2010年02月25日 09時00分 公開
ニュース

富士通、Web会議サービスをSaaS型で提供する「JoinMeeting easy」NEWS

PCとインターネットを利用して、国内外の拠点や取引先とオンライン会議ができるサービスを提供開始した。富士通のショッピングサイトから購入できる。

[TechTargetジャパン]

 富士通は2月24日、SaaS(Software as a Service)型で提供するWeb会議サービス「JoinMeeting easy」を発表。同日より富士通のショッピングサイト「WEB MART」を通じて販売開始した。価格は3ライセンス固定で年額14万1600円(税別)から。

 JoinMeeting easyは、PCとヘッドセット、カメラを用意し、無償の専用クライアントソフトをインストールするだけで、資料やホワイトボードを共有しながら、ビデオ映像、音声を介したオンライン会議ができるサービス。サーバの導入費用や運用コストが不要なことから、従来のテレビ会議システムよりも低価格での導入が可能。少人数で利用する中堅・中小企業でも手軽に導入できるとしている。

 サービスを提供するサーバは、堅固なファシリティーセキュリティ対策に定評のある富士通のデータセンターで運用される。通信内容も、秘密鍵型の暗号方式DESを3重構造化してセキュリティ強度を高めた3DES(トリプルDES)方式で暗号化されることから、安全な運用が可能だという。そのほか、移動コスト削減や紙資料の節約による環境負荷低減も期待できる。

画像 「JoinMeeting easy」利用画面イメージ

 なお、同社ではJoinMeeting easyの販売開始を記念して、2月24日〜3月31日の期間中、3ライセンスで年額11万3200円(税別)とする限定キャンペーンを実施する。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...