TechTargetジャパン

製品資料
KVMに求められる柔軟なセキュリティ対策とは?
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

事例
全乗務員がiPadを携行するJR東日本、約7000台の端末管理を最適化した方法は?
 JR東日本は2013年に全乗務員がiPadを携行する取り組みを開始した。2キロもある紙のマニュアルを持ち歩き、輸送障害時にはFAXで送られてくる変更時刻表を手渡しするという状況を改善するためだ。これにより緊急時の即応性が向上し、約5分の時間短縮が可能となる。 しか...(2016/7/11 提供:モバイルアイアンジャパン)

技術文書
巧妙な攻撃を防ぎ、データセンターの次世代セキュリティを導入するためのガイドライン
 現在の進化したデータセンターでは、物理および仮想のコンピューティング、ネットワーク、およびストレージコンポーネントが使用されている。どのようなデータセンタートポロジーを使用しているかにかかわらず、一般的なアプリケーションを使用してデータを抜き取る攻撃...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
OpenStackとKVMによるオープンソースクラウド環境に求められるセキュリティ対策
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/10/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
九州大学の「全学生PC必携化」を実現したBYOD向けセキュリティ対策とは?
 国立総合大学として国内で初めて2013年度の新入生から個人所有のPC必携化に移行した九州大学。同大学の情報統括本部では発足以来、学生・職員のICT利用基盤となるネットワークや全学共通認証基盤(SSO-KID)をはじめ、電子メール環境、教育情報システム、各種ホスティン...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
複雑化する「企業システム認証問題」 シングルサインオンと認証連携で何が変わる?
 デバイスや場所を問わない、あらゆるアプリへの容易なアクセス。その実現の前には、複雑化とコストアップの問題が立ちはだかる。デバイスの多様化と業務アプリの増加により、ユーザーは幾つものIDとパスワードを記憶し、幾つものURLとポータルをブックマークしなければ...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
IIJが徹底的にテストしたサンドボックス、決断の決め手は?
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、日本のインターネット黎明期から市場をリードしてきた事業者だ。インターネット活用進展に伴い事業範囲も拡大しており、メール、ホスティングから始まって、クラウドサービスの「IIJ GIO」と、ビジネスはインターネット利用に関...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
ファイアウォールバイヤーズガイド──どうセキュリティベンダーを選ぶのか
 ネットワークがかつてないほど複雑化し、ファイアウォールが実行する基本機能はコントロール対象であるはずのトラフィックによって効力を失ってしまった。脅威の変化は激しく、ポートやIPアドレスに対する従来のようなフィルタリングではもはや阻止できなくなった。 フ...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
エンドポイントセキュリティ製品導入戦略ガイド
 私物端末の業務利用(BYOD)の急激な普及に伴うコンシューマー化の波は、従業員の生産性や効率性という点で大きなメリットをもたらしている。その一方で、会社のネットワークに接続する端末の急増や、そうしたネットワークエンドポイントに対する会社の管理の分散化にも...(2015/2/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
金融システムのセキュリティから「複雑性」を取り除く新しいアプローチとは?
 金融業界において、今最も重視されているセキュリティ課題は「複雑性の排除」だ。インターネット黎明期から導入されてきたセキュリティ製品に加えて、さまざまなソリューションが適用され、まるでパッチワークのような様相となっているからだ。この状態でパフォーマンス...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」
 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できる...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
社内ポータルの機密情報保護――情報漏えいにつながる操作だけを制限するには?
 社員の情報共有を目的として、社内ポータルやナレッジマネジメントシステムを運用する企業では、厳格なセキュリティポリシーを策定している。しかし、人に任せた運用では、重要情報をダウンロードしたり、印刷したりして持ち出すことを完全には防げない。 ある保険会社...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
次世代型ファイアウォール選びで“絶対に妥協してはいけない”2つの条件
 次世代ファイアウォール(NGFW)は侵入検出や防止、アプリケーション識別、アイデンティティー管理など、さまざまな機能を単一システム内で実行する。これにより高度なネットワークセキュリティ分析やマルウェア検知を実現できるが、この能力と引き替えにパフォーマンス...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

講演資料
VDI構築時にユーザー側で確認すべき、セキュリティ対策「3つのポイント」
 VDI環境を「SoftLayer」上で構築する場合のセキュリティ対策として、3つの観点で確認が必要だ。 1つ目は、セキュリティ対策の責任範囲の理解である。サーバ、ストレージ、ネットワークなどはSoftLayer側の管理に任せることができても、アプリケーション、データ、OSな...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/11/25 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
AWSでの仮想プライベートクラウド構築、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
「クラウド勝手利用」を放置してはいけない本当の理由
 システム構築の必要がなく、導入のハードルが低いことをクラウドサービスの利点として挙げる人は多いだろう。これはIT部門だけではなく、現業部門にとっても朗報だ。IT部門の手を借りることもなく、現業部門が直接契約し、利用を始めることが可能だからである。業務効率...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
データセンター運用の自動化とセキュリティを両立するポリシー検証法
 近年、データセンターに構成管理ツール、IaaSプラットフォーム、Webサービスなどを利用しながら、必要なハードウェアまたはソフトウェアの構成を自動管理する企業が増えている。その結果、ネットワーク管理者はコストパフォーマンスに優れたデータセンターを容易に運用...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

比較資料
ネットワークIPS、10製品を徹底比較──セキュリティの有効性が最も高い製品は?
 侵入防御システム(IPS)は数多くのセキュリティ製品の中でも独特の存在だ。なぜなら多くの企業がネットワークIPS製品導入時には、ベンダーの推奨設定をうのみにせず、さまざまな調整を行っているからだ。 本資料はNSS Labsが、IBM、Check Point、Dell(SonicWALL)、H...(2016/12/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DDoS攻撃対策はできている? リモートアクセスの安全性を強化する3つのポイント
 ユーザー認証と暗号化は、信頼の置けないネットワークを経由するリモートアクセスセッション(およびデータ)の機密性と完全性を保つための、定番手法だ。組織内のごく一部の従業員が、企業が管理するデバイスから、ごく少数のアプリにリモートアクセスしていた時代には...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
iPhone管理者なら答えられないとまずい「4つの質問」
 スマートフォン導入企業がAppleの「iPhone」を選ぶ理由の1つにセキュリティがある。その理由として、Googleの「Android」を搭載したスマートフォンと比べて、不正なアプリケーションを導入しにくいことが挙がることも少なくない。だが、それは本当なのか。 iPhone向け...(2016/11/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
製造業の生産システムが「高稼働率と安全確保の両立」を実現するには?
 製造業における生産ラインを支える制御システムは、IoTなどの導入が進むにつれ、ネットワークを通じてより多くの外部システムと連携している。稼働率を高めるための施策によって、制御システムはかつてないほどのセキュリティリスクを抱えることになった。 リスク回避...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
Webセキュリティ再入門:WAFによるWebアプリケーション保護の基本戦略を知る
 2018年末には、Webアプリケーションの保護を一般的なファイアウォールや侵入防止システムのみに頼る企業は、現在の40%から20%未満まで減るといわれている。この変化の中で、今後、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の位置付けはどのように変わっていくのだ...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
パスワードを2万円で売却――「セキュリティ意識の崩壊」が認証を揺るがす
 私用と業務用のアカウントに同じパスワードを使い回している人は半数以上――。英IT調査会社Vanson Bourneが、オフィスワーカー1000人を対象に実施したパスワード管理に関する調査の結果だ。さらに、チームメンバーの間でパスワードを共有しているとの回答も20%に及ん...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

製品資料
デバイス多様化時代の4大課題を解決――アプリ仮想化とVDIがベストな理由
 デジタル化の進んだ今日のビジネスでは、従業員は常にさまざまなデバイスを利用して業務を行う。しかし、従業員が毎日平均2.9台のデバイスを持ち運ぶといわれるようになった一方で、「10台のうち1台のノートPCが紛失または盗難にあっている」という報告もある。 もし...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド
 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙...(2016/11/17 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
IoT時代の無線LAN構築法、コミュニケーション基盤を維持するための3つの要件
 ビジネスの現場でもスマートデバイスや音声コミュニケーションアプリの利用が珍しくなくなっている昨今、その通信を支える無線LAN基盤には大きな負担が生じている。その一方で、音声通信やビデオ通信のようなコミュニケーション基盤は「つながって当たり前」とユーザー...(2016/11/7 提供:ユニアデックス株式会社)

Loading