BI/BA/OLAPの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

BI/BA/OLAP関連の事例

ビール大手がMicroStrategy製BIの社内普及に役立てた「自然言語クエリ」とは?

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに自然言語技術が搭載されていれば、従業員にとっての「使いやすさ」のハードルが大幅に下がる可能性がある。飲料大手Hijos de Riveraの事例から、その実力を探る。

中部電力がデータの“脱サイロ化”に「Tableau」を選んだ理由

システムの「サイロ化」の課題を抱えていた中部電力は、課題解決のためにデータ分析システムを構築し、可視化ツールとして「Tableau」を導入した。Tableau選定の理由とシステムの運用体制、実際の活用例を紹介する。

日本製鉄は「Tableau」で“経営層の誤解を生むレポート”をどう減らしたのか

日本製鉄君津製鉄所は社内データの分析に「Tableau」を活用し、全社に利用を広げようとしている。同社はなぜTableauを選定し、データ分析で直面していた課題をどう解決したのか。その文化をどう広めているのか。

一部の社員が独占する「データ分析」を全社員に広げれば会社は変われる

データ分析をExcelに詳しい人やITスキルの高い人など一部の人だけが担う業務と考える人は少なくない。しかし、データの下では万人が平等であり、全社員がデータに触れ、活用することは企業が生き残るための最低条件だ。

終わらないレポート作成作業 どこまでもアナログな作業をどう効率化するか

多くの企業がレポート作成以前のデータ集計に悩みを抱える。拠点数の多い企業なら、なおさらだ。予算の制約でMicrosoft Excelしか使えない企業もある。従業員を不毛な雑務から解放し、建設的なことに時間を使えるようにできないだろうか。

Tableau、Qlik Sense、Power BIの競合は? 「ビッグデータ可視化」の11大ツール

データドリブン志向の企業は、可視化ツールを使用してビッグデータに潜む結論を読み解き、その結論から有益な情報を導き出す。本稿ではビッグデータ分析に適した可視化ツールと選び方のポイントを紹介する。

Qlik Senseを使った教育機関の予測分析は現場に何をもたらしたか

米バージニア州ラウドン郡の学区では、2018年にセルフサービスBIツール「Qlik Sense」を使った教育機関分析の試みを開始した。一人一人に合った教育を提供するための予測分析を、ラウドン郡はどう実現するのか。

「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったこと

Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。

三菱重工航空エンジンはTableauでどのようにIT部門の負担を減らしたか

データ活用を進める企業で、データ抽出や分析レポートのカスタマイズに対するエンドユーザーの要望が、IT部門の負担になるケースもある。三菱重工航空エンジンは「Tableau」を導入して上記の課題を解決した。

「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」を比較 各製品の長所と短所は?

「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」はほぼ同等のセルフサービスBI機能を提供するが、いずれの製品にも長所と短所がある。コンサルタントのリック・シャーマン氏に話を聞いた。

いつものExcelがそのまま使えるBIとは?

「脱Excel」は本当に必要か。データ分析業務を効率化するため、現場が求めるより実現的な方法を考える。

「BIの未来は明るい?」 専門家が注目するBIのトレンドとは

ビジネスインテリジェンス(BI)の将来についての関心は高い。だが、BIのカンファレンスで専門家が明らかにしたのは、BIの将来は予測できないというものだった。

なぜビジネスインテリジェンス(BI)の使い方はこんなに難しいの?

BI(ビジネスインテリジェンス)を導入して、「これでMicrosoft Excelのレポート作りは卒業!」とみんな喜んでいたはずなのに……データ分析の難しさに戸惑っている人が、ここにも一人います。

企業幹部の心を動かす優れたデータ可視化、7つの実践手法

データの可視化によって表示するデータが正しく解釈されるには、表示の整合性が必要だ。本稿で紹介する設計手順に従えば、表示の信頼性を高めることができる。

データで動く組織の作り方、その第一歩は全社で使えるツール選定が肝に

効率的な意思決定には欠かせないBIツール。だが組織にデータドリブンの文化が根付いていなければ定着は難しい。誰もがツールを使いこなし、スマートに意思決定をするには。

いまさら聞けない「データサイエンティスト」と「ビジネスアナリスト」の違い

データサイエンスとビジネスアナリストの違いは、データサイエンティストがデータを深く掘り下げて、独自のビジネス解決策に行き着かなければならない点だ。もちろん違いはそれだけではない。

BIのオーバースペックが招く弊害、利用するのはIT部門に限られる?

データを活用して意思決定を行う企業が増えているが、オーバースペックなBIを導入すると業務部門が「かやのそと」になりかねない。全社活用できるBIとは?

飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力

理想的な顧客体験を提供するために作成する「カスタマージャーニーマップ」が注目されているが、もっと定量分析に基づいた再現性の高い手法はないだろうか。

誰も使えないBIじゃ意味がない、ツール選びで二度と失敗しないための注意点

BIがあるのに週末のデータ集計はExcelで集計。「使い勝手が悪く全く活用されない」と担当者は言う。簡単BIを使えば、週末のドタバタ劇を回避できるとリプレースを決断。失敗から学んだBI選定のポイントとは?

金曜夜に締めた数字を月曜朝からの経営会議に間に合わせる

経営会議に上げられる売り上げ数字は2週間以上も前の数字。役員から「直近の数字にしてほしい」との声も。そんな状況を劇的に改善したのがBI。業務部門は、どのようにリアルタイムな数字報告を実現したのか。

部門からの要求でセルフサービスBIを次々導入、膨れ上がるコストをどう抑える?

業務部門が必要に応じて安易にセルフサービスBIを導入すると、ライセンス料が膨大になるケースも。あまりコストをかけずに、データ分析業務の負担を軽減できる方法とは。

経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法

常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。

BIツールがあるのに「Excel」で作業したがる社員はなぜ減らないのか?

Excelを分析に使う苦労を減らすためにBIツールを導入したら、BIツールでグラフを作る苦労を減らすためにExcelを使い続けるという、冗談のような冗談ではない理不尽を解決する。

「簡単作成」だけじゃないBIツールの多機能ぶりを初心者ユーザーで検証する

Excelに代わる集計分析ツールとして関心が高まりつつあるBIツールだが、一方で導入の難しさを懸念する声も多い。専門知識なしで使えないのか、完全初心者でテストした。

安易なセルフサービスBI導入に潜む「わな」とは?

手軽で安価なセルフサービスBIを導入してデータをビジネスに活用したいと考える企業は多い。だが、いざ導入してみると意外と思うようにはいかないようだ。何が問題なのか。

セルフサービスBIの“落とし穴”、使って分かるその限界と対応策

セルフサービス型のBIツールはビジネスインテリジェンスソフトウェアの主力定番になっている。一方でベンダーは、企業のニーズや高度な分析への対応方法を再考する必要に迫られている。

「セルフサービスBI」ツール選択、高度な機能とニーズのズレを埋めるには?

強力で先進的なBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを選ぶ際にはさまざまな側面の検討が必要になる。だが経験者は「Tableau」などのセルフサービスBIの選択に際して、何よりも使いやすさを重視したと語る。

業務部門にExcel作業が残り続ける理由

なぜ、BIを導入したにもかかわらず現場はExcelによる集計、分析作業を強いられているのだろうか。業務部門の担当者が “脱Excel”を実現するには、どうすればいいのだろうか。

Walt Disney Worldが実践、カスタマーエクスペリエンス向上におけるERPの役割とは?

常に変化し複雑化する生活者の要求に応えるために、カスタマーエクスペリエンスの向上が求められている。その中でERPシステムはどのような役割を果たすのだろうか。

失敗しないBIツール導入 失敗事例から学ぶ、やってはいけない3つのポイント

企業のデータ集計や分析などを効率化するために、BIツールを導入する企業は少なくない。しかし、導入後にコストが増えたり、情報システム部門の負担が増えては、本末転倒だ。

専門知識は不要、「社員全員でデータ分析」を実現するBIツールの形

管理業務から集計業務まで、多種多様な業務で使う表計算ソフトウェア。全社員が使えるツールだが集計や分析に対して限界を感じている企業も少なくない。

データ分析で成功するためのデータマネジメントとIT部門の新たな役割

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

BIはスピードが命、従業員と経営者が進んで使いたくなるツールの条件とは?

現代のBIレポートツールは、かつてBIを減速させていたETLなどのプロセスを最低限に抑えることができる。ある衣料品メーカーの実例を紹介する。

本気で使いたい企業ほどはまる「BI導入でコスト増」の理由

今、ビジネスの経営計画や業務方針の決定にデータ分析は不可欠となった。高度な分析が簡単にできるBIツールの導入も進んでいるが、その選定で十分に注意しないと「後出しコスト」で困惑することになる。

丸投げされたとき、あなたは耐えられるか? とある企業の脱Excel奮闘記

とある企業の情報システム部門に勤務する担当者が、「Excelファイルでの案件管理が限界なので何とかしてほしい」という営業部からの依頼に応える奮闘記。ノンプログラミングWebデータベースで一挙に解決しよう。

「メールアドレスは全社で1つだった」、そんな会社が実現した“Evernote活用術”

愛知県に本社を置く堀江織物とデジタルプリントサービスを提供するHappyPrinters原宿。製造業と店舗運営、それぞれ毛色が違う情報の管理を1人で実践している人がいる。その情報管理方法とは。

IT部門とビジネス部門の一触即発の危機を解決、セルフサービスBIはどのように役立つ?

「2016 TDWI Executive Summit」で、ConcurとIntelがセルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)ツールを導入した戦略とそのメリットについて自社事例を紹介した。

導入企業が語る「脱Excelで分析データが初めて使い物になる」理由

業務データの分析に威力を発揮するBIツールを導入する企業が増えている。しかし、BIツールは魔法の箱ではない。使いこなすには「適切な思考」が必要だ。そのスキルを習得する近道がある。

全社員がアナリストになれる「簡単分析」なBIをフル活用するためのノウハウ

ビジネスで必須の「先を読む」ためには、多種多様な切り口で業績の実態を正確に把握する必要がある。動きの速い現代では、リアルタイムで誰もが「自分たちの正しい姿」を捉えなければならない。

営業利益アップを達成した老舗企業に学ぶ、中小企業の“起死回生”CRM活用術

研磨関連製品の老舗企業Mipoxは、業績不振にあえぐ中、営業力強化のために顧客管理ツールを導入し、4期連続増収増益を達成した。成功のヒントは「あらゆる仕事を見える化して共有した」ことだという。

実践で分かった、“脱Excel”でどれだけ仕事のスピードは上がるのか?

「Microsoft Excel」は最も広く利用されるBIツールだが、マーケティングサービス企業の米FullFunnelは同ツールでは不十分と感じ、セルフサービス型のアナリティクスツールに切り替えた。

「名ばかりセルフサービスBI」ではできない“1つ上の分析”とは?

「セルフサービスBI」を名乗りながら、実際には活用までの道のりの長いツールは少なくない。データを「可視化」したいのか? それともデータを「理解」したいのか? まず、そこから考えたい。

「セルフサービスBI」に高い関心 経営層とマーケターが読んだデータ分析記事

TechTargetジャパンの「データ分析」記事ランキングから、ユーザー企業の経営・経営企画職/広報・宣伝・マーケティング職に最もよく読まれた記事を探ります。

米Netflxも実践、ユーザーの本気を引き出すセルフサービスBI導入の鉄則

ビジネスユーザーをスプレッドシートからダッシュボードに移行させるのは容易でない。だが、部門が協業を深めれば、最終的にはダッシュボードに移行した成果が現れるだろう。

経営会議で絶賛される分析リポートを作成する秘訣

経営会議用の報告書や分析リポートの作成に手を焼く担当者は多いだろう。せっかく提出したのに、経営層からの評価は厳しいこともある。そんな担当者にお薦めしたい改善策がある。

矛盾を抱えるBIツール、その導入で失敗しないためには

数多く登場しているBIツールが、思ったほど導入が進んでいない理由とは何か。従来のBIツールに起こりがちな矛盾が根底にある。BI導入で失敗しないための方法を探る。

顧客単価の向上はこうすべし 「らでぃっしゅぼーや」のBI活用法

安全・安心を旗印に掲げる宅配業者の「らでぃっしゅぼーや」は、利益を大きく左右するBIツールを2013年に刷新した。狙いは、より精緻な分析の実現。では、果たして何が変わったのか。

荏原製作所が実現したセルフサービスBI環境、効果を発揮するための秘訣とは?

会社にあるデータを有効活用しようと考えていた荏原製作所。セルフサービスBIツールを導入し効果を発揮しているという。どのように活用を進めたのだろうか。

事例:Johnson&Johnsonはデータ分析でどう製品検査コストを削っているのか?

Johnson&Johnsonの研究チームは、ナレッジマネジメントシステムのデータを活用して、製品検査に掛かるコスト削減や、共同研究の支援を試みている。

集客だけじゃない、「動画でマーケティング」が必要な本当の理由

Web動画のマーケティング活用が叫ばれるが、その可能性は広告プロモーションだけにとどまらない。売り上げ増やコスト削減に結び付くWeb動画の“底力”とは?

マンガ『営業部長・谷の憂鬱』:エース級社員が3人も異動、それでも売り上げ拡大なんてどうしろと?

会社の方針で部内のエース級社員が相次いで異動する中、第2営業部・営業部長の谷は途方に暮れていた。そんな谷を助けたのは、単なるリポート自動生成ツールだと思い込んでいた、あるツールだった。

マンガ『経営企画部・大浪の憂鬱』:報告書がバラバラで、売り上げ予測が立てられない

営業部によって報告書の体裁も売り上げ管理の方法もバラバラで、正しい売り上げ予測ができずに悩んでいた経営企画部の大浪。そんな彼が探し当てた解決策とは?

ビジネスユーザー視点でスムーズに離陸 米国際空港が取り組んだ現場のBI利用

変化を受け入れることは難しい。米ダラス・フォートワース国際空港では、ビジネスユーザー向けのツールを導入することで、BIリポートを作成する際の負荷を軽減した。

Excel運用はもう限界 スカパー子会社が「セルフサービスBI」を選んだ理由とは

スカパー・カスタマーリレーションズ(SPCC)では、セルフサービス型BIツール「Qlik Sense」を導入し、カスタマーセンター業務の課題発見や品質向上に役立てている。導入の背景や効果について、同社の運用担当者に聞いた。

次のExcelになる――セルフサービスBIの全社導入は可能か

ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネス分析の分野において、セルフサービス型のツールが人気を集めている。だが、ビジネスユーザーに受け入れてもらうには、入念な導入計画が必要になる。

サイバーエージェント経理部門が本気で進めた“脱Excel”、「kintone」は代替できたか

クラウド型業務アプリケーション開発プラットフォーム「kintone」が、国内での支持を得てきている。サイバーエージェント、関西、AmidAの3社の事例をリポートする。

BIツールの矛盾を暴け、導入が進まない最大の理由

従来型のデータ分析作業に限界を感じ、BIツールの導入を検討する企業は増えている。しかし、実際の導入は思ったほど進んでいない。ツール自体が矛盾を抱えた存在であることがその原因なのだ。

急成長の「セルフサービスBI」、大流行には理由がある

米Gartnerが2015年版のBIと分析プラットフォームに関する「Magic Quadrant」リポートを発表した。事業部門が簡単に利用できるセルフサービス型のBI/分析ツールに注目が集まっている。

3社の事例から考えるマーケティング基盤構築、製品選定の理由とは

マーケティング活動を強化する取り組みの一環として、データ分析製品を導入する企業が相次いでいる。本稿では直近で明らかにされた3社の導入事例を紹介する。マーケティング基盤を構築する際の参考にしてほしい。

驚きの費用対効果1万%を実現した、すかいらーくのデータ活用基盤とは

すかいらーくは、全国展開する「ガスト」でモバイルアプリとクラウドを用いたマーケティングとデータ活用の仕組みを構築した。その導入背景や製品・サービスの選定理由、導入効果について解説する。

「HTML5」「クラウド」でWebサイトはどう変わる? 英国事例から探る

HTML5にクラウド――。企業や組織の間で、急速に充実するWeb関連技術を積極的に採用する動きが広がりつつある。こうした技術は、Webサイトにどのような変化をもたらすのか。英国の事例から探る。

セガの“次のメガヒットゲーム”は現場のデータ分析が生み出す

ゲーム大手のセガは、BIとデータマイニングの各ツールを相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。同社のゲームやサービスを遊ぶ利用者の動態をより詳細に分析できるようになった。

通常数千万円の開発案件に「kintone」を適用、SIerの下克上は可能か?

ノンプログラミングで業務アプリケーションを作成し、そのままクラウド上で運用できるサイボウズの「kintone」が、基幹系システムのフロントの在り方を変えた。kintone導入で実績を持つ新興SIerのアリーナシステムに聞いた。

BIツール再構築で「花開いた」、東芝のデータ分析基盤とは

東芝 セミコンダクター&ストレージ社はBIツールを再構築し、情報活用を進めている。従来のBIツールが抱えていた課題とシステム刷新による効果について、同社担当者が語った。

脱Excelの必要なし! 現場の運用を変えないBIソリューションとは

業務現場で広く活用されているExcel。BIツールの導入に際し、脱Excelを進めようとしても、現場の反発やコスト・手間など課題は多い。運用を変えず、全社的にBIを定着させるにはどうすべきだろうか。解決策を紹介する。

「夏休みはここに旅行したいでしょ?」、米Expediaがトラベル予測技術を開発

Hotels.comなどの大手旅行サイトを運営する米Expediaは、顧客の行動履歴から旅行プランや旅程の変更といったニーズを予測する技術を開発している。旅行客の行動を先読みすることで、顧客サービスの向上につなげる。

個別の顧客に最適化したマーケティングを実現、日本オラクルが支援ツールを提供

日本オラクルは、クラウド型マーケティング支援サービス群「Oracle Marketing Cloud」に、クロスチャネルマーケティングを実現する「Oracle Responsys Marketing Cloud Services」を新たに追加した。

気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール

ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。

メガネ業界で快進撃を続けるJINS、データ活用基盤で経営は“視界良好”

メガネ専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは、POSデータと現場の声、業務データをひも付けるデータ分析システムを2014年4月に構築した。機能性メガネなどで急成長を遂げる同社のデータ活用体制や分析基盤とは。

モバイル、コラボ機能を備えた現場向けBIツール「Yellowfin 7」

近年、現場担当者向けのBIツールが増えている。「Yellowfin」は、ITを専門としない事業部門の現場担当者が使いこなすことができ、データを活用した迅速な意思決定を支援するBIツールだ。

“何でもExcel分析”から脱却できるBIツールの選び方

中堅・中小企業が求める「セルフサービスBI」や「誰でもBI」を実現するには、Microsoft Excelのみでは十分とはいえない。では、何が必要なのか? 具体例を基に説明する。

“スカッとさわやか”ではなかったCoca-ColaのBIシステム統合

米Coca-Colaでは、全米のボトラー各社に分散していたアナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合した。これにより、売り上げ報告書の作成や生産高の管理などの業務を迅速化した。

iPadで大口顧客を獲得できたこれだけの理由

米McKinley Equipmentは、効率的なワークフローを開発して顧客サービスを強化するために、実に60年分に上る紙の書類のデータ変換に取り組んだ。

米TIBCO製品担当が語る、セルフサービスBI選びの本当の鍵

エンドユーザーが任意の視点で分析できるセルフサービスBI市場が活況を呈している。競合がひしめく中、5月24日に新製品「TIBCO Spotfire 5.0」を発表したTIBCO Softwareでは何で差別化を図るのか? 米国本社の製品担当に聞いた。

消費者の購買行動の変化に対応したマーケティング基盤構築、4つのポイント

顧客が得るあらゆるカスタマーエクスペリエンス(顧客経験価値)がネットで発信/共有され、さらに顧客が接するチャネルも、PC上のECサイトやモバイルデバイス上のサイト、あるいはソーシャルメディアなど、さまざまな仕組みが複雑に絡み合う。企業と顧客との接点となるすべてのチャネルを把握し、それらのチャネルを通じて顧客に感動や喜びを与えるには、ITによるマーケティング基盤の構築が必要である。TIS株式会社の取り組みを通じて、オムニチャネル時代のマーケティング基盤構築の考え方を整理する。

予測分析製品紹介

統計解析をはじめとする分析手段を利用し、データを基に将来の動向を予測するのに役立つのが「予測分析」製品である。各製品の概要や特徴を解説する。

【事例】「通販生活」のカタログハウスが語る、BI選び「7つの基準」

通販大手のカタログハウスがビジネスインテリジェンス(BI)製品に求めた要素とは何か。同社情報システム部長である小幡 亮氏の話から明らかにする。

「現場でこそ生きるデータ分析」──大阪ガスの企業文化を支えるデータ分析専門集団

オージス総研の平山社長は、「データばかりあってもうまく活用できるわけではない」と指摘する。情報システム部門内にデータ分析チームを置き、ビジネスの課題解決に当たらせた同氏に話を聞いた。

データクレンジング製品紹介

どんなに高価な分析ツールを導入したとしても、データに間違いや表記揺れがあるままでは、意味のある分析結果を得ることはできない。データをきれいにし、使えるデータにするために役立つ「データクレンジング製品」を紹介する。

【事例】老舗茶屋「伊藤久右衛門」がBI導入、その選定理由は?

業務システムのパフォーマンス向上策として、BI製品「Dr.Sum EA」を導入した伊藤久右衛門。選定の背景には、情報システム責任者の前職での成功経験があったという。

コマーシャルOSSのBI「ActuateOne」はリポート表現力で現場のデータ活用を支援

Eclipseファンデーションの中でトッププロジェクトの1つに位置付けられているリポーティングツールの「Eclipse BIRT」。その商用版である「ActuateOne」を紹介する。

従来型BI/DWHの課題を一掃する「ビジネスアナリティクス」への進化

ビッグデータの登場は既存のBI/DWH製品では解決できない課題を浮き彫りにしている。その課題解決のために最新製品はどのような進化を遂げたのか。

【事例】オリコカードのBIによる顧客管理基盤刷新の狙いとは

オリエントコーポレーションは、クレジットキャンペーン業務の改善と与信精度の向上を目的としたシステム更改に「SAS Marketing Automation」を活用。業務負担を大きく改善しつつある。

BIを全社利用するために「セルフサービスBI」に足りないもの

特定部門にしか使われなかったBIツールの全社利用を促進するために、BIベンダーは「セルフサービスBI」を主張している。しかし真の全社利用を実現するにはまだ幾つかの課題がある。

【事例】なぜアムウェイ商品は売れるのか? 同社の顧客分析基盤に迫る

「ダイレクトセリング」という独自の販売方式で安定した売り上げを誇る日本アムウェイ。その陰には同社だからこそ取得できる顧客属性データをフル活用する分析基盤があった。

ERPとBIの同時刷新で業務データ活用を加速する総合化学メーカー事例

基幹システムのデータ活用を推進するためにERPとBIの同時刷新を決断した総合科学メーカー企業。約2000万件のデータを効率的に分析する環境を整えたことで、BIの全社利用を実現している。

米小売業のBI刷新、新ツールに求めた“データ発見+α”

BIツールの刷新を決めた米小売業のThe Paradies Shops。「これまで何時間もかかっていた処理が数秒に短縮される」と同社CIOが断言するBIツールの選定理由とは。

米小売業が10年利用したBIの刷新を決断したわけ

ビジネスを取り巻く環境が劇的に変化した米小売業The Paradies Shops。同社CIOはそのビジネス変化と現場の作業内容を確認し、「あるべき姿」を目指した。

「売り上げ拡大のための戦略ツール」としてのBIに求められる条件

「データ分析」が企業文化に根付いている欧米企業に比べ、日本企業は一般的にデータ活用の取り組みが遅れていると言わざるを得ない。グローバル化で海外企業と戦うために、日本企業に必要なBIの条件とは?

SCMモニタリングと顧客分析のために富士フイルムがBIに求めた条件

主力事業の多角化とグローバル展開で業態を大きく変容させた富士フイルム。ヘルスケア事業の強化に向けグローバルでのSCMのモニタリングと顧客分析を実現するために、DWHとBIを積極的に活用している。

アパレルブランド米GUESSのモバイルBIとFacebook分析先行事例

1999年からBIを活用してきた米アパレルブランドのGUESS。iPadの登場とともにモバイルBIを強化し、Facebookによるカスタマーエクスペリエンスの提供に挑戦している。

国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ

「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。

BIで生産活動情報を見える化、カイゼンに生かした製造業事例

間接部門の業務改善活動を支援する集計分析システムをBIツールで構築。作業日報の集計・作成所要時間を約70%削減した製造業のBI活用事例を紹介する。

BIで顧客のシステム稼働状況をリアルタイム可視化したIT企業事例

昨今データ活用のリアルタイム性を重視する企業が増えてきているようだ。顧客企業に提供するシステム管理ポータル画面をBIツールで構築したあるIT企業の事例を紹介する。

金融機関がiPadに注目する理由を探った

金融機関がiPadを活用し、基幹システムをクラウド上で利用する日は来るのか。金融機関向けの展示会からは金融機関が注目する次のソリューションが垣間見えた。

「WebFOCUS」が目指す理想のBI「カスタマーダイレクトBI」とは

一部の専門家だけでなく、社員の誰もが必要な情報をリアルタイムに活用するオペレーショナルBI。それをいち早く提唱したのが「WebFOCUS」だ。そして、その理想はカスタマーダイレクトBIに向けられている。

2500人が活用する全社連携BIシステムを構築したIT企業事例

最もBI展開が難しいとされる営業現場への導入から、段階的な全社展開を成し遂げたあるIT企業。AccessやExcelでのリポート作成に限界を感じている企業にぜひ読んでほしい事例だ。

BI全社展開の課題、「分析ノウハウの共有」を解決するには?

「第3世代」ともいわれる現在のBIツール。経営層などの限られたユーザーだけでなく、あらかじめ全社利用を前提にした製品も登場している。スムーズにBIを全社展開するために必要な要素とは。

業務課題別にBI活用のヒントが分かる3つのホワイトペーパー

BIにはさまざまな活用方法があり、その使い方は企業のアイデア次第ともいえる。BIの機能や分析手法のセオリーを学びつつ、業務課題を解決するBI活用のヒントが得られるであろうホワイトペーパーを紹介する。

ビッグデータ時代に必要な企業の「予見力」とは

SAS Institute Japanの年次イベント「SAS Forum Japan 2011」から、オープニングセッションをリポート。同社のいう「予見力」とは何か、同社トップが具体的な事例を交えて語る。

Oracle BIが実現する「3つのリアルタイム」と「BI標準化」とは

2011年6月に新バージョンの出荷が開始された「Oracle BI」。モバイル対応や基幹システム連携、導入早期化のための仕組みを実装・強化することで、「BI標準化の実現」を訴求する。

グローバルBIの課題「時差」と「運用負荷」を克服した機械製造業事例

BIを特定の部門だけでなく、全社やグループ企業全体の情報基盤にしようと考える企業が増えてきている。グローバルのグループ企業にBIを展開したある製造業のシステム構築の工夫を紹介する。

現場で自在にデータ分析、全社利用を前提に作られた国産BI「Dr.Sum EA」

難しい、遅い、面倒といった理由で利活用率の上がらないBI。ほぼ事前準備なしにデータを高速分析できる独自のエンジン開発でその課題を解決した「Dr.Sum EA」。日本の業務スタイルに合わせた国産BIの実力とは。

事例で学ぶBI活用のアイデア

BIは経営層などの限られたユーザーだけでなく、全社利用を検討する企業が増えてきている。現場のアイデア満載のBI導入事例を紹介する本連載を通じて、自社におけるBI活用のアイデアを生み出すことができれば幸いである。

ディズニーの社内プロジェクトでDWHのベストプラクティスが効果を発揮

米Walt Disney Parks and Resortsでは、一元化を進めているERPを財務報告やBIリポーティングにも活用したいと考えた。同社が実践しているDWH構築の4つのベストプラクティスを紹介する。

現場のBI利用で経営スピードを加速した外食産業事例

個別システムからのデータ取得の迅速化を目的に導入したBIツール。現場利用が進むにつれ、当初の目的以上の効果を生み出した。現場から生まれたBI利用のアイデアとは?

外食サービス業が教える、売上高を引き上げるIT活用視点

中堅・中小企業のIT活用を業種という観点から俯瞰する本連載。今回は、消費スタイルが多様化する中、EDIやモバイルの活用で異業種とのエコシステムを構築する外食サービス業を取り上げる。

DB負荷を最小化しながらリアルタイムBIを実現! サイベースのオールインワンパッケージ

スピード経営が求められる今日、経営の意思決定にBIを導入する企業が増えている。本稿では、業務システムに負荷を掛けずリアルタイムBIを実現する「Sybase Real-Time DWH Suite」の特長に迫る。

BI製品紹介

企業内外データの蓄積・分類・検索・分析・加工を支援するBI。ここでは主要BIベンダーへの取材を基に各製品のコンセプトや特徴を紹介する。

BI戦略の構築を始めるためのヒント──米ウェストミンスター大学の事例から

ウェストミンスター大学がBI戦略を成功させるために取り組んでいる計画を紹介する。

BIを超えた分析力を企業文化に根付かせる「SAS Enterprise BI Server」

大手ITベンダーの買収によるBI製品の統合が進む中、専業ベンダーとして業種別分析ソリューションを強みとするSAS Institute Japan。BIの限界を超える同社のビジネスアナリティクス(BA)とは何か。

「予見力」で学ぶデータの本質──分析を武器にする企業とは

過去を見える化するだけのBIでは、本当の意味で情報を活用していることにはならない。「分析」を企業の武器にするためには、さらに踏み込んだ未来を予見する基盤が必要だ。

BIプロジェクトを成功させる3つのポイント

BI導入プロジェクトが失敗する原因の最たるものは計画の不備だ。プロジェクトを成功に導く3つのポイントを紹介する。

セルフレジ、デジタルサイネージが注目を集める「リテールテックJAPAN 2010」

年に一度の流通業向けIT製品展示会「リテールテックJAPAN 2010」が開催中だ。初日は「曇りのち雨」というあいにくの天候にもかかわらず、多くの来場者が訪れていた印象だ。

「情報活用してますか?」 データ資産の有効活用を実現するソフトとは

データの検索利用を求めるユーザーの声に従来のBIツールで応えるには、費用も機能もオーバースペックではないだろうか? そこで低コストかつ容易にデータベース検索環境を構築できる製品が登場している。

[an error occurred while processing this directive](none)