2019年02月27日 05時00分 公開
特集/連載

監査業務を効率化する「AI」「プロセスマイニング」「GRCツール」とは?海外拠点のリスク管理・対策に有効

海外展開する日本企業に不足しているのが、テクノロジーを活用したリスク・コンプライアンス管理だ。グローバルガバナンスを構築するために、AI技術やデータ分析などのテクノロジーをどう役立てればよいだろうか。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]
画像

 企業が海外進出する上で、現地拠点のリスク管理などのグローバルガバナンスは不可欠だ。しかし各拠点のリスク管理を従来のように人手で実施することは困難になってきている。地理的要因だけでなく、ITがビジネスに浸透するにつれ、管理すべき対象が多様化しているためだ。そうした問題の特定や解消に、データ分析を始めとするテクノロジーが役立つ。グローバルガバナンス強化のために活用すべきテクノロジーについて、PwCあらた有限監査法人の辻田弘志氏、熊田清志氏による説明を基に解説する。

日本企業が抱える課題

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。