TechTargetジャパン

技術文書
MDM対セキュアブラウザ。BYOD情報漏えいに効果的なのはどっち?
 本当にMDMは情報漏えいを防ぐことができるのだろうか。 世の中にはたくさんのセキュリティ商品が存在する。どの商品も情報漏えいを防ぎますとうたっている。しかしその対策が必要充分なのかどうかは誰にもわからない。 つまり一番大切なことは、それらの商品が「どう...(2013/7/16 提供:株式会社コネクトワン)

製品資料
情報漏えい対策の最後の砦、「ログ管理」は万全?
 企業は情報漏えい対策にさまざまな施策を行っている。セキュリティポリシーの策定や教育などの人的対策、入退室管理、不正PC接続防止などの物理的対策、認証、アクセス制限、暗号化などの技術的対策などあらゆる角度から対策を行っている。その対策の中で最後の砦ともい...(2014/12/1 提供:日本電気株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Apple製品の正しい使い方
 Windowsクライアントを前提とした企業環境に、iPhone、iPad、MacといったApple製品が導入されつつある。これらを企業の運用・セキュリティポリシーに合致させつつ活用していくにはどうすればよいのか? 企業の不慣れなApple製品に直面したIT分門の参考になる、以下の関...(2014/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
徹底解説:SDNやNFVが変えるネットワークセキュリティの在り方
 Software-Defined Network(SDN)およびネットワーク機能仮想化(Network Functions Virtualization:NFV)は、企業のネットワークの利用法そのものを一変させる。これらのネットワーク仮想化技術は、ネットワーク機能の実現方法、導入先、実行対象、インフラ、管理の手...(2014/11/5 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「クラウド勝手利用」を放置してはいけない本当の理由
 システム構築の必要がなく、導入のハードルが低いことをクラウドサービスの利点として挙げる人は多いだろう。これはIT部門だけではなく、現業部門にとっても朗報だ。IT部門の手を借りることもなく、現業部門が直接契約し、利用を始めることが可能だからである。業務効率...(2014/10/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ハードウェア専有が可能なクラウドサービスでパブリッククラウドの課題を解消
 導入が進むパブリッククラウドは、普及とともに基幹系システムのクラウド化への要望が高まってきた。だが、オンプレミス環境と同等のセキュリティや性能、連携するシステムとのネットワーク構成の維持などの課題が導入のネックになっている。 本資料は、その課題を解決...(2014/7/16 提供:ニフティ株式会社)

レポート
誰でも分かる「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威は、かつてないほど急速な広がりを見せている。次第にその標的が「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及びはじめ、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護でき...(2014/10/16 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
金融サービスにおけるサイバーセキュリティ課題の傾向と対策
 サイバー犯罪者が最大の標的として狙いを定めているのは、他でもない金融サービス機関だ。金融機関はまずセキュリティの現状を把握し、最重要リスクを特定した上で迅速に改善を施してセキュリティインフラを最新化する必要がある。だが、金融機関も他の組織同様、応急処...(2014/10/16 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

製品資料
パスワード漏えいでスパム配信の“踏み台”にならないための防衛策
 標的型攻撃やフィッシング詐欺など、パスワード漏えい事件が多発しており、メールサーバも例外ではない。その結果、外部、特に海外のIPからのメールアカウントへの不正アクセスにより、スパムの発信元として利用され、知らないうちに自分のMTA(Mail Transfer Agent)が...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

レポート
私物スマホの業務利用、うまくいく企業 ダメな企業
 従業員が私物として使う端末を業務にも活用しようという「BYOD」。企業と従業員の双方にメリットをもたらすといわれ、新たなトレンドとして注目されている。だが実際に運用するとなると、まだまだ課題は多い。万全なセキュリティ対策と強過ぎる管理者権限は、BYODの利用...(2014/7/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
仮想データセンターに潜む4つの「盲点」克服法
 仮想化により1台のサーバで複数のアプリケーションを実行できれば、コスト削減が可能になる。また、サーバ管理が一括して行われることからハードウェアのアップグレードによるダウンタイムはなく、物理的なラックスペースやサーバを冷却する電力も少なくて済む。 この...(2014/12/5 提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社)

技術文書
VMware NSX環境で構築する拡散防止型セキュリティ実装ガイド
 現状のセキュリティモデルでは、入口/出口対策(境界型セキュリティ)に重点が置かれており、いったん侵入されると不正プログラムの拡散が容易に行え、被害が拡散する傾向にあった。これに対して、内部のセキュリティゾーンを最小単位にまで落とし込み、最適なセキュリテ...(2014/11/28 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
SQL Server高可用性システム構築ガイド〜フラッシュを利用した高速レプリケーション
 WindowsサーバのローカルボリュームをTCP/IPネットワークを通してリアルタイムにレプリケートを行うデータレプリケーションソフトは、コストを抑えたBCP/DR対策として注目を集めている。 本資料は、データレプリケーション製品「DataKeeper for Windows Cluster Editi...(2014/11/4 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
IT資産管理が抱える3つの課題をクラウドで解決
 今や1人1台のPCは当たり前、スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスを使用する状況下で、企業のIT資産管理業務が抱える課題も浮き彫りになってきた。 1つ目の課題は、多様化するソフト/ハードウェア資産の正確な現状把握だ。IT資産導入の中長期計画や次年度予...(2013/11/15 提供:株式会社日立製作所)

事例
九州大学の「全学生PC必携化」を実現した、BYODセキュリティ対策とは?
 国立の総合大学として国内で初めて2013年度の新入生から個人所有のPC必携化に移行した九州大学。同大学の情報統括本部では発足以来、学生・職員のICT利用基盤となるネットワークや全学共通認証基盤(SSO-KID)をはじめ、電子メール環境、教育情報システム、各種ホスティ...(2014/1/23 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

事例
約400台のPC運用管理業務を大幅に負担軽減させたホテルグループの選択とは?
 企業のIT部門にとってPC運用管理業務が大きな負担となる原因として、「PCは利用ソフトのインストールなど個人の裁量が大きいため、セキュリティ管理が大変」といった点があげられる。また、「運用管理業務を外部にアウトソーシングしても、自社に合ったサービス内容とそ...(2014/12/12 提供:日本電気株式会社)

レポート
内部不正はもはや防ぎ切れない。では、どう対策すればいいのか?
 企業の情報セキュリティ対策の強化にもかかわらず、内部関係者の不正行為による情報漏えいは後を絶たない。2014年7月の通信教育大手企業で起きた大規模な漏えい事件は、世間を震撼させた。情報を盗んだ容疑者は内部関係者で、数百万円の借金があり、盗んだ情報を売却し...(2014/12/1 提供:株式会社オーク情報システム)

レポート
1回のデータ侵害で平均218万件が流出──2014年版インターネットセキュリティ脅威レポート
 2013年のデータ侵害の総件数は253件、流出した個人情報の総件数は5億5200万件、1回のデータ侵害で流出した個人情報の平均件数は約218万件で前年比261%増──シマンテックが毎年発行している「インターネットセキュリティ脅威レポート」の2014年版によるものだ。標的型...(2014/11/28 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「次世代認証」がエンタープライズのモバイル利用の課題解決の鍵を握る
 エンタープライズにおけるモバイル活用は、大きなメリットがあると同時にIT部門にセキュリティ上の問題をもたらしている。業務システムのアプリケーションへのアクセスにPINやパスワードなどシングルサインオンを使用するのは、利用者にとっては便利だが、認証がバイパ...(2014/11/7 提供:EMCジャパン株式会社)

講演資料
安全かつ効率的な特権ID管理を短期・低コスト・低リスクで実現する方法
 「金融商品取引法(日本版SOX法)」の適用以降、IT全般統制における監査法人からの頻出指摘事項に、「特権ID利用者を特定できない」「本番サーバに対する適切なアクセス制限がない」「ログのモニタリングができていない」などがあり、指摘事項の対応は必須と言っていい...(2014/10/6 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

事例
タブレットを使いたい!――製薬会社のMR600人のニーズを満たしたPCとは?
 デンマークに本社を置く製薬会社ノボ ノルディスク ファーマでは、約600台の営業職用PCのリプレース時期を迎え、タブレット型デバイスを検討することにした。直接ドクターと対面して営業活動を行うMR(医薬情報担当者)は、立ち仕事の時間が長く、販促資材も多いため...(2014/1/31 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

講演資料
クラウドサービス選びに失敗しないための5カ条
 システムを検討する際にはまずクラウドから検討する、“クラウドファースト”の考え方が進む中で、クラウドサービスを提供する事業者も増える一方だ。利用者にとって、選択肢が増える事は歓迎すべきだが、一方で自社の要件にフィットするサービスを見つけるのが難しくな...(2014/11/28 提供:ニフティ株式会社)

講演資料
これで安心、プロジェクトから作業までクラウドへの移行手順ガイド
 コスト削減、エンハンス、リプレース、オフィス移転、ソフトウェアのサポート終了など、さまざまな理由で社内の物理サーバをクラウドに移行することを検討している企業は多い。だが、クラウドへの移行に際しての課題は少なくない。クラウドに移行することで何が可能にな...(2014/11/28 提供:ニフティ株式会社)

講演資料
Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」
 Windows Server 2003のサポート終了はに伴い、サーバ移行を検討している企業も多いだろう。Windows Server 2003リリース時のサーバはどのような構成だったのだろうか。当時のシステム要件を確認すると、メモリ上限4Gバイト、必要なHDD空き容量1.25〜2Gバイト、133MHz以...(2014/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
リモートアクセスのセキュリティ対策、鉄則は「データを端末に残さない」
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルの促進に貢献している。そのようなビジネス環境において、セキュリティの重要性は今まで以上に高まっているといえるだろう。その1つのアプローチとして「データを端末に残さない」...(2014/11/13 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

レポート
クラウド型デスクトップ(DaaS)に立ちはだかる、Windowsライセンスの壁
 クラウド事業者が仮想デスクトップをユーザーに配信するタイプの仮想デスクトップサービス「DaaS(Desktop as a Service)」。DaaSは、外出先の従業員に仮想デスクトップを提供するための、低コストでスケーラブルな方法としてIT部門の間で人気を集めている。中には、「...(2014/10/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
医薬業界、医療サービス事業者のセキュリティ環境強化の最適解
 医療サービス事業者は、極めて機密性の高いデータを管理、保存し、国によって異なる法令のもとで保護する必要がある。また、医療施設では、システムへのアクセスが最優先となり、システムが高パフォーマンスで稼働していることが必須だ。セキュリティとパフォーマンスの...(2014/10/16 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
他人事ではない標的型メール攻撃、対策のカギは?
 今やネットワークで接続されたあらゆるモノが、ハッキングの脅威にさらされている。攻撃の経路はモバイル端末や無線LAN、POS端末からビットコインまで拡大しているが、オーソドックスかつ甚大なリスクをもたらす「標的型メール攻撃」は、ハイテクに無縁な企業も含め、特...(2014/10/31 提供:株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ)

製品資料
あの情報漏えい事件はこれで防げた!?…… 最新セキュリティ脅威の傾向と対策
 2014年度は、IT担当者にとって受難の年といえるだろう。より深刻化したセキュリティインシデントが、毎月のようにニュースを賑わせており、被害も大きくなっている。大きく報道された有名企業の大規模情報漏えい事件は、もはや人ごとではない。これらサイバー脅威に適切...(2014/10/24 提供:グローバルセキュリティエキスパート株式会社)

Loading