TechTargetジャパン

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

レポート
今後数年で起こると予測される「データセンター 10の変化」
 クラウドの活用がここまで盛んになる以前、データセンターへの投資はERPをはじめとする業務システムを安定的に稼働させることが主な目的となっていた。もちろん現在もその役割は消えていないが、“クラウド以降”のデータセンターにはビッグテータ分析やモバイル、ソー...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
TCO大幅削減を狙うには? 自社に合ったハイパーコンバージド製品の見極め方
 複雑性の排除や限界のない拡張性などのメリットを持ち、今後企業インフラの主流になると見込まれるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。IT専門の調査企業IDCによればTCOを最大で60%削減できる製品も登場しており、多くの企業が注目している。 ただ、一口にHCIと言っ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
予測困難な時代のITインフラ選び、3社の失敗に学ぶ「拡張容易なインフラ」とは
 クラウドやビッグデータなどの普及により、企業が取り扱うデータ量は飛躍的に増加し、システムは複雑化している。併せてビジネス環境の変化のスピードも加速しており、企業が必要なリソースを予測するのは非常に困難となっている。 とあるメーカーは今後5年間に必要と...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/5/10 提供:日本電気株式会社)

レポート
遠隔地とのビデオ会議で経験した問題トップ10、調査で明らかになった原因と対策
 部門、地域、業種を越え、さまざまな“距離”の問題を解決し、遠隔地とのコラボレーションを可能とする「ビデオ会議」。その効果は出張費の削減にとどまらず、生産性の向上、意思決定の迅速化、製作プロセスの合理化、顧客満足度の向上、営業サイクルの加速など広範囲に...(2016/9/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

製品資料
DaaS選びの基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策
 仮想デスクトップ(VDI)環境は、ワークスタイル変革やセキュリティ向上など、さまざまな目的で採用が増えている。一方、課題は、多数のクライアント処理が集中すると動作が重くなる、といった使い勝手の点だ。 クラウドサービス「DaaS(Desktop as a Service)」を採...(2017/2/21 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
ワークスタイル変革を成功に導く仮想デスクトップソリューションとは
 近年、IT部門に期待される役割の1つである「ワークスタイル変革」。“いつでも、どこでも、どんな仕事も”オフィスと同じ業務環境を提供することで、従業員の生産性を高め、多様な雇用ニーズに対応するアプローチだが、その実現には幾つかの課題もある。 最大の問題は...(2017/3/30 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
多店舗・多拠点企業は店舗のマイナンバー収集・管理をどう行っているか?
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWS、Oracle DB、MS SQLなど、広範囲に統合監視を行うための“条件”
 一般にシステムの「統合監視ツール」は、OSやネットワーク、サーバ、ファシリティ、コネクティビティなどを主な監視・検知対象としている。しかし管理者が監視・検知したい対象は、これら以外にもAWS、Oracle DB、MS SQL、Tomcat、Apache、IISなどのアプリケーションパ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

製品資料
失敗しないSDSの導入方法──SDSシステムを「オーダーメイド」で手に入れる
 「SDS(Software-Defined Storage)」は、これまで専用システムで実現していたストレージ機能をソフトウェア制御で実現する技術だ。汎用サーバとSDSを組み合わせることで、用途に適したストレージシステムを構成できる。結果、ハードウェア構成やファシリティ、容量拡張...(2015/10/30 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
ITサービスマネジメント実践ガイド――今こそ再確認したい導入の意義と基本戦略
 IT部門がシステムの保守・運用などの従来の業務にとどまらず、ビジネスの発展に貢献するためのアプローチとしてITサービスマネジメント(ITSM)に取り組む企業は多い。しかし、具体的に目指すべき目標や手法について、担当者の認識が曖昧なケースも少なからず見られる。(2016/7/7 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
SAPインフラコストを実質20%以上削減、SAP PaaSクラウドで実現するアプローチとは
 基幹系システムであるSAPシステムの運用コスト削減のため、パブリッククラウドなどIaaS基盤への移行を検討する企業は増加傾向にある。IaaS基盤への移行はハードウェア資産の維持コストを削減するというメリットを持つが、一方でそれ以上のコスト削減対策を打ちにくい。(2015/6/24 提供:株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
SDN移行で注意すべき5つのポイント――導入を成功に導くための課題を解説
 ネットワークをソフトウェアで管理する「SDN(Software-Defined Networking)」は、それまで物理的な作業が伴っていた各種設定変更からITスタッフを解放し、ネットワークの「新設/増設/改変」のスピードを大きく改善する点が特に注目されている。しかし、SDNの導入メ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
大型買収後に課題となるシステム統合。運用管理もSaaS利用で乗り越えられる
 7万のエンドユーザーに、質の高いITサービスを提供するために必要なのは、ワークフローとタスクの自動化、資産管理とユーザーエクスペリエンスの簡素化を常に実施することだ。シンガポールに本社を構え、電子機器製造サービスのプロバイダーとして4大陸30カ国でビジネス...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
200以上の拠点で乱立するツールを統合、7万ユーザーに対するITサービス改善で得た3つの成果
 企業の買収や統合などが起こると、業務上使用されるシステムやツール、ITリソースの種類は一気に増加し、全てを管理下に置かなければならないIT部門にとっては悪夢のような状態になる。 電子機器製造サービスプロバイダーとして全世界30カ国で事業展開しているFlextron...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
仮想デスクトップのさまざまなメリットと導入方式、ニーズに合ったサービスを選ぶ
 仮想デスクトップは、個々の端末のデスクトップ環境にネットワークを介してセキュアにアクセスし、さまざまな業務ストレスを解消する。例えば、セキュリティ上の理由から禁止されることが多い私物端末の業務利用(BYOD)が可能となる。また、端末に依存しないため異なる...(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
NTTドコモが6600万ユーザーの課金/決済システム基盤を刷新、その理由と効果
 NTTドコモが、パートナー企業と付加価値を創造する「+d(プラスディー)戦略」を支える基幹インフラである料金システム「MoBills」。この刷新に踏み切った最大の理由は、システム負荷の増大であった。回線契約数の増加に伴うトラフィック量の増大や、新サービス追加に...(2016/3/15 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
森ビルが、基幹システムの仮想化に伴い1000種類の帳票を業務を止めずに一括移行できた理由
 虎ノ門ヒルズや六本木ヒルズで知られ、東京都心部を中心に都市開発を行うデベロッパー、森ビル。同社は、2300台のWindows端末の入れ替えとサーバの保守切れに伴い、基幹系業務システムの仮想化環境への統合を決定。これに伴い約1000種類の帳票フォームと帳票システムの...(2015/4/13 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
大手通信サービス会社がコンテンツ配信基盤を刷新、その背景と効果を探る
 クラウドへの移行が進むにつれ、仮想技術の利用による効率的なITインフラの構築は、企業の事業運営において不可欠なものとなりつつある。一方、サーバ仮想化は進んだものの、ネットワークの仮想化はこれからだという企業は多い。 本ホワイトペーパーは、大手通信サービ...(2015/12/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
富士ゼロックスマニュファクチュアリングの生産現場が業務効率の最大化に向けて行った工夫
 製造業の生産現場では、部品や製品の在庫情報を基にコストを最適化する生産計画を策定する。そのためには、各部門が情報を共有し、更新される業務プロセスに合わせた正確なデータ活用が必要になる。しかし現場では、情報の抽出や、参照するシステムの変更をIT部門に依頼...(2015/9/15 提供:ウイングアーク1st株式会社)

Loading