人事部門が「メタバース」を使いたくなる“鉄板の用途”はこれだ働き方をさらに変える「人事トレンド」4選【第2回】

「メタバース」は人事部門の間で利用が広がる可能性があると、専門家は主張する。その根拠とは何なのか。人事部門がメタバースの活用で得られる効果とは。

2023年02月20日 08時15分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事 | 在宅勤務


 ITの進化は、働き方に大きな影響を与えてきた。今後はどのようなITが、変化を引き起こすことになるのか。人事分野で台頭し得る4つのトレンドのうち、2つ目を紹介する。

2.メタバースで“あの業務”がより効果的に

 巨大仮想空間「メタバース」は、いまだ本格的な普及には至っていない。だが2023年には、企業の人事部門がメタバースの活用に本腰を入れる可能性がある。

 国際会計事務所/コンサルティング会社PricewaterhouseCoopers(PwC)は、従業員研修へのメタバース活用が広がる可能性があると考えている。2022年7月、PwCはメタバースに関する調査レポートを発表した。米国のビジネスリーダー1000人に対する調査に基づく同レポートによると、「興味がある今後のメタバース利用事例」として最多(42%)の回答を集めたのが従業員研修だった。

 「メタバースは特に新人研修に大変に役立つ可能性を秘めている」と、PwCで米国のテクノロジー、メディア、通信担当のバイスチェア兼グローバルテクノロジーリーダーを務めるエマニュエル・リベット氏は話す。例えばメタバースを使うことで、全ての新入社員に対して自社のセキュリティポリシーに関するオンライン講座をまとめて受講させることができる。

 Zoom Video Communicationsの「Zoom」、Microsoftの「Microsoft Teams」といったWeb会議ツールを使って、研修を実施することは可能だ。それでもメタバースの方が「受講体験が優れている」とリベット氏は語る。メタバースなどの仮想空間では、現実空間とは異なり「周囲の気になるものを効果的に排除できるので、非常に集中しやすい」と同氏は説明する。

 従業員はメタバースを自ら体験することで、メタバースでできることを学び、自社の製品やサービスに応用しやすくなると、リベット氏は考えている。メタバースを利用した従業員が主導して、自社のビジネスにイノベーションを起こす可能性がある。「メタバースは無視できない」と同氏は強調する。


 第3回は、3つ目のトレンドを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...