TechTargetジャパン

製品資料
ID管理の複雑化を解消、クラウド時代のアクセスコントロールとは?
 パブリッククラウドサービスの企業利用が一般化するに伴って、従業員一人一人が管理するID数は増大してきた。必然的に、ID・パスワードの管理・運用負荷も高まり、セキュリティリスクも招いている。加えて、社内のセキュリティポリシーがパブリッククラウドサービスに適...(2017/4/5 提供:株式会社FIXER)

プレミアムコンテンツ
組み込み機器でもコードを信用するな――IoTセキュリティの「いま」と「対策」
 Kaspersky Labsのセキュリティ関連イベント「Security Analyst Summit(SAS)」が開催された。カリブ海に浮かぶセント・マーチン島のリゾートホテルを舞台に行われたカンファレンスから、「セキュリティポリシーとセキュリティプログラムの重要性」を取り上げた2つのセ...(2017/6/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
KVMに求められる柔軟なセキュリティ対策とは?
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/4/27 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視サービスの実力は?
 情報漏えい事故をもたらすリスクは、外部からの侵入ばかりではない。従業員が故意あるいはミスでデータを流出させてしまうケースが依然として後を絶たない。社内においてはセキュリティの方針を従業員に徹底するとともに、IT資産管理をしっかりと行い、USBメモリなどの...(2017/8/23 提供:株式会社インターコム)

製品資料
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説
 SaaSで提供されるサービスが充実し、企業の利用が拡大している。一方で、電子メール、オフィススイート、ファイル共有、顧客管理、勤怠管理などの用途ごとに異なるクラウドサービスの利用が増えており、新たな課題を生んでいる。 その最たる課題がセキュリティだ。例え...(2017/10/20 提供:サイバネットシステム株式会社)

比較資料
10秒で検疫完了、マルチOS対応で非常駐型の国産検疫アプライアンス
 ランサムウェア「WannaCry」は世界中に大きな被害を与えたが、マイクロソフトが提供していた脆弱(ぜいじゃく)性修正プログラムを適用していれば、被害を受けることはなかった。このことから、組織や企業において、エンドポイントのセキュリティ管理が非常に重要である...(2017/9/28 提供:エイチ・シー・ネットワークス株式会社)

事例
全乗務員がiPadを携行するJR東日本、約7000台の端末管理を最適化した方法は?
 JR東日本は2013年に全乗務員がiPadを携行する取り組みを開始した。2キロもある紙のマニュアルを持ち歩き、輸送障害時にはFAXで送られてくる変更時刻表を手渡しするという状況を改善するためだ。これにより緊急時の即応性が向上し、約5分の時間短縮が可能となる。 しか...(2016/7/11 提供:モバイルアイアンジャパン)

製品資料
学校の情報漏えいを阻止する秘策、「流出しても読めない」ファイルとは?
 2016年に佐賀県で発生した学校教育ネットワークへの不正アクセスによる情報漏えい事件を受けて、教育機関における情報セキュリティ強化が大きな関心を集めている。2017年7月には文部科学省より「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」が提示され、多く...(2017/9/21 提供:株式会社ネスコ)

技術文書
巧妙な攻撃を防ぎ、データセンターの次世代セキュリティを導入するためのガイドライン
 現在の進化したデータセンターでは、物理および仮想のコンピューティング、ネットワーク、およびストレージコンポーネントが使用されている。どのようなデータセンタートポロジーを使用しているかにかかわらず、一般的なアプリケーションを使用してデータを抜き取る攻撃...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」
 テクノロジーの進化によりビジネスモデルが変化した現代においては、ベンダーや契約業者などサードパーティーと連携してビジネスを展開するのが当たり前となっている。当然、共にビジネスを進めるサードパーティーの関係者に対して、社内ネットワークやシステムへのアク...(2017/9/27 提供:CA Technologies)

Webキャスト
モバイルの導入時間を2時間から10分に、マルコメの情報共有はどう変わったのか
 部門を超えたリアルタイムの情報共有を目指す方法として、スマートフォンの全社展開は理想的だ。しかし、そこではデバイスの管理・運用が課題となる。みそを中心とした食品事業を展開するマルコメは、この課題を解消し、全社的にこれまでにない仕事の仕方を創造するべく...(2017/9/5 提供:KDDI株式会社)

製品資料
IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント
 クラウド、仮想化、IoT、BYODなど、新たな技術や概念の登場とともに、企業のネットワーク環境は多様化・複雑化している。それに応じてセキュリティまで複雑化させては管理部門の負担が増すばかりだ。いま必要なのは、複雑さに付き合うのでなく、「シンプルさ」を実現す...(2017/3/13 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
文科省のガイドライン案にも対応、教育機関に最適なインターネット分離技術とは
 近頃世間を賑わしているさまざまなサイバー攻撃に対して、教育機関も安心してはいられない。実際に、学校が保有する機微情報に対する不正アクセスの事案も発生し、児童生徒の個人情報を守るためにもインターネット環境を校務系システムから分離する必要が出てきている。(2017/8/28 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

製品資料
業務で役立つ「Outlook」の機能拡張、よくあるメール送信トラブルを防止
 情報漏えいなどの重大なインシデントを招きかねないメールの誤送信は、ヒューマンエラーが主原因となるだけに研修などではゼロにできない。対策のポイントは、企業がセキュリティポリシーやルールを設定し、誤送信となる要因をシステムでカバーすることだ。 「宛先」「...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

Webキャスト
Watsonでモバイル管理はどう変わる? IBMが実践するワークプレース改革事例
 日本IBMは、2008年のBlackBerry導入からモバイルワーク環境の構築を開始し、現在では6000台以上のiOSデバイスを従業員に貸与している。これに加えて、従業員の私物端末を業務で活用するBYODも導入しているため、社内で管理すべきデバイスの数は1万を超えるという。 こ...(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理
 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。 そのアクセスを安全に行うために、同社が利...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
研究成果の公開基盤をパブリッククラウド移行、国立情報学研究所が得た効果とは
 国立情報学研究所(NII)は、学術情報などを格納し、公開する機能を備えたSaaS「JAIRO Cloud」の運用を2012年4月から開始している。当初はNII内のプライベートクラウドで運用していたが、法定点検の停電によるサービスの停止や運用・保守コストなどの課題を解消するため...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/8/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
マルチクラウドの落とし穴――クラウドに依存したセキュリティ管理の問題とは
 企業が複数のクラウドサービスを利用するようになったことで、アプリケーションのセキュリティ管理がますます複雑化している。 クラウドサービスやオンプレミスなどの各環境の状況に合わせて個別にセキュリティを担保していくのは、管理・コストの両面で多大な負担にな...(2017/5/17 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

技術文書
製品追加による対応は限界、統合されたセキュリティ対策を考える
 安全な環境での使用が求められるアプリケーションの増加に伴い、サイバー攻撃から守るべき対象範囲は大幅に拡大している。一方サイバー攻撃はますます複雑かつ高度化し、複数のステージに拡散してセキュリティ対策を迂回する可能性まで出てきた。 これからのサイバーセ...(2017/2/24 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
OpenStackとKVMによるオープンソースクラウド環境に求められるセキュリティ対策
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ITインフラの仮想化とITサービスの自動化でビジネスにインパクトを
 ビジネスにおけるITの重要性が高まる中、自社のIT部門にパブリッククラウドと同様のパフォーマンスと機能を求める企業が増え始めている。しかし、従来型のネットワークとセキュリティを採用したITインフラは、機器の構成や変更管理にも人手がかかり、期待されるスピード...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説
 Webサイトは企業にとって顔であり、豊富なコンテンツの提供はもちろん、情報が得やすいサイト構成や見せ方の工夫も求められる。他にも多言語対応や、グループ会社・部門・ブランドでのデザイン統一、セキュリティポリシーや情報ガバナンスの一貫性を実装できるといった...(2017/3/21 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
「マルウェアを起動させない」 外部専門家による運用監視で未知の攻撃も不発に
 近年のサイバー攻撃対策では、マルウェアの侵入を100%防ぐことはできないという前提のもと、侵入後の対策を含めた多層的な防御をすることが基本となっている。ただし、その場合もシステム内に侵入したマルウェアを“起動させない”ことが鉄則となる。 そこで登場した...(2017/1/30 提供:株式会社クエスト)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/10/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「オンラインストレージ」入門:4つのビジネス効果を基礎から解説
 インターネット接続環境があれば、世界中のどこからでも、さまざまな端末を用いてファイルにアクセスできる「オンラインストレージ」。文書、写真、動画などのデータをオンラインストレージに保管しておけば、会社で作成した文書ファイルを移動中などに閲覧・編集できる...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
複雑化する「企業システム認証問題」 シングルサインオンと認証連携で何が変わる?
 デバイスや場所を問わない、あらゆるアプリへの容易なアクセス。その実現の前には、複雑化とコストアップの問題が立ちはだかる。デバイスの多様化と業務アプリの増加により、ユーザーは幾つものIDとパスワードを記憶し、幾つものURLとポータルをブックマークしなければ...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月18日号:次世代のワイヤレスネットワーク
 Computer Weekly日本語版 10月18日号は、以下の記事で構成されています。■「ストレージコントローラーはもう必要ない」──実際にやってみた■開発者の意識調査が浮き彫りにした恐るべき現状■NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープン...(2017/10/18 提供:アイティメディア株式会社)

Loading