本ホワイトペーパーでは、SOA、およびID管理に関する事例レポートを一挙まとめて公開する。【事例1】SOAによ...(2009/7/31 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
企業におけるナレッジ活用を飛躍的に高める「KPOサービス」とは?
 昨今、企業における業務コスト削減が大きなテーマになっているが、単なる派遣社員化やアウトソーシングは企業のナレッジを失う結果となり、最終的にはコストアップになってしまう。こうした状況に対し、企業のナレッジを効果的に活用して業務の効率化と高度化を実現する...(2009/1/30 提供:リアルコム株式会社)

製品資料
「同じ過ちは二度と繰り返すな!」バッチシステム構築の危機を打開する唯一の方法とは
 いま、多くのプロジェクトで、同じ失敗、同じ過ちが何度も繰り返されている。「進捗が遅れる」、「全体テストでエラー多発」、「担当者しか分からない」、「大人数開発の負荷」、「仕様が不明」、「当初から見えない化」等々、失敗プロジェクトを生み出す要因は多数ある...(2008/10/8 提供:株式会社インテリジェント・モデル)

レポート
ユーザー調査から読み解くビジネスプロセス管理(BPM)市場の最新動向
 今日の企業リーダーは常に次のような命題を抱えている。・コストをかけずに顧客サービスを向上させ生産性を上げるには?・ビジネスメリットを損なわずにリスク管理と法令順守を徹底するには?・社員の革新的な発想力を生かして、新たな製品や市場を開拓したり顧客満足度...(2008/6/4 提供:日本BEAシステムズ株式会社)

事例
基幹業務システム7つの成功事例と成功のポイント
 基幹業務システムの導入あるいは入れ替えを検討するに当たって、注意すべきポイントとは何か。ERPパッケージ、会計・人事給与システムの導入において1700社以上の導入実績を持つクレオが、導入事例とともに解説する。 中堅・中小企業の経営課題を明らかにし、ERP導入で...(2008/5/1 提供:株式会社クレオマーケティング)

レポート
座礁しないERP
中堅・中小企業向けのERP導入は「教科書通り」には進まないことが多い。その原因は人的リソースの不足が主として挙げられる。こうした不足を補う手法、導入失敗を避けるための注意点などを探る。 この電子ブックレットでは、中堅・中小企業でERP導入がなかなかうまくいか...(2008/4/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Googleのパーソナライズサービスで利用されているDBを解説
Google、Yahoo、 AOL、Ask Jeeves、 Amazon、 eBayなど、多くのインターネットサービスで組み込みデータベースとして利用されている「Oracle Berkeley DB」。ソフトウェアライブラリの形で提供されており、すべてのプログラムソースは完全公開されている。 本ホワイトペ...(2008/3/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

Loading