2020年02月28日 05時00分 公開
特集/連載

「プロセスマイニング」とは ワークフロー製品への“失望”で導入が進む?「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【前編】

「プロセスマイニング」は企業に何をもたらすのか。企業がプロセスマイニングを導入するきっかけとは何か。プロセスマイニングの第一人者であるウィル・ファン・デル・アールスト氏に聞いた。

[George Lawton,TechTarget]

 業務システムのイベントログを基に、業務プロセスを分析して改善する「プロセスマイニング」という手法が誕生したのは、1990年代後半のことだ。初期のプロセスマイニングは大半が理論上の概念でしかなかった。しかしデータ収集と分析の技術が進化したここ数年で、実用化が始まった。

 プロセスマイニングの提唱者の一人であるウィル・ファン・デル・アールスト氏は現在、ドイツのアーヘン工科大学(RWTH Aachen University)の教授として、データサイエンスの研究グループを率いている。アールスト氏はインタビューで「プロセスマイニングの導入はここ数年で加速している」と答えている。

 プロセスマイニングツール「Disco」を提供するFluxiconや、プロセスマイニングベンダーのProcessGold Internationalを買収したRPAベンダーのUiPathなど、30社以上のベンダーが商用プロセスマイニングツールを提供するようになった。これによりSiemensやBMWなどの大企業が、数千人規模のエンドユーザーにプロセスマイニングを容易に適用できるようになった。「プロセスマイニングはどのような組織でも使用でき、前提となる条件は最小限しかない」とアールスト氏は話す。

プロセスマイニング導入のきっかけは「ワークフローシステム」への失望か

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...