新任CIOが店舗視察で見た「老舗ファッションブランドの本質」とは英国ファッションブランドのCIOが語る【第1回】

ファッションブランド「River Island」を手掛けるRiver Island Clothing。1948年に創業した歴史ある同社に入社したCIOが、任務に就くに当たってまず学んだこととは。

2023年07月28日 08時30分 公開
[Mark SamuelsTechTarget]

関連キーワード

CIO | データ | データ統合 | データ分析 | 経営


 ファッションブランド「River Island」を手掛ける英国のRiver Island Clothingは、英国で250店舗以上を運営する他、北米や欧州、中東など世界各地で事業を展開している。1948年の創業から73年目の2021年10月、同社はアダム・ウォーン氏を最高情報責任者(CIO)として迎え入れた。ウォーン氏はCIOの任務に就くに当たり、店舗の従業員から“あること”を学んだ。

River Islandの実店舗でCIOが見たものとは

 ウォーン氏は、家電製品の通販サイト「ao.com」を手掛けるAO Worldや、オンライン小売業者N Brown GroupのIT部門で経験を積んだ。「小売業界に20年、IT部門に25年携わってきた」と語る同氏は、小売業界にいたとはいえ、実店舗を扱ったことのない「単なるIT部門の担当者だった」と振り返る。River Islandに入社したことで同氏は、自身の履歴書に大きな「穴」が開いていることに気付いたという。「実店舗を扱ったことがなければ、小売業の従業員を名乗ることはできない」(同氏)

 River Islandに入社したウォーン氏は、実店舗でのショッピング体験に触れる機会を得た。同氏が実店舗を訪れて感動したのは、店舗に対する従業員の考え方だったという。「商品がどのように開発され、どのような価値を持つのかといったストーリーを切り捨てたり、売り場をコストの集合体と見なしたりすることはなかった」。同氏はそのような従業員の在り方を見習い、「店舗への訪問は顧客体験を学ぶための機会」として捉えているのだという。


 第2回は、ウォーン氏が勤務する中で気付いた、River Islandが他の小売業者とは異なる点を探る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。