IT経営/IT戦略系ソリューションの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

IT経営/IT戦略系ソリューション関連の事例

北海道の冬を支える灯油配送、不安定な交通状況を乗り越えたクラウド活用法とは

冬の北海道の予測困難な路面状況を、クラウドとデータ活用で乗り越えた企業がある。いちたかガスワンでは、ベテラン配送員のノウハウをシステム化し、基幹システムとのクラウド連携を組み合わせ、大幅な業務改善に成功した。

海外でRPA導入の50%が失敗というデータも、RPA・自動化を成功させる秘訣は?

労働力人口の減少、働き方改革などを背景に、RPAや自動化に取り組む企業が増えている。一方で、その成功率の低さも企業調査で明らかになってきた。失敗の原因、そして成功に必要なポイントは何なのか。RPAの新たな成功方程式を解説する。

「ストレージ障害発生は誰のせいか」犯人捜しに疲弊しない運用チームを作るには

複数ベンダーの製品を運用すると、障害発生時の原因究明が難航しやすい。原因を追及するのは重要だがシステム障害は「犯人捜し」よりも「防犯」こそが重要。複数製品をまとめて予防できれば、犯人捜しに疲弊する必要はなくなるはずだ。

コボット(協働ロボット)は小売業の戦力となるか

職場でのAI技術の未来は、人間とロボットがうまく融合されるかどうかにかかっている。小売業における協働ロボット(コボット)の用途に注目してみよう。

札幌中央信用組合がITインフラで「業務の合理化」を実現できた理由

地方の金融機関を取り巻く環境は厳しく、常に徹底した「業務の合理化」が求められる。合理化の一環としてITインフラのモダナイゼーション(近代化)を「クラウドではなくオンプレミス」で成し遂げた札幌中央信用組合の事例を紹介する。

効果が見込める「ペーパーレス化」とは? 文書のライフサイクルを構築するコツ

紙文書のやりとりが業務効率を損ねている場面は少なくない。しかし「明日からペーパーレス化だ」と急に言われたら大混乱は免れない。生産性向上に導くペーパーレス化を成功させるには、どんな運用が効果的だろうか。

女性CISOが2割でも不十分? セキュリティ分野で活躍する女性を増やすには

女性団体のExecutive Women's Forum(EWF)がワシントンを訪問し、米国議員と議論した。サイバーセキュリティ分野において、米国連邦議会での女性の存在感を高めるためだ。

どこにいてもどこからでも成長できる――東京海上日動 山陰支店長の人材育成術

管轄2県の従業員と代理店全員が高いレベルで商品知識と販売ノウハウを獲得するには? 移動に疲弊せずに業務をこなすには? 支店長が着手したのは働き方改革と情報共有の効率化、人材育成の3つを一度に変える施策だ。詳細を取材した。

ネット通販と実店舗はどちらが優れているか? TargetのPOS障害から考える

小売り大手Targetで起きたPOSシステムの障害は、電子商取引システムがその隙間を埋められる可能性を示した。まだネット通販が実店舗に取って代われる段階には至っていないものの、その状況に近づきつつある。

本社とグループ会社の間にある「ネットワークの壁」を壊すには

グループ会社の増加やシステムの変更時には、ネットワークの変更が必要となる。だが機器の新規導入やネットワーク設定といった作業負荷の高さが問題だった。30社以上の子会社ネットワークを統合した事例からその解決方法を探る。

SESの一歩先へ 受託案件を増やしたいシステム開発会社が取るべき行動は?

SES(システムエンジニアリングサービス)案件が安定しているうちに、将来に向けて受託開発案件を増やしたいシステム開発会社は何をすればいいのか。「SESを続けるしかない」負のループから抜け出す方法とは。

データドリブン経営の最初の課題「データ統合」をどうする?

レガシーシステムのデータを次世代のアナリティクス環境へと移行したい――古くから事業を営む企業であれば、必ずといっていいほど頭を悩ませる問題だ。どうしたら解決できるのか。

大学が「IoT」で“学びやすいキャンパス”を低コストで運営できる理由

大学の設備運用における課題と、その解決策がもたらす大学関係者への影響について、具体的な運用改善事例と共に紹介する。

大手金融機関が8000個のアプリを「AWS」へ移行 クラウドに何を期待したのか

米金融機関Capital Oneは、カスタマーサービスを向上させるべく、クラウドや機械学習、DevOpsなど新テクノロジーの導入を続けている。本稿では、その取り組みについて詳しく解説する。

2025年の崖を克服 クラウド活用成功に向けたアプローチ

“2025年の崖”の克服にはデジタル変革を推進し、スピード経営を実現する必要がある。そのためにはクラウドの活用が不可欠だ。だがコストや管理、ガバナンスなど、解決すべきクラウドの課題も残っている。

大学がキャンパスの建物管理に「IoT」を生かすべき“これだけの根拠”

大学の設備運用における課題と、その解決策がもたらす大学関係者への影響について、具体的な運用改善事例と共に紹介する。

事例:ECサイトのインフラ刷新、システム運用費を4分の1にした方法とは

レガシーシステムの運用費がかかる、改修するにも古い技術を理解する技術者がいない、などの悩みを抱える企業は多い。移行先にどのようなインフラを選べばよいのか。システムの刷新と運用費の削減を実現したECサイトの事例から学ぶ。

商用量子コンピュータ「IBM Q System One」登場

IBMが商用量子コンピュータを発表した。まだ誰でも使えるとは言えないが、量子コンピューティングの扉が開かれた意義は大きい。

CPU使用率の高稼働に悩むアコムがメインフレーム更改に踏み切った理由

デジタル変革に力を注ぎ、そのシステム基盤を担うメインフレームのCPU負荷が増大していたアコムが1年半後にCPU使用率上昇の危機に直面。どのように乗り越えたのか。

迫り来るデジタルディスラプター 企業が「最も取り組むべき施策」とは何か?

Arcadisの最高情報責任者(CIO)を務めるジャスティン・ライト氏に、建設業界に属する同社の顧客が立ち向かわなければならないデジタルディスラプターによる脅威と、それを支援するための同社の取り組みについて話を聞いた。

頼りにされるが扱いは軽い 時代遅れのCIOからどう脱却する?

最高情報責任者(CIO)の過半数は、社内のITの事務管理を中心にする「頼りになるオペレーター」状態から抜け出せていない。企業のデジタル化を進めるには、CIOが自身の役割を変えなければならない。

食料廃棄問題の解消にも役立つ最新技術「フードテック」とは?

食料廃棄という大きな問題を解決するための技術が登場している。食品を長持ちさせる、農業の生産性を上げる、物流を管理するなど、アプローチはさまざまだ。

テクノロジーに10億ドル投資する会計事務所 STEM人材をどう採用し育成するか

Ernst & YoungではSTEM人材の採用や、従業員へのAI講座の提供などを行っている。追求するのは、急速な時代の変化を有効に生かせるデジタルビジネスモデルだ。

社員のデータ分析スキルで差がつくこれだけの理由

ビジネスのあらゆる局面でITツールを使う昨今、データ分析が必要ない業務というのは、実はほとんどない。社員のデータ活用のスキルで差がつく理由を、事例とともに考察する。

会議をもっと楽に、建設的にするBIツール

たくさんの資料を作り、印刷し、配布するために多大な手間暇を掛けたのに、会議で「ただ資料を読むだけ」の時間が過ぎているとしたらもったいない。どうすれば会議のムダは減らせるだろうか。

パッケージでもなく開発の必要もない、業務効率が上がるITシステムとは

生産性向上を狙ったITシステムを無理に導入しても、業務に合わなければ効率は上がらない。業務効率を向上させるには、さまざまな業務で活用できる汎用(はんよう)性を持ち、現場でカスタマイズ可能な仕組みが必要だ。

課題山積みの働き方改革、従業員2000人の働き方を変えたある企業の取り組み

2000人を超す従業員を抱えるある企業は、会社全体で働き方改革に取り組んだ。部門単位ではなく、全社的な改革は容易ではない。その企業が取り組んだこととは。

RPA推進する大企業、IT化遅れる中小企業 2018年の業務ツール利用状況

2018年11月19日にMM総研が発表した国内企業・団体の業務ソフトウェア利用に関する調査結果によると、大企業でRPAツールへの関心が高まる一方、中小企業では業務ソフトウェアの導入が遅れている。

Google 元CEOのシュミット氏が語る「1位総取り」時代のビジネス処方箋

GoogleでCEOを務めたエリック・シュミット氏がマサチューセッツ工科大学(MIT)で開かれたイベントで語った「市場では1番になることの意味」とは。

共有トラブル防止だけじゃない、見積書の脱Excelがもたらす4つのメリット

Excelで作成した見積書を個人で管理しており、思わぬトラブルにつながった――こうした事件が後を絶たない。見積書作成で脱Excelを実現する方法を紹介する。トラブル防止以外の思わぬ効果も期待できる秘策とは。

工場のIoT、AI導入に向けて、どの企業でも絶対に必要な準備工程とは何か

装置のデータがあればスマート工場化は簡単――生産現場のIoTやAI導入への誤解はいまだに多い。経験者によると、AIよりも前に着手すべき問題があるという。

スマート工場、「現実的で効果的な提案」ができる企業の要件とは

現場を越えてさまざまなものをつなぐ「スマート工場」。ビジョンは分かるが、今、目の前にある機器や装置はどうすればよいか。現場では全体像を語り合うパートナーが求められている。

デジタル変革を進める“カルチャーハック”10のポイント

「文化はデジタルトランスフォーメーションの障害になることがある。その場合、文化を変える“カルチャーハック”を実践するのはCIOの仕事だ」。Gartnerのアナリストはそう語る。

クレディ・スイスが仮想エージェント導入で得た3つの教訓

クレディ・スイス(Credit Suisse)の幹部が、同行初の仮想エージェント「アメリア」の導入過程で学んだ教訓を語る。

JAXAが直面した研究用データ処理基盤の限界、600TBを短期移行できた訳とは?

宇宙開発・研究事業を営むJAXAは、科学衛星・探査機から送られるデータを処理し、他大学や研究機関に提供している。そのデータ処理を支える基盤に必要な仕組みとは。

「会議の無駄」はどうすればなくせますか?

「会議」を改革して業務効率化と生産性アップを目指す企業にとって、どのようなアプローチが有効なのだろうか。

三越伊勢丹、クックパッド 効率的なデータ管理のための基盤づくりを語る

インフォマティカのデータ管理システムを使ったデータの連携や統合について、三越伊勢丹グループ、クックパッドの事例を紹介する。

デジタル変革時代、「パブリック」ではないクラウド基盤が必要な理由

デジタル変革時代の今、クラウドをデジタルビジネスで活用するための技術要件とは何だろうか。「プライベート」なクラウド基盤を構築し、活用すべき理由と併せて探る。

6つの問いで明らかになる、老舗企業が生き残るためのデジタルビジネスモデル

老舗の大企業が今の時代に成功を収めるには何をすべきだろうか。老舗企業が自社のデジタルビジネスモデルに磨きをかけるのに役立つ、経営学者からの6つの質問を紹介する。

「実業務での利用はまだ先」は誤解? 現場で生きる「AI」導入の薦め

ビジネスに変革をもたらすとして注目を集めるAIだが、実業務での活用はまだ先と捉える企業は少なくない。しかしそれは誤解だ。容易に導入でき、現場で活躍するAIを紹介する。

「最高情報セキュリティ責任者」(CISO)は、なぜすぐ辞めるのか

最高情報セキュリティ責任者(CISO)はその職務の重要性が高まる一方で、離職率の高さが課題となっているという。なぜ長続きしないのか。その要因と、仕事の満足度を高める方法を解説する。

ロボットの業務利用は避けられないのに、ロボット導入を物理的に阻害する3つの理由

「ロボットは仕事を奪う」という恐ろしげなニュースの見出しは無視しよう。実際に起こり得る展開とは、人間とロボットが相互成長することだ。だが、ロボットが普及するには3つの物理的制限がある。

63.2%の企業がアナリティクスにクラウドDWHを積極利用 IDC Japanが発表

IDC Japanが国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場の概況と、2022年までの市場予測を発表した。市場は非構造データの活用がさらに進む見通し。ユーザー企業調査から見た市場拡大における課題とは。

中小企業が「もうかる仕組み」を作る方法

データを武器に顧客を優良顧客に育てる手法、それが顧客管理(CRM)。大企業と同じような最先端のデジタルマーケティングを中小企業でも実現できないだろうか。

3Dプリントテクノロジーの最新進化 事例が示す次のブレークスルーとは

3Dプリント(付加製造)技術は進化し、航空宇宙業界や自動車業界の製造プロセスを改善できるようになっている。3Dプリントの外部委託を可能にするネットワークの成長も始まりつつある。

AI搭載の協働ロボット(Cobot)がいれば「理想の職場」になるのか? 夢と現実を探る

ロボットに人工知能(AI)を搭載することで、人間とロボットが同じ空間で安全に働けるようになり、人間の労働はもっと効率的になるかもしれない。しかし、課題は残る。

Googleも実践する瞑想法「マインドフルネス」 その効果と注意点を解説

従業員のストレス軽減やパフォーマンス向上につながるという「マインドフルネス」。その実践のこつや関連技術の活用法、注意点を詳しく紹介する。

ファイルサーバの無法地帯化を防止する効率的なアクセス権管理とは?

人事異動や組織変更のたびに、ファイルサーバのフォルダのアクセス権変更作業に追われる企業は少なくない。しかしこの作業を怠ると、重大なセキュリティリスクを招く。

「AIの冬」はもう訪れない そう言い切れる2つの理由

AI(人工知能)についてはこれまで何度も大きく宣伝され、そのたびに期待が急速高まり、失望するというサイクルを繰り返していた。今回はこれまでとは違い「AIの冬」は訪れないだろうと著名なAI専門家は話す。

多様な隙間業務を効率化、すぐに使える改善ヒント集〜開発部署編

生産性向上の近道は現場自身が業務の問題点や解決策を見いだすこと。全部署で適用可能な改善の考え方と、製造業の開発、品質管理部署で実際に使える取り組みを紹介する。

今こそ検討すべき、システム内製化がもたらす真のメリットとは?

業務システムの開発や改修を内製化できないかと考える企業は少なくない。内製化がもたらすメリットを洗い出し、無理なく内製化を行うための手法を解説する。

SFAを導入せずにExcelから脱却〜営業&営業企画編

生産性向上の近道は現場自身で業務の問題点や解決策を見いだすこと。具体例として営業系部署でSFAを導入しなくても実現可能な「効率化の仕組み」を紹介する。

「未来の会議室」にはIT部門の知恵と管理能力が求められる

企業が「未来の会議室」を評価している。エンドユーザーにとっての使い心地が一貫した会議室を作り出すには、IT部門はこのプロジェクトを主導する必要がある。

中堅企業にありがちな“兼務”でも疲弊しない効率化の方法

ERP導入は過去に諦めた経緯がある――そんな企業を狙い撃ちする提案がある。中堅企業にありがちな兼務ありの業務フローを支援し、成長に寄与する方法も併せ持つという。

Slackで本当に大丈夫? 大規模障害で高まる信頼性への懸念

2018年6月、「Slack」に障害が発生した。ビジネス上のコミュニケーションを目的とするツールに発生した障害は、企業からの信用を揺るがしかねないと懸念するアナリストもいる。

無駄な時間、無駄な作業がなくなる――オフィス機器で攻める業務自動化

頻繁にある会議資料作成、顧客へのプレゼン資料提出、各種帳票の出力。時間のかかるプリント業務の効率化に悩みを抱える企業が実践した方法とは?

情シス主導の働き方改革 ファイルサーバの容量削減を成功させるには

働き方改革など全社的な課題解決への情報システム部門の貢献が大きく期待されている。ファイルサーバの利用環境の改善はその第一歩となるテーマだ。

既存のビデオ会議に「ちょい足し」で――もっと使いたくなるクラウドサービスとは

ビデオ会議システムの利用が広がるにつれて「社外の人ともつなげたい」などニーズも変化している。そこで課題となるのが既存システムの制約だ。状況を打開する方法を探る。

企業が設定すべき「KPI」(重要業績評価指標)10選

KPIは企業目標の達成度を評価するのに役に立つ。有益な経営情報ダッシュボードを作成するための適切なKPIは、どのように選べばよいのだろうか。本稿では、主要なKPIを10件紹介する。

復旧に自信がない85%のIT担当者が最低限押さえるべき「リスク」と「対処法」

IT担当者の85%は「システム復旧に自信がない」という。状況に即した復旧計画見直しに手が回らない企業では、どうすれば効率よく確実にシステムを復旧できるだろうか。

一石三鳥の効果をもたらすVDI 簡単パッケージでスモールスタートをしよう

リモートワークのためにVDIを導入するのは割高に感じるかもしれない。だがWindows 10移行に伴うクライアント管理やセキュリティ向上といった相乗効果を考えれば、十分に有用だ。

紙容器メーカーがIoT基盤「Predix」を採用、稼働率管理だけじゃない、もう一つの成果

世界大手の紙容器メーカーSig Combiblocは、GE Digitalの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」を導入し、IoTセンサーを使用して生産性向上とコスト削減を目指すという。

AIやARで実現 エンジンの部品交換が人手を介さず自動的に完了する未来

思い描いた未来が現実になる。AIの使用可能性とスマート製造テクノロジーによって、現在のビジネスシステムに変革が起きている。製造業では間もなく自律型のサプライチェーンが登場するだろう。

求められるITスタッフになるには?  デジタルトランスフォーメーションでニーズに変化

IDCは、デジタルトランスフォーメーションがIT部門の人材配置に与える影響について調査した。企業がIT部門の人材を評価する際のポイントとは。

「データ活用は手間がかかる」 そんな常識を覆す最新のデータ管理術とは

データを有効活用することで新たなビジネスチャンスや不要なコストの削減が狙える。そのためには自社のデータを正しく管理する必要があるが、どうすればよいのだろうか。

楽天が日本向けAPIマーケットプレース「Rakuten RapidAPI」を提供開始

楽天はR Softwareとパートナー契約と締結し、APIマーケットプレースの「Rakuten RapidAPI」を提供開始した。APIの公開と利用を簡単にして、新サービス開発を加速させる。

ご用聞きは要らない マルチクラウド時代のパートナー選びのポイント

あらゆる企業がクラウドを活用する真のクラウド時代が到来する。企業はどのようにクラウドを選択すべきか。なし崩しではなく思想を持ったマルチクラウドへ進化するには。

3Dプリント技術の進化を披露する3製品 低コストで高品質なプリントが可能に

3Dプリントテクノロジーは急速に進化している。今まで3Dプリンタが抱えていた課題を解決するような製品も登場している。本稿では、最新プリントテクノロジーを搭載したNano Dimension、XJet、HPの3Dプリンタを紹介する。

機械学習で変わる従業員教育 DellとIBMはどう活用しているか

企業は、個人に合った従業員教育カリキュラムを用意する必要がある。本稿では、従業員の技術スキルや対人スキルを向上させるための教育、キャリアプランのアドバイスに、機械学習などのAI技術がどのように役立つかを解説する。

知られざる電子公告運用の世界、企業が抱える課題とは

2005年に法務省により電子公告制度が導入され、インターネット上でも公告の掲示が可能となった。だが、電子になることで新たな課題が生まれた。その課題をどう解決するか。

人工知能(AI)の勝ち組企業が重視する「CoE」とは?

企業が自社にとって合理的なAI戦略を把握する一つの方法は、AI技術に関する「センターオブエクセレンス」(CoE)を組織することだ。

Yamaha Motorが投資するテクノロジーはどう決まるのか? 伝統企業の技術戦略を見る

Yamaha Motor、Union Pacific、米ラスベガス市、ULのIT幹部が、新しいテクノロジーからの利益を得るためのCIO戦略をそれぞれ話した。

「システムのお守りをあまりしないインフラ部隊」が必要な理由

ITインフラ運用部門は新しいことに挑戦する予算も人員も限られている。それでもよりよい状況を求めるならばAIの力が必要だ。運用業務をGoogle並みに高める方法を探る。

クラウドサービスが止まる日に備えて企業が今できること

クラウドの停止による損失を想定していない企業や、データとワークロードを復元する責任が利用者側とプロバイダー側のどちらにあるかを理解していない企業は、予想外の損失に直面するリスクがある。

「7カ月続いたら良い方」離職率の高い職場を変えた“不満を見極める”機械学習

コールセンターの離職に歯止めをかけるために始めた機械学習で、離職率が大幅に改善したという。ITサービスベンダーTELUS InternationalのCIOが解説する。

CIOが機械学習から逃げられなくなる日

機械学習を企業に導入する流れをCIOはどのようにサポートできるだろうか。恐らくはデータレイクの構築から始めることになるだろう。

「気付けばクラウドを活用していた」働き方改革の最前線とは

柔軟な働き方を支えるOneDriveだが、使い勝手などの問題で利用が進まないと嘆くIT部門は多い。その弱点を補い、OneDriveから働き方改革を推進するにはどうしたらよいのか。

2018年に心配される事業継続計画(BCP)のリスクトップ10

事業継続と災害復旧に対するリスクは、時代によって変わらないものもあれば、深刻化しているものもある。人々が最も懸念しているリスクとは何だろうか。

Indeed.comが教える「CIOに求められるスキル」10選

求人サイトIndeed.comが、求人情報を基にCIO(最高情報責任者)に最も求められているスキル一覧を発表した。専門家の話によると、「最も求められている」スキルが最も価値のあるスキルというわけではないという。

先進性と堅牢性が求められる金融業界で見直されるメインフレームの価値

FinTech時代、API連携やモバイル決済の普及など、金融業界のIT活用が大きな変化を迎えている。安定運用、安全性の確保という従来の課題と併せてどう対処すればいいのか。

営業導入のSFAは運用が大変 情シス導入は仕様固めが大変 第三の選択肢は?

SFAを営業が導入したA社は「使えないから改修して」、情シスが選定したB社は「もっと使いやすく」という声が。SFAの導入と運用に大きな負担がないというC社のSFAとは?

セキュリティの自動化とオーケストレーションは「企業のセキュリティ」をどう変える?

セキュリティの自動化およびオーケストレーションをするシステムが増加する傾向にある。その理由は、このシステムが脅威に対して自動的な対処ができる機能を有しているからである。

マンガで解説:仕事が終わっても直帰できない“タイムカードの呪縛”

「外出先からタイムカードのためだけに会社に戻るなんて面倒だ。その上、残業が多いと言われても困る」。現場からそんな不満を突き付けられた人事・総務が取るべき対策は?

IoTを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み方

IoTを活用した新しいビジネスを創出し、デジタルトランスフォーメーションを実践するには。デジタル化がもたらすものは何か。事例と共に紹介する。

実案件を基に解説する、既存システムからのHCI移行ノウハウ

HCIへのシステム移行は一筋縄ではいかない。実際のシステム移行案件を例に、HCI移行で検討すべき点や解決すべき課題など、貴重な実践的ノウハウを聞いた。

人工知能(AI)導入では、壮大な夢ではなく堅実な目標を立てよ

人工知能(AI)技術の領域ではホットな話題に事欠かない。しかしAI導入プロジェクトでは、こうした熱狂的ブームに惑わされることなく、合理的かつ実現可能な目標を見据えよ、と専門家はアドバイスする。

マッキンゼーのアナリストが断言 「企業がAI導入を待つことに価値はない」

企業のAI(人工知能)戦略は、効率性よりも成長に照準を合わせる必要があると、McKinseyのアナリスト、ジャック・バギン氏は言う。だが、この助言に耳を傾ける企業は少ないという。

「IoTとAIでビジネス開発ができる企業」に必要な基盤要件とは

IoTやAI、自社に導入する際の課題は、先が読めなくてデータ資産の使い方を設計できないこと。ならば先が読めない前提で企業IT設計するとどうなるか。経験者の声を聞いた。

事業部門の「勝手クラウド」を封じるための情報シス部門の動き方

企業におけるデジタル変革の議論の中で頻繁に議題に上がるのが「動きの遅い情報システム部門」排除論だ。果たして情シスは絶対悪か。批判の背景から問題の打開策を考える。

リテールイノベーションとは何か 小売業界で進むデジタル改革の裏側

小売業界を取り巻く環境は大きく変化している。「取りあえずデジタル化を」という企業も少なくないが、無計画なデジタル変革はかえって収益を圧迫することになる。

CIOにとってのイノベーションとは、テクノロジーを探すことではない

オムニチャネル戦略を推進するHobbycraftのCIO、トーマス氏にインタビュー。同氏が改革した社内アプリ、モバイルの顧客エクスペリエンス強化、そしてCIOにとってのイノベーションとは。

京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは

保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。

CIOは取締役会でどう振る舞うべきか? 増す重要性とその役割

デジタルトランスフォーメーションなどビジネスのIT活用が次のレベルに進むに伴い、CIO(最高情報責任者)の重要性が増している。重要な経営判断を行う取締役会においてもCIOの発言が求められている。

人間はAI、RPAとどうコラボレーションをすべきか、先進事例を見る

人間と機械のコラボレーションが進めば、働き方はよりシンプルで生産的で人間らしいものになる――調査会社Forrester ResearchのAI、RPAに関するレポートを紹介する。

Airbnb、技術が可能にするユーザーとホストの間での信頼構築

ユーザーとホストの間で宿泊施設の仲介をするAirbnbにとってそれぞれの信頼関係をどう構築するかがビジネスの基本となる。シェアリングエコノミーを実現するための技術活用とは?

利用者約8割の要望「つながらない」「担当者とじかに話したい」、解決策は?

利用者に満足してもらえるコンタクトセンターに必要なツールとは何だろうか。アンケート調査から顧客の本音を解き明かし、改善のポイントを探る。

サービスレベルの向上は社内から AIの現実的で「実感できる」活用方法とは

ビジネス規模が拡大することは喜ばしい。一方でその拡大に合わせた社内調整になかなか手が回らないことも少なくない。本稿はAIでその問題を解決した事例を紹介する。

STEM(科学、技術、工学、数学)スキル人材が米国国防総省にやって来ない理由

米国国防総省は同省の防衛部門のイノベーション能力を向上させるために「STEM」スキル人材を求めているという。同省が期待する「STEMスキル」人材はどう集めればいいのか。

働き方改革に全力で取り組む企業のデジタルワークスペース活用術とは

システムを導入したがごく一部の従業員しか使ってくれない、そんな悩みはないだろうか。システムを入れただけでは駄目となると、成功している企業は何が違うのか。

東京ガスiネットが実現したクラウド活用 鍵になるのは「都合の良い」クラウド

社会インフラを担う企業が取り組んでいるクラウド活用術、その秘密は「自社に都合の良い」クラウド基盤を選ぶこと。本稿ではその選び方を教える。

「AIは超人を生み出す」、2018年にCIOが注目するAIプロジェクトは

第一線のIT幹部へのインタビューによると、2018年もAI(人工知能)プロジェクトへの大掛かりな投資は継続し、企業全体のAI戦略を構築する上でCIOは重要な役割を果たすことになりそうだ。

AI導入成功企業の共通点は「AIかどうかを選定理由にしない」こと

AIを導入した企業はどのような課題を抱え、解決したのか。本稿で紹介する2つの事例の共通点は、導入製品がAIであるかどうかを全く重要視していないことだ。彼らが重視したことは何だったのか。

クラウドアプリ開発成功の鍵は? ソニー銀行、ローソンなどの事例で考える

クラウドを活用したアプリケーション開発をこれから始める企業が注意すべき点とは。先行してクラウドを活用する4社の事例に見る、効果と課題を紹介する。

「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術

顧客の興味関心に合った情報を適切に届けるためにプライベートDMPをどう活用するか。富士通の先進的な取り組みを紹介する。

UberのCEO辞任から学ぶ健全な社内文化の作り方

女性にとって安全で快適な環境は、そのまま企業の働きやすさにつながる。問題はどのようにすれば安全で快適な環境を構築できるか、ということだ。セクハラ問題を起こした企業を反面教師としてその解決方法を探る。

英国気象庁はどうやって膨大なデータを処理しているのか

前例のない量のデータに対応している英天気予報サービス機関は、「怠慢な」オープンソースツールに支えられている。

電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記

顧客との契約書類にはさまざまな法令が関係しており、その複雑さから電子化は進んでいなかった。しかし新たな顧客体験と共に前に踏み出せば、複雑さは一掃、効果は絶大だ。

ビジネスをもっとスマートに、調査で分かったモバイル活用の実態

2016年6月にキーマンズネットが実施したモバイル活用に関する読者アンケートから、タブレットやスマートフォン導入の業務改善効果が明らかになった。

ノーコード開発の「Quick Base」で業務を効率化、先進事例の効果は

グローバルサプライチェーンの労働条件の改善に取り組むVeriteは、効率の改善と複雑なプロジェクトの管理のためにノーコード製品を採用した。

IoT時代の製造業に必要なインフラの条件とは?

モノのインターネット(IoT)をはじめとする技術の発展によって「第4次産業革命」が起きようとしている。製造業のビジネスをIoTで強化するには何が必要なのか。

アジャイル開発+クラウドが決め手、アメリカン航空のWeb刷新成功事例を見る

世界最大の航空会社、アメリカン航空はWebサイト刷新プロジェクトを実施した。成功の鍵は、拡張性に優れ堅牢なクラウド基盤と、組織変革を支援する開発手法にあった。

20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール

スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。

UberのCEO辞任が証明する「企業文化が病めば企業全体が病む」

Uberのトラビス・カラニックCEOの辞任は、企業文化の重要性を浮き彫りにした。CIOは企業文化の育成にどう貢献できるのだろうか。

「VR」(仮想現実)や「MR」(複合現実)は、教育をどう変えるのか?

次々と登場する最新技術を教育にどう活用するか。今後の教育で教員が意識していくべきこととは。教育者チーム「iTeachers」の声を基に考える。

ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法

ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。

メールからビジネスチャットへ、KDDIグループの「働き方改革」

限られた時間で、いかに業務を効率化し生産性を上げるかは重要な課題だ。そのために変えるべきはコミュニケーション手段である。チャットを活用した企業の事例を紹介する。

マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略

コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。

出世したいITエンジニアにやっぱり必要な「4つのソフトスキル」

ITを経営戦略に取り入れる企業が増える中、管理職への昇進を望むエンジニアのキャリア展開は、ソフトスキル(問題解決や交渉などの非定型スキル)をどう磨き、活用できるかにかかっている。

社会的要請高まる企業の「働き方改革」、効果的なIT活用に迫る

労働生産性向上や働き方改革を実践する上で、IT活用は欠かせない。中でもキーテクノロジーとなるのがDaaS/VDIだ。働き方改革でなぜDaaS/VDIなのか、その理由を解明する。

データ通信量が最大100分の1に、設置工事不要で最新技術も使える監視カメラとは

監視カメラは防犯に大いに役立つが、屋外に設置する場合、多大なコストが掛かってしまう。どのようにすればこの問題を解決できるのだろうか。

顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「ある時から組織の中で知識が流通しなくなった」――多くの企業が経験する課題だろう。環境が変化しても「組織としての力」を強化できる企業は何が違うのか。

「ワークスタイル変革」調査:現場の声が教える成功のヒント

業務効率の向上やコスト削減などを目指して多くの企業が実践している「ワークスタイル変革」。その取り組みを成功させるには、どんなアプローチを取る必要があるのか。キーマンズネットの読者アンケートからその手掛かりを探る。

スピード経営を支えるERPの新潮流

社内のデータをより的確、迅速に活用したいとERPの導入/改善に乗り出す企業が増えている。だが、幾つかの制約から実践は決して容易ではない。ERPのデータ活用策とは。

間違いだらけのデジタルマーケティング、LTV(顧客生涯価値)アップのため何をすべき?

マーケティングの目標として「新規顧客獲得」を重視する企業は多い。だが、そこにばかり目を奪われて既存顧客が離れてしまっては、業績は上がらない。どうすればいいか。

現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」

「にんにく卵黄シリーズ」のやずやがビジネスの根幹を担う通販システムを刷新。売上成長を目指し、顧客起点のダイレクトマーケティングをより強力に推進するためだ。

新規分野で急増中「女性のITキャリア」にみる課題と展望

仕事がハードで男女格差が依然として存在するIT業界だが、近年は女性の活躍が増えつつある。しかし業界動向を先行する米国では、新規IT分野の開拓や施策によって女性の割合が大きく高まっているという。

うまくいく企業のソーシャルメディア活用は、一体何が違う?

FacebookやTwitter、YouTubeなどさまざまなソーシャルメディアがあるが、むやみに手を出せばいいというものではない。ソーシャルメディア活用を成功に導く重要なポイントを紹介する。

ネスレ日本が挑んだ「物流現場の問題をIoTで解決」

IoTは何から手を付けて良いか分からない……そんな悩みのヒントとなる事例が続々登場している。ネスレ日本の改革もその1つ。その現場とプロジェクトの経緯をレポートする。

販売管理システムを“見直すべきタイミング”が今である理由とは

特に問題ないからと使い続けて10年、こんなケースも多い基幹系システム。販売管理システムの見直しで残業半減や年間1000万円のコスト削減など成果を出した2社の事例を紹介。

情シスのデータ分析負担を軽減、誰でも“かんたん分析”を実現するBIツールとは

「ヒト、モノ、カネ」を管理するためにERPを導入し、経営を見える化したものの、データの活用までは進んでいない企業は少なくない。どのようにすればいいのか。

ワークスタイル“改善”で終わってない? 本当の「変革」に必要な3つの要素とは

モバイルやWeb会議、仮想デスクトップを導入したものの、ワークスタイル“変革”ではなく“改善”で止まっていないだろうか。問題を根底から解決し、働き方を変革する方法を紹介する。

コグニティブビジネスが“ハイブリッドクラウド”でなければならない理由

コグニティブ(認知)コンピューティングは、これまで「88%が未活用」といわれたデータを使ったビジネスの可能性をもたらした。しかし、このコグニティブビジネスで勝ち残るためには、ハイブリッドクラウドが欠かせないという。それはなぜだろうか。

人・技術・経営の課題の次はコグニティブ? 中外製薬が目指すセキュリティ対策

医薬品メーカーの中外製薬は、経営をめぐるさまざまなリスクの1つとしてセキュリティを位置付け、事前と事後の両輪での対策を進めている。そんな同社が今後のセキュリティ対策で注目するのが、IBM Watsonの持つコグニティブ技術だ。

「iPad」活用の成功に必要なことは“発想の転換”、生産性が向上する方法とは

業務効率化や生産性向上のために「iPad」を導入している企業は少なくない。導入効果を最大化するにはどうすればいいのだろうか。

「SAP HANA(R)」をIaaSで構築、世界で戦うビジネス基盤の選び方

「SAP HANA®」のクラウド構築ニーズが高まっている。グローバル戦略に目を向けているユーザー企業には、SIerはどのような観点でプラットフォームを提案すべきだろうか。

老舗企業が取り組む無線LAN導入とその収益貢献モデル――2つの連携機能が鍵に

企業の販売やマーケティング活動がリアル店舗からデジタル世界へと主戦場を移しつつある今、通信インフラ環境構築のためだけでなく、収益貢献に寄与するさまざまな機能を備えた最新無線LANが注目されている。

インバウンド争奪戦に「アート」で参入、挑戦を支えたIT舞台裏

「泊まれるアート」をコンセプトに掲げ、宿泊者の8割近くがインバウンド観光客だという「BnA Hotel Koenji」の舞台裏で、ITはどのように活用されているのかをレポートする。

おしぼり業界の革命児、藤波タオルサービスがkintoneによる情報共有を根付かせるまで

日本のおもてなし文化の1つであるおしぼりを中核事業に据える藤波タオルサービスは、ITを活用して社内に情報共有文化を根付かせた。適したツール選びやツールの活用を浸透させるまでにはさまざまな工夫があった。

システム停止の損害は1日2億円、三菱アルミニウムの業務を守るIT基盤とは?

一貫生産体制を備えた欧米企業や、大規模な生産能力を持つ中国企業とのグローバル競争が激化する中、三菱アルミニウムは高い品質と技術力を武器に事業拡大を目指している。そのために同社が取り組んだ業務システムの刷新について、3つの課題を軸に紹介する。

ユーザーの知恵と経験を生かしたシステム構築に欠かせない検証環境とは?

より良いサービスを提供して他社との競争に打ち勝つには、ユーザーの知恵と経験を生かしたシステムが必要になる。知恵をシステム化して競争力を向上させるには、その効果も含めた事前検証環境が欠かせない。どのように取り組めばよいのだろうか。

迅速な経営判断はリアルタイムなデータ分析から――ビジネスにOSSをどう活用する?

日々発生するデータをリアルタイムで分析しビジネスの意思決定につなげるためには、大量データを高速処理できる分析や開発の基盤が欠かせない。実現の鍵は、オープンソースソフトウェア(OSS)が提供する先進技術だ。

BYODも可能にしたルネサス エレクトロニクス先進事例、グローバル活用に必須の管理ツールとは

大手半導体メーカーのルネサス エレクトロニクスがグローバルでモバイル活用を進めている。業務アプリの利用はもちろんのこと、BYODの利用も認める先進的な取り組みだ。ある管理ツールがその取り組みを支えている。

「AlphaGo」は“真の人工知能”からは程遠い、それでも考えたい機械学習のビジネス価値

人工知能(AI)は50年近くにわたりアプリケーション開発の究極目標となってきた。だが現在進められている各種のプロジェクトがAIという看板を掲げているからといって、それらが真のAIであるとは限らない。

スマートグリッドテクノロジーと予測分析が電力会社を変える

公益事業会社は、以前にも増して高度な分析手法を業務管理に取り入れるようになっている。本稿では、あるプロバイダーが大成功を収めた方法を紹介する。

モバイルアプリ開発で進む“IT部門外し”、それでもCIOがすべきことは?

需要が拡大するモバイルアプリ開発。それに伴い、最高情報責任者(CIO)がモバイルアプリ開発を先導する必要性も高まっている。

「Medical×Security Hackathon 2015」に見た、日本の医療ITが目指すべき道のり

「医療に革命を起こそう」をテーマにした医療ハッカソン。医療現場が抱える課題解決に取り組んだ参加者たち。4回目となる今回は、話題のウェアラブル端末を活用するユニークなプロダクトが生まれた。

離職率の高い流通小売業界を、人気業界に変える新しい仕組みとは?

流通小売業界の人手不足は深刻だ。人材の獲得と定着のための打開策を「仕事への誇り・働きがいの向上」「より良いコミュニケーション」「働きやすい環境づくり」という3つの観点から紹介する。

IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め

インターネットとモバイル端末の普及で顧客との接点がかつてないほど拡大する中、デジタルマーケティングへの取り組みはあらゆる企業にとって急務となりつつある。成功のため、どうすればいいのだろうか。

2カ月でグローバル規模の分析基盤を整えた、ヤンマーグループの事例に学ぶ

ビジネスで生み出されるデータを集計・分析し、さまざまな場面に生かす取り組みが関心を集めている。2カ月という短期間かつ低コストで、グローバルの分析基盤構築に成功した、ヤンマーグループの事例を紹介する。

ノンプログラミング開発ツールで変わる「情シスの立場と役割」

業務部門自らがアプリケーションを開発する“情シス不要”のノンプログラミング開発ツールを導入する企業が増えてきた。情シスの果たす役割も変化しつつある。実際の導入現場を例にその変化を確認してみよう。

GEのCEOらが「会社にCIOは必要だ」とわざわざ述べる理由

デジタル環境の急激な成長によって、ビジネスでテクノロジーが重視されつつある。それに伴い、CIOに求められる役割が大きく変わってきている。

資生堂の“全員マーケター”新分析システム、その“超高速”にユーザーが驚いた理由

日本を代表する化粧品メーカーである資生堂が販売・顧客分析システム基盤を刷新した。重視したのは処理の“速さ”。従来と比べて10倍以上の処理性能の向上を実現したシステム基盤とは?

昇給の鍵は“業務部門の御用聞き”からの脱却――IT部門幹部 報酬調査

IT部門の上級職は、デジタル化して急速に変化している市場に対応するため、IT戦略の軌道修正に努めている。2015年に変化がなかったのは、管理職の報酬くらいだろう。

IT社員の給料が減少した2015年、それでも離職希望者がたった5%な理由

米TechTargetが米国のIT担当者を対象に実施した2015年のIT給与調査の結果からは、職種と所在地別の平均給与に加え、転職の意向や仕事の楽観度、関心を寄せるプロジェクトなどが明らかになった。

職を奪われるどころではない――ロボット開発が行き着く必然の未来とは

ロボットは人間より速く、人間より賢くなりつつあり、いずれ創造力をも持ち合わせる、とロボティクス(ロボット工学)専門家のホッド・リプソン氏は語る。そのときのために、今から準備が必要だ。

カスタマーエクスペリエンス管理は新たなCRMか

先見性のある企業は、カスタマーエクスペリエンスとその把握の助けになる技術に注目している。

「GIZMODO」「Lifehacker」のユーザー分析の活用とは? デジタルマーケティング最新動向

Webでの効果的な情報発信のためには、良質なコンテンツを最適な経路で配信する必要がある。アドネットワーク基盤上でビッグデータ解析を用い、ユーザーデータを活用したコンテンツマッチングでクリック率(CTR)向上を実現したWebメディアの取り組みを紹介する。

オフィス用品ネット通販プラスがITシステム基盤をクラウド化、その理由とは

「ワークスタイル変革支援業」の一環として、ITシステム基盤を順次クラウドに移行している企業がある。移行先のクラウド環境の選定理由や、移行作業、導入効果など、クラウド化の取り組みの実態について見ていきたい。

事例:オズモールのクーポン配信効果を改善、データ活用経営のすすめ

IT投資の目的はコスト削減から、売り上げへの貢献へと移っている。背景にはモバイルやソーシャルの普及によるデータの爆発がある。これからのデータ分析に求めれられる、スピードとセキュリティ、使いやすさを実現する解析プラットフォームの実力をひも解く。

事例:アルパインがグローバルの品質レベルマネジメントを刷新、その狙いとは

ビジネスプロセスの可視化が求められる背景には、品質マネジメントシステム(QMS)の高度化がある。自動車業界向けQMSはISO(国際標準規格)9001、大手自動車会社によるQS9000、さらに2000年代にTS16949として品質管理システムが強化され、対応を迫られていた。

アルプス電気が多品種少量生産の開発プラットフォームを導入、その効果とは

メーカーにとって多品種少量生産の対策は長年にわたる課題だ。エンジニアリング分野にクラウドを活用し、短時間で製品の市場投入を実現した事例から、クラウドの開発プラットフォーム活用のポイントを探る。

“稼げる会社”にしたいなら本気で挑むべき「3つの課題」

「良いものを作れば必ず売れる」――そんな時代が遠い昔となった今、企業に求められるのは営業力の強化だ。では、具体的に何をすべきなのか。実例を基に、その具体策を探る。

CIO自身が語る、CIOになれる人と、なれない人の違い

CIOの役職にたどり着くまでのキャリアパスは人によって違うため、持つ能力も異なる。その中、CIOとして成功するために必要な能力とは。2人のCIOが語った。

いまだに信じられている「人工知能が人の仕事を奪う」の真相

米IBMの「Watson」の登場などにより進む人工知能。果たして労働者に取って代わるものになるのだろうか。それとも仕事をサポートするものになるのだろうか。その真相を探る。

横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由

中期経営計画の下、ビジネス構造改革に取り組んだ横河電機。「IT部門をIT戦略の立案やIT企画の推進に注力」させようとした同社が、包括的ITアウトソーシングを採用し、ITインフラの刷新や運用移管をした経緯と導入効果とは。

製品歩留りを25%改善、「IoT×ビジネス」活用の課題と導入のカギとは?

IoTによるビッグデータ分析に注目が集まる。IoTのビジネス活用には「ゴールが明確でない」「データの互換性や接続性」「適切なツール導入」という3つの課題がある。ソリューション導入のポイントを軸に、企業のIoT活用の課題と解決のヒントを探る。

誰も見に来ない海外向けWebサイト、何が問題?

リアルのビジネスにおいてもECにおいても海外に向けた情報発信の取り組みが盛んだ。一方、案外おろそかにされがちなのが配信インフラ。施策の効果を上げるため、まず着手すべきこととは?

平日なのにオフィスが空っぽ? 日本マイクロソフトの「テレワーク週間 2015」が想像以上に本気だった

日本マイクロソフトが「テレワーク週間」に行った全社的なテレワークでは、IT製品の活用が業務生産性の維持や、セキュリティの保護に貢献することが分かった。実態をリポートしよう。

情シス進化論:今求められる、情シス部門のワークスタイル変革とは

多くの企業でワークスタイル変革が進む中、今後は情報システム部門の変革が求められる。システム開発・運用担当から各部門の業務を共に創造する存在へ――“情シス部門のワークスタイル変革”で企業が変わる。

導入数は約1700台 大規模モバイル端末活用に挑む清教学園

モバイル端末活用の動きは、企業だけでなく教育機関にも広がる。約1700台という大規模なモバイル端末導入を見据えて動き始めたのが清教学園だ。その取り組みの背景と、実現を支えるITとは?

新米CIOが120日で必ず結果を出す方法

新任CIOがやる気を証明できる期間は短い。米Accenture Strategyのダイアナ・バーソーン氏が成功するための120日計画を語る。

バンダイも運用を効率化 クラウドで実現するコンタクトセンターの“在るべき姿”とは

顧客の心を自社につなぎ留め、売り上げの拡大を実現するためにコンタクトセンターの重要性は着実に増している。ただ、センターを支える従来型のシステムには課題も存在する。果たして、理想とされるシステム像とは。

Googleの「Alphabet」設立に見る、イノベーションとギークの在るべき姿

米Googleが新たに設立したAlphabet Inc.は、企業のイノベーション文化を持続することを目的としている。テクノロジー業界にとって、この動きは果たしてどのような意味があるのだろうか。

製品販売から「成果を売る経済」へ、IT活用で可能になる“次のビジネスモデル”とは

デジタル化により、製品を販売するビジネスモデルからサービスを提供するビジネスモデルへと転換しつつある。米AccentureのCTOが転換期である今を生き残る方法を語る。

マネジャーは徳島在住、社員の半数がリモートワークをする企業はいかにして成功したか

ワークライフバランス向上やBCP対策を目的に、従来のオフィス中心の働き方から新たな働き方へ変化する企業が増えている。社員の半数以上がリモートワークで成功を収めている企業に、働き方改革の極意を聞いた。

「女子会費用」を負担、エンジニア専用会議室も 急成長ベンチャーが働き方にこだわる理由

会社が社員の女子会費用を負担し、社内にエンジニア専用会議室を設置――そんなITベンチャーが急成長を遂げている。その裏側には、単なる福利厚生にとどまらない“企業戦略”があった。

失敗できないビッグデータ活用、最短・最速で基盤を構築する方法

ビッグデータ活用が本格化しつつある。しかし、一刻も早く活用したい業務部門のニーズに情報システム部門が追い付いていないというのが多くの企業の実態だろう。その解決策を探る。

タクシー配車サービスHailoがアプリ開発で犯した失敗

2タップでタクシーを呼び出せると話題の配車サービスHailo。英国だけでなく日本でもサービスを展開している同社は、アプリ開発に際して大きなミスを犯していた。同社がマイクロサービスを採用するに至った理由とは何か?

苦悩する老舗メディア、モバイルアプリに社運を託したが……

米New York Timesの最高情報責任者(CIO)を退任することを2015年5月半ばに発表したマーク・フロンス氏は、デジタルメディアで成功を収めるための最短経路を「実験の文化」に見いだしている。

上司を置かない「ボスレス企業」続出、本当に上手くいくの?

少しずつ数を増やしている、“ボスレス”な組織。上司に監視されず、自己管理する経営の効果と実現するためのポイントとは。

医療・介護に役立つウェアラブル端末とは? 開発のヒントを医療ハッカソンに見た

「医療に革命を起こそう」をテーマにした医療ハッカソン。医療現場が抱える課題解決に取り組んだ参加者たち。4回目となる今回は、話題のウェアラブル端末を活用するユニークなプロダクトが生まれた。

アデランスが頭皮形状の型取りを3Dデータ化、“激重データ”をグリグリ運用できるわけ

アデランスではオーダーメイドウィッグを作製する際、これまで特殊樹脂を使って顧客の頭皮形状を型取りしていた。この作製工程の日数およびコスト削減のために、同社は3D型取りシステムを導入する。3Dデータという巨大データを現場で問題なく運用するために同社が選んだデバイスとは?

SiemensやBMWの先進事例に学ぶ、ビッグデータ活用の勘所とは

さまざまな業界でビッグデータの活用が進んでいる。ビッグデータを活用して、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようというのだ。では実際、どのようにして進んでいるのだろうか。

ANAが実践した働き方改革、その成功の秘訣とは?

多くの企業が最重要の経営課題として「働き方改革」に注力している。有識者が提案する改革を成功に導く最適な施策とは? 働き方の改革を実践した全日本空輸(ANA)のキーパーソンに話を聞いた。

Eコマースの売り上げを65%伸ばしたシンプルな戦略

スポーツブランドのQuiksilverは、Eコマースの売り上げを65%も向上させた。同社の成功の秘密とは?

東京で働くのは「無理」――徳島県の“田舎”で働くITベンチャー、Sansan社員に働き方を聞いてみた

名刺管理サービスを提供するSansanが徳島県神山町にサテライトオフィスを設置してから4年3カ月。そこで実際に働く人々はどのような成果を上げ、企業としてどんな価値が得られたのか。徳島の市街地から30キロほど離れたその地に向かい、“中の人”たちに聞いてきた。

eBook:注目の医療ITベンチャー5社が語る「日本の医療IT、未来はどっちだ?」

TechTargetジャパンは2014年7月、医療ITの今後をテーマに、新進ベンチャー企業5社による座談会を開催した。本稿ではそこでの議論の模様をお届けする。

経営会議のその場で役立つ、「リアルタイム経営分析ツール」構築の必需品とは?

社内に数多くのシステムがあっても連係していないため経営や営業活動に有益な情報を引き出せない。このような悩みを持つ企業に最適なクラウドソリューションが注目を集めている。

7-Elevenのリーダーが説くイノベーションチームの作り方

ITのイノベーション(革新)は、全てのCIO(最高情報責任者)が検討すべき課題である。本稿では、米7-Elevenでイノベーションを実現したリーダーが説くイノベーションチームの構築に関する8つのステップを紹介する。

Web担当者が知るべき「DMP」の真実

Webやリアル店舗で生まれる各種データを統合管理し、マーケティング活動全体を最適化する「DMP(Data Management Platform)」。なぜDMPに注目すべきなのか。何が可能になるのか。徹底解説する。

4000人がアジャイル開発を始めたPayPal、技術者が考えたこととは

米PayPalが実施したアジャイル手法への全面的移行では、4000人のITスタッフと製品担当者の仕事のやり方が変わった。この改革はどのように達成されたのだろうか。

やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る

PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。

ライバルはAmazon? Uber? 戦う企業のためのデジタル顧客戦略3ステップ

一貫性のある顧客戦略をどう構築するか。米Forrester Researchが、デジタル顧客体験の管理、エンゲージおよび測定に必要なツールを解説する。

起業家が語るベンチャー苦闘物語、成長のきっかけはどこにある?

新興企業は、事務所の確保から優秀な人員の採用までさまざまな課題に直面する。米PayPalのインキュベータープログラム(事業育成制度)「Start Tank」ではどのようにこれらの課題を解決するのか。

営業組織の課題解決と、利益を上げる組織づくりとは?

成果を上げる営業組織の特徴とは? 外資系企業で抜群の営業成績を誇り、現在はセミナーで営業ノウハウを伝えている和田裕美氏が、営業マネジャーに向けて“あるべき姿”を語る。

IT部門は「マーケティング」とどう付き合っていくべきか?

2014年9月16〜18日に行われたデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2014」。数あるセッションの中からIT部門に関係の深いところをリポートする。

「爆速」ヤフーを支えるITインフラ、そのセキュリティ対策とは?

ITを使って人々や社会の課題を解決する「課題解決エンジン」を目指すヤフー。その主力サービスである「Yahoo! JAPAN」の安定性と安全性は、どう担保されているのか。実態を同社に聞く。

鉄道とIT、老舗企業はスマホアプリでいかに息を吹き返したか

「ぜい肉のない」「ムダのない」を意味する「リーン」。現場の知見を生かし、必要な製品を必要なだけ生産するリーン生産方式のカギとなるのがモバイル端末とアプリだ。

“売れる仕組み作り”に方程式はあるのか?

企業のマーケティング部門は、売り上げ向上のため、KPI設定をどうすべきか、どのように管理していくべきかという課題を抱えている。売れる仕組みをチェックするための方程式は存在するのか、専門家に話を聞いた。

“売れない時代”を言い訳にしない「消費者対応の極意」とは?

製品そのものの差別化が難しくなっている現在、消費者が重視するのが製品を取り巻く「体験」だ。この変化を逆風ではなく追い風に変えるために、消費者対応に必要な視点とは何か。専門家が解説する。

モバイル位置アプリが進化、屋内でも瞬時にスマホの場所を特定

多くの企業が位置連動型モバイルアプリを使い、顧客との接点を増やしている。空港や大型店舗、美術館、博物館、展示センターなど利用シーンは確実に広がっている。これには、技術の進歩が大きな役割を果たしている。

NTTぷららの仮想化基盤構築、エンジニアの信頼を得たプラットフォームとは?

大規模な仮想化基盤構築で重要になるプラットフォーム。NTTぷららが選んだプラットフォームは長い歴史と実績があり、最新技術をリードするOSだった。

英国百貨店、モバイルを使った“おもてなし”が売上増の秘訣

英百貨店チェーンは商品のオンライン販売の他に、モバイルデバイスを活用して販売チャネルを多様化させる取り組みを行っている。これによって売り上げの大幅増を達成した。

社員が積極的に活用するコミュニケーション基盤、その導入ノウハウとは

せっかく新しいコミュニケーション基盤を導入しても社員が使ってくれない。そのような悩みを多くの企業が抱えている。11万人が利用するコミュニケーション基盤を導入した富士通はこの問題をどう解決したのか?

国内11万人のコミュニケーション基盤を統合、富士通の他社を凌駕する最新事例

電話やメール、ビデオ会議、メッセージングなどのコミュニケーション基盤を統合――富士通の事例は、11万人という対象社員数だけでもその規模の大きさが分かる。ワークスタイル変革を目指した統合の詳細とは。

医療を変えるITのブレークスルーに期待――医療ハッカソンを見てきた

2014年2月、新しい医療アプリケーション/サービスの創出、提案、開発などを競う「Medical Hackathon」が福島県で開催された。参加者は、24時間という制限時間内で医療の変革を見据えたアプリ開発に取り組んだ。

「Uber」めぐるタクシー業界のバトル発生、背景にある重要技術とは

位置認識タクシーサービス「Uber」が注目されている。同種のサービスとの競争も激化。背景には業界の「位置認識アプリ」への期待の高まりがある。

フィットネスだけではない ウェアラブル技術活用の具体例とは?

外観やファッション性ばかりに注目が集まるウェアラブル技術だが、企業のCIOやITマネジャーはビジネスでの活用方法を模索すべきだ。医療現場など、実際に活用が始まっている分野もある。

女性開発者が体験した、ソフトウェア開発“業界あるある”

「一日中PCの前に座り黙々と作業する」とイメージされるソフトウェア開発の現場。それを払拭するような女性開発者の活躍が著しい。ある女性開発者に業界の現状、開発者として働く理由や喜び、苦悩などを聞いた。

村田製作所、最先端の生産プロセスを支えるデータマイニング活用術とは

電子部品メーカー最大手の村田製作所は、「SAS Quality Lifecycle Analysis」を利用し、生産工程における歩留り改善に取り組んでいる。生産現場と設計技術、設備技術を詳細かつ俯瞰的に把握し、改善につなげる活動をリポートする。

CIOが語る、仕事で得た“最高のご褒美”

米国の調査によると、IT部門の多くの幹部が仕事に手応えを感じるとともに、IT部門の2014年の活動について楽観的に見ているという。急成長を続ける企業のCIOが、自身や部下が全力で仕事に取り組める理由を教えてくれた。

若手エンジニアが辞めない企業に共通する仕掛けとは

情シス部門のトップに立つCIOの理想像は常に変化している。ビジネスへの貢献、業務部門とのやりとり、顧客サービスの改善に加えて、価値観が異なる若手社員の早期離職を防ぐリーダーシップも求められている。

B2C企業が生き残るためには2人のCIOが必要

銀行以外の業種でも、複数のCIOを社内に置くべきという声が広がっている。顧客サービスとITインフラの管理ではペースが異なるため、それぞれにリーダーが必要だ。

女性とテクノロジー業界、雇用の大幅増が意味するのは?

新しい技術やITスキルに対する給与面の優遇によって、IT部門は人の入れ替わりが激しい。2013年はIT関連業務で女性の雇用が大幅に増えた。

株価の変動を指先で感じる時代に? 金融業界も注目するウェアラブル端末

触角や嗅覚など五感を使うことで、人間はより多くの情報を処理できる。近年の技術の発達により、そんな近未来的な世界が現実味を帯びてきた。金融や外食、医療などさまざまな業界が関心を示している。

McDonald'sの次世代店舗は最新技術が満載、3Dプリンタやタブレットを活用

米McDonald'sでは、顧客エンゲージメントの向上を狙い、さまざまなテクノロジーを模索している。デジタル技術に精通した「破壊的な顧客」は、同社にどのような変化をもたらすのだろうか。

“世界に1つだけのスマートフォン”を提供、「未来の工場」がやって来る

生産現場のグローバル化が進み、製造業界に変化が表れ始めた。特定の消費者が求めるオーダーメイド型の商品を生産できる未来型工場への転換が進んでいる。“世界に1つだけのスマートフォン”は生まれるか。

「3Dプリンタでピザを作ってみた」 NASAが本気で研究中

紙を印刷する感覚で立体物を作成できる「3Dプリンタ」。靴やビキニ、さらには食品まで3Dプリンタで作ろうとする動きもある。ただし、期待と現実にはまだギャップがありそうだ。

成功事例に学ぶ、“SAP on クラウド”がもたらすインパクトとは?

新技術をビジネスに迅速に生かしたい。グローバル規模のITガバナンスを実現したい――。こうしたニーズを多くの企業が基幹業務に採用するSAP環境でどのように満たすべきか? クラウドを使った成功事例から探る。

消費税改正対応は6カ月以内に終わらせなさい

税率アップの半年前になっても議論が続いている消費税。企業はどのような姿勢で取り組めばいいのか。歴史を振り返ることで見えてくる消費税対応のポイントを、公認会計士の岩谷誠治氏に聞いた。

NASAがIT改革 iPhone、3Dプリンタで“大気圏脱出”

独自技術にこだわるNASAのような組織でも3DプリンタやiPhoneなどコンシューマー技術の採用を検討しだした。このコンシューマライゼーションは、“大気”のようにどの企業にもあるIT部門の業務をどう変えるのだろうか。

CFOとCIOの垣根がなくなる未来企業

CFOの役割が拡大している。今やCEOのビジネスパートナーであると同時にテクノロジーに関する重大な意思決定にも関わるようになっている。

パリのディズニーランドがワインを出す理由――と人事管理の共通点

世界展開する企業はグローバルな視点を持ちながらもローカルに合わせる「グローカリゼーション」の経営モデルが欠かせない。米Disneyが直面した問題とその解決策とは。

「所属している人数さえ答えられない」英陸軍のデータ管理改革

「陸軍に所属している人数さえ答えられないほど、信頼できるデータがなかった」英陸軍。データ品質向上プログラムで品質とガバナンスを向上させ、陸軍の現状把握と効率化を実現しつつある。

中部地区のSI事業で躍進を続ける萩原電気――その秘密とは?

愛知県に本社を構える萩原電気は、中部地区におけるシステムソリューション事業で業績を着実に伸ばしている。情報収集や人材確保で有利な大手SIerと同社が戦える理由とは何か?

顧客の変化に対応するデジタルマーケティング――大和ハウス工業 デジタルメディア室長 大島茂氏に聞く

競争環境の激化やテクノロジーの進展を背景として、マーケティングの在り方がいま大きく変わろうとしている。スマートデバイスやソーシャルの急速な普及によって、消費者はより多くの情報を手にするようになり、その意思決定の方法や、企業と消費者との関係は大きく変化した。マーケティングに期待される役割の重要性が高まりつつある中、マーケティングの現場ではどんな変化が起きているのか。また、企業はそれにどう対応すべきなのか。大和ハウス工業でデジタルメディア室長を務める大島茂氏に聞いた。

「丸亀製麺」で考える企業不祥事とソフトロ―

相次ぐ会計不正や不祥事。企業を取り巻く法規制はどう変わり、企業はどう対応すべきなのか。ブログ「ビジネス法務の部屋」で有名な山口利昭弁護士に「事後規制社会」における考え方を聞いた。

集団ダンス「ハーレムシェイク」動画で企業が求人する理由

ソーシャルメディアの利用拡大で企業の採用活動も大きく変化している。ネットで流行している集団ダンス「ハーレムシェイク」を使って求人する企業は何を狙っているのか?

「情報活用は難しい」を過去にする、散在データを生かす方法とは?

情報活用にいくら取り組んでも、十分な効果が挙がらない――。その原因は、データを分散管理する現状にあった。散在したデータをビジネスに生かす効率的な手段を解説する。

「カーといえばグー!(Goo)」のプロトコーポレーションが本気で取り組むデータ駆動型企業への進化

プロトコーポレーションはこれまで以上に進化したデータ分析プロジェクトに乗り出す。社内に埋もれるデータを“ビジネス価値”へ直結させる基盤と体制を整える構えだ。

年々増加するBCP関連ツールの導入と運用、企業の災害対策の最新状況は

企業の災害対策に関する読者調査を実施。2011年、2012年の調査結果との比較で企業におけるBCP対策の進捗状況が分かる。企業が直面する新たなリスクとその対応とは。

ビジネスをリードするためのITインフラの変革はどうあるべきか

ビジネスに貢献するITへと変革するために、企業のITインフラはどうあるべきか。パネルディスカッションのモデレーターにはPublickey 新野淳一氏が登壇し、会場参加型の活発な議論が繰り広げられた。

佐川急便で1日500万貨物が生み出すビッグデータ、その活用戦略とは

佐川急便を中核とするSGホールディングスグループのITを一手に担う専門企業、SGシステム。積極的なデータ活用をグループ全体で推進するために、「ITが先回りでその活用環境を提供する」という。その真意に迫る。

従来比6分の1のコストでビッグデータ活用を実現する方法

いよいよ活用フェーズに入ったビッグデータ。ビッグデータ活用に有効な手段として、従来の障壁だった価格面をクリアした「安価にため込むソリューション」が注目を集めている。

最も高給なのは業務アプリ担当副社長、では最低は? ――IT給与調査

北米2000人以上を対象にしたIT職種の給与調査結果。企業の規模に加えて、どのような仕事で企業にどう貢献しているかによって、その平均給与は大きく異なってくる。

すいすい分かる!? 消費税増税

2014年にも予定されている消費税の増税。この増税は企業の経理処理にどのような影響を及ぼすのでしょうか。経理部の久保田君と橋本マネジャーが消費税の基本から「95%ルール」の変更まで分かりやすく解説します。

スターCFOに学ぶ「CIOが成功するための10の秘密」

財務を担当するCFOと、ITを担当するCIOが抱える課題は実は似通っている。スターCFOが自身の体験から成功のための10の秘密を語った。CIOが読み取れることとは。

BtoBマーケティングはオートメーションの時代に――自動化できるマーケティング業務はどんどん自動化すべき

BtoBマーケティングの業務はかなりの領域で自動化が可能である。「人手が足りない」「手間やコストがかかる」といったBtoBマーケティング担当者の悩みは実は多くの作業を自動化することで解消する。

白鶴酒造が選んだ、クラウドやモバイルに耐えるネットワークとは?

白鶴酒造は、拠点の新設やコミュニケーション基盤の導入といった取り組みを成功裏に進めるため、ネットワークの大幅な見直しに踏み切った。その取り組み内容や導入効果を探る。

経営と業務部門の協力を引き出すプロジェクト運営術

経営、業務部門、IT部門という3者の利害を調整しながらいかにプロジェクトを進めるか。この支援をする「統合PMO」の役割について考える。ポイントになるのは、「ステアリングコミッティ」と「協同プロジェクト体制」の構築だ。

プリマハムが、10数年利用したNotesから情報共有基盤を刷新、そのワケとは?

プリマハムは2012年2月、Lotus Notesに代わる情報共有基盤としてアリエル・エンタープライズを導入した。その決め手は、製品の拡張性・柔軟性、そしてグループの情報活用戦略の立案をサポートする提案力だった。

【事例】アステラス製薬、日米欧のCIO“3兄弟”でグローバルITを管理する

全てを本社で管理する欧米企業型のグローバル化ではなく、日本企業に適したグローバル化とは何か。アステラス製薬はIT組織のグローバル化を通じてその答えを探した。同社が実践する“3兄弟”によるIT組織管理とは。

アサヒグループが取り組むクラウド基盤構築への道

事業会社ごとにITシステムを構築・運用し続ける時代は終わった。これからは、グループ内での共通基盤化や統合/標準化が重要になる。アサヒグループ全体のIT戦略とプライベートクラウド基盤構築の事例を紹介する。

2012年2月:IASB議長、米国のIFRS適用を予想

IFRSにかかわる組織から毎月、公表される各種文書。ムービングターゲットと言われ、変化を続けているIFRSの姿を捉えるにはこれらの文書から最新情報を得る必要がある。今月は米国におけるIFRS適用の動向と、IASB議長による米国IFRS適用への「予想」を紹介する。

年収が高いIT幹部の特徴、年収が低いIT幹部の働き方

米TechTargetのSearchCIO.comおよびSearchCIO-Midmarketが実施した読者調査により、年収が高いIT幹部とそうでないIT幹部の特徴が見えてきた。彼らの“違い”はどこにあるのか?

IT幹部の年収調査──給与が最も高い業種、低い業種

米TechTargetの年次調査により、IT幹部の給与が高い業種、低い業種が明らかになった。また、2011年に給与がアップした業種、2012年の給与アップが期待できない業種は何だろうか?

「システムの性能低下を防げ」、先進3社の性能可視化ツール導入を見る

サービスの性能はユーザーの満足度に直結する。レスポンスが悪いサービスはそっぽを向かれるだろう。安定したサービスをいかに提供できるか? 障害発生時にいかに迅速に対応できるか? 3社の事例を紹介する。

調査リポート:景気低迷時でもIT予算の使い道は変化せず

欧州債務危機で第二の景気後退に襲われた2011年。Forrester Researchが発表したリポートによると、企業のIT予算の使い道は相変わらず。ITを戦略化するために企業がなすべきことは?

「現場視点+最新ERP」――グループ経営、IFRS対応の鍵を探る

大企業だけでなく全ての規模、業種の企業が取り組もうとしているグループ経営。昨今ではグループ利用可能なERPの検討はコスト削減のためには避けて通れない。その際に鍵になるのは現場視点を備えたERPだ。

NASAがITシステムを刷新、その先にある理想像とは

米航空宇宙局(NASA)は現在、組織を挙げたITシステムの刷新プロジェクトを推進している。その先に見据えるシステム像について、NASAのプロジェクト担当者の話を紹介しよう。

「3つの視点」で取り組むこれからの企業システム運用

東日本大震災を契機にシステム運用に対する考え方が変化してきている。さまざまな対策方法がある中、IT部門はどのような思想で事業継続体制を敷くべきか。

改訂内部統制の影響を受ける企業、受けない企業

基準、運用の「簡素化・明確化」を目的に改訂された「財務報告に係る内部統制報告制度」。今回の改訂では特に中堅・中小の上場企業が意識されているようだ。実際に対応する企業は改訂でどのような影響を受けるのだろうか。

CIOたちを悩ますiPad

コンシューマーはiPadが好きだ。企業のお偉方は、飛行機や電車の中でiPadをこれ見よがしに使っている。CIOやIT担当者は、iPadを企業に受け入れるべきか?

「簡素化・明確化」内部統制制度はどう変わる?

金融商品取引法に基づく「財務報告に係る内部統制報告制度」が改訂された。その柱は基準、運用の「簡素化・明確化」。企業に大きな負担を掛けてきたとも言われる内部統制報告制度はどう変わるのか。解説しよう。

“スマート”な世界で中堅企業を成長させるITインフラ像とは?

中堅企業でもITを導入して成功した事例は少なくない。だがその成功が環境改善に貢献するとしたら――。IBMが考える「スマート」な世界では中堅企業がビジネスチャンスをつかみ、ひいては世界的な問題を改善できるという。

IFRSと日本基準で異なる収益認識――4つの対応法を示す

IFRSを適用する多くの日本企業が対応を考える必要がある「収益認識」。今回はその会計基準の内容と、ITシステムでの対応法を解説する。「複合取引」「売り上げの純額表示」も取り上げる。

“無関心の経営者”をITに振り向かせる2つのアプローチ

期待した通りのIT導入効果を出す上で、最も大きな阻害要因となるもの。それは「経営トップの無関心」だ。戦略的IT化を推進する組織づくりの鍵となる経営者を、ITに関与させるにはどうすればいいのか。

ビジネステクノロジーで変わるIT部門とビジネス部門の関係

現代のビジネステクノロジーは、単にビジネスニーズに対応するだけの域を超えている。進化したCIOは意見を持ち、非IT系の管理職と進んで協調しなければならない。

経営トップはだまされている? “見かけ上”IT投資成功の裏側

アンケートなどで「経営にITをある程度生かしている」と答える企業。しかし、それは本当なのだろうか? 中小企業が情報システムを真にビジネスに役立てるためのヒントを、「組織」の面から提示していく。

1秒でも早い解決を願う顧客に応えるコミュニケーション基盤

外資系金融企業へのITサービスを展開するインターソフトは、マイクロソフトのクラウドグループウェアMicrosoft Online Servicesを導入した。1秒でも早く解決してほしい、そんな顧客の期待に応えるコミュニケーション基盤とは。

経営者は情報システム部門を孤立させてはならない

「経営に役立つIT」を追求するCIOという役職は、中小企業にも必要なのだろうか。IT投資が消極的になる今こそ、ユーザーと経営層の間で孤立する情シス部門の役割を、経営者自ら見直す機会だともいえる。

なぜBI導入は失敗するのか? 成功の鍵は「標準化」というアプローチ

企業内の情報を集約・分析し、次の一手を打つための材料を生み出すBI。しかし、どのような方法で導入したとしても、最初に目指すべきゴールが見えていなければたちまち「使えない・使われないBI」に成り下がってしまう。

[an error occurred while processing this directive](none)