2023年08月10日 05時15分 公開
特集/連載

英国の新任CIOはなぜ「技術者」ではなく「戦略家」になったのか?英国ファッションブランドのCIOが語る【第3回】

1948年に創業した老舗ファッションブランド「River Island」を手掛けるRiver Island clothingが最高情報責任者(CIO)を迎えた。その人物がCIOを目指すようになったきっかけと、CIOとしての具体的な役割とは。

[Mark SamuelsTechTarget]

関連キーワード

CIO | データ | データ統合 | データ分析 | 経営


 1948年創業の英国のファッションブランド「River Island」を手掛けるRiver Island clothingは、同国内に250店舗以上を展開する。創業から73年目の2021年10月、同社は最高情報責任者(CIO)としてアダム・ウォーン氏を迎えた。ウォーン氏がCIOを目指すようになったきっかけと、現職でのCIOとしての役割を紹介する。

ウォーン氏自身の強みの発見と、CIOとしての3つの役割

 ウォーン氏は、英国の家電製品の販売サイト「ao.com」を手掛けるAO Worldや、オンライン小売業者N Brown GroupのIT部門を統括してきた経歴を持つ。ITを専門としてきた同氏は、キャリアの早い段階で、自分よりもITを得意とする人は他にいることに気付き、自分には別の才能があるのではないかと考えるようになった。「技術者に方向性を指示するのが得意だったので、戦略を立てる方が向いている」と同氏は自信を評価する。

 River Islandにおけるウォーン氏の役割は3つだ。1つ目は、技術戦略を担当し、ITへの投資が業務上の課題を解決し、新たなビジネスチャンスにつながるように働き掛ける。同氏はこの役割を「効果的かつ効率的に、あらゆる販売チャネルで優れた顧客体験を提供できるようにすること」と説明する。

 2つ目の役割は、デジタル戦略の実行だ。「ITだけでなく、ビジネス全般の変革に責任を負っている」とウォーン氏は言う。3つ目の役割は、社内で収集したデータから洞察を得ることだ。同氏はこれを「当社が持つ豊富なデータを使ってビジネスを加速させ、より効果的に自社を成長させるための取り組みだ」と説明する。

 River IslandのIT部門は約250人で構成されており、そのうち約3分の2が正社員だ。英国と欧州各国から人材を採用している。オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークを実践しているRiver Islandでは、IT部門の従業員の大多数は特定の行事のために出社する以外はテレワークで業務を進めている。


 第4回は、River Islandが取り組んだDXの施策を掘り下げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...