医療IT総合の事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

医療IT総合関連の事例

患者の個人情報をスマホアプリで安全に扱う仕組みとは 「EASE」の例で確認

モバイル医療アプリの「EASE」は、患者の個人情報をやり取りする仕組みを備えている。患者の手術中の様子や容体などの機密情報を安全に扱うために、モバイル医療アプリが取り得る手段とは。EASEを例に確認する。

患者満足度9割超えも 医師と患者を近づける「モバイル医療アプリ」の実力

手術室から患者の家族に最新情報を送信できるなど、「モバイル医療アプリ」は医療機関にも患者にもメリットをもたらす。ただしセキュリティの懸念は残る。

医療機関が「電子健康記録」(EHR)を導入する利点は? 米国では奨励金も

米国は「Meaningful Use」(意義ある利用)という制度によって、電子健康記録(EHR)システムを導入する医療機関に奨励金を交付している。ただしEHR導入後の紙の扱いについては、州ごとに法律が異なる。

電子健康記録(EHR)、電子医療記録(EMR)、個人健康記録(PHR)はどう違う?

「電子健康記録」(EHR)、「電子医療記録」(EMR)、「個人健康記録」(PHR)は、いずれも患者の医療データという点では同じだが、活用方法やデータの共有範囲、管理主体に違いがある。

名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?

臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。

「AI」を創薬と疾患特定に生かす医薬品業界、既存薬の新たな薬効も見つかる?

臨床試験や創薬など、医薬品製造における人工知能(AI)技術の利用が進んでいる。制度面での障壁はあるとしても、製薬会社はAI技術による新薬開発のプロセス短縮化を期待している。

医療機関が「RPA」を導入すべき用途とは? 医療事務の専門家に聞く

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、医療を含めたさまざまな業界で活躍し始めている。本稿は医療分野におけるRPAの用途について、医療事務の専門家が説明する。

医療ITベンダーの技術基盤を「SAP HANA」はどう支えているか

医療ソフトウェアベンダーのHarrisLogicは、「SAP HANA」を事業推進の中核として利用している。SAP HANAで何を目指し、具体的にどう利用しているのか。

医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは

EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。

「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野

医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。

AI(人工知能)で脳出血を容易に検出 放射線医学のAI活用事例

人工知能(AI)が放射線医学に与える影響を示す例について、2人の放射線科医の話を基に紹介する。新旧画像の比較や、深刻な症状の患者の優先治療などにAIが活用されているという。

医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか

医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。

医療機関のITシステムに残るハリケーンの爪痕 災害の影響を最大限に抑えるには

治療に必要なデータの管理をITシステムに頼る医療機関は、自然災害に免疫がない。そのため被災後に復旧を試みるよりも、事前に準備しておくことが重要だ。

医療分野にRPAは普及するか? 自動化技術が変える、医療事務の今と未来

医療費精算やレセプト請求のような定型的な医療事務作業は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をはじめとする自動化技術が大きな効果を発揮する可能性があります。

医療現場の人工知能(AI)活用は、診断支援、遠隔医療、病院経営に「効果あり」

人工知能(AI)関連システムを導入する医療機関が増えている。患者のケアと業務管理の双方に潜在的なメリットがあることを多くの医療従事者が認めつつあるからだ。

ボストン小児病院で「Alexa」が活躍、ハンズフリー操作や、治療手順の検索に貢献

ボストン小児病院では、音声認識技術を臨床現場で利用した3つのパイロットスタディーを実施し、一定の成果が得られたという。現場で使われたのは「Echo Dot」をはじめとするさまざまなAmazonデバイスだった。

会話型AIで変わる医療現場のコミュニケーション、その進化とは

医療機関では、検査結果や予約のリマインダー、処方された薬やその服用方法などの情報に24時間365日体制で自動応答するAIメッセージングサービスの提供が進んでいる。

病院の情報セキュリティは、ベストプラクティスとユーザーニーズのバランスが難しい

病院のITを担う医療情報部門では、スタッフに不便を感じさせずに患者データのセキュリティを確保する方法を絶えず模索している。課題は、セキュリティとユーザーニーズを満たす妥協点を見つけることだ。

多種多様になる一方の電子健康記録(EHR) 医療システムはどう変わるのか

医療機関は、遺伝子データや患者データ、学問に関するデータなど、多岐にわたる関連データを統合して一元管理できる機能をEHRに求め始めている。

臨床の現場でスマートフォン向けアプリケーションの利用は進んでいるのか?

IQVIAソリューションズ ジャパンは、スマートウォッチや血糖値測定器などのコネクテッドデバイスおよびスマートフォン向けのヘルスケアアプリケーションに関する調査結果を発表した。

Apple「Health Records API」公開へ ヘルスケアアプリ開発の現場に変化は?

Appleは「Health Records API」を公開すると2018年6月に発表した。このおかげで優れたヘルスケアアプリが年内に登場するかもしれない。だがセキュリティや相互運用性に関する懸念は残る、と専門家は指摘する。

「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」公開 医療のクラウド利用は加速するか

キヤノンITソリューションズ、NECなど、医療情報システムベンダー4社が共同で「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」を作成し、2018年7月をめどに提供開始する。医療業界のクラウド活用の追い風となるか。

人工知能(AI)の普及で、医師が「本来やるべき業務」に集中できる、これだけの理由

医療従事者が事務作業の負担によって本来やるべき医療に専念できない――という課題は、長きにわたり問題視されてきました。人工知能(AI)技術の普及は、こうした課題も解決するかもしれません。

AI技術で全トラフィックを監視 医療データのセキュリティ確保を目指す病院

機械学習などのAI技術を利用したソフトウェアを使って、医療システムのネットワークを監視・可視化し、患者データのセキュリティ強化を実現している医療機関がある。ソフトウェアの利点と、導入の際の困難とは。

医療ITのスタートアップ企業が医療業界に参入する余地はあるか?

2018年の医療情報管理システム学会(HIMSS)にて、医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、デジタルトランスフォーメーションや、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーとの関わりについて見解を語った。

昭和大学病院がeICUを導入、ICUの患者情報を遠隔地で一括管理

昭和大学病院と昭和大学江東豊洲病院が、フィリップスと研究開発した「遠隔集中治療患者管理プログラム(eICU)」を運用開始した。患者情報を遠隔地の支援センターに集約し、集中治療をサポートする。

ビッグデータから生まれた「合成対照群」のインパクト 新薬開発の歴史を変え得る理由

新薬開発で多くの製薬企業が直面している課題の1つが治験参加者の確保だ。過去に実施された治験のデータ再利用がその解決策となり得る。過去の治験データ活用が臨床開発現場にもたらすインパクトとは。

紙の問診票をタブレット問診やWeb問診ツールに置き換える5つのメリット

Webサイトやタブレットから入力できる「問診システム」が登場しましたが、いまだに紙の問診票を使い続けている診療所も少なくありません。問診システムに置き換えるメリットについて解説します。

米国大学病院の医療用テキストマイニングツール活用事例、導入の苦労や成果は?

ペンシルベニア大学系列の医療グループ「Penn Medicine」は、自然言語処理技術で非構造化データを利用して、分析の質や患者ケアの向上につなげた。導入から活用までのプロセスや課題を紹介する。

医療法人がSalesforceを導入 医療マーケティングのメリットとは

既存の患者とのつながりを維持しつつ、新規患者を呼び込むため、ウィスコンシン州の大規模医療法人Auroraは、自社のデジタルマーケティングにSalesforceのMarketing Cloudを導入した。

AIで医療はどう変わる? 専門家が実例を語る

医療サービス提供者や製薬会社などの医療機関は、個人に最適な介護サービスや治療後の処置を提供するために、高度なAIテクノロジーの使用に乗り出している。

医薬品マーケターが利益に貢献したプロモーションを見抜く“すごいデータ分析”とは

製薬企業のマーケティング担当者が活用しやすく、「次のプロモーション施策では何が最適な打ち手となるのか」を考えるのに有効な、データ分析の代表的手法を解説します。

医療従事者向け情報提供ツールの膨大な選択肢から効果的な手段を選ぶコツ

eディテーリング(電子的な情報提供活動)ツールやメルマガ、オウンドメディアなど、MR(医薬情報担当者)から医療従事者に向けた情報提供ツールは多くの種類があります。目的に応じた効果的な選び方を紹介します。

スマホとタブレットが医療の現場をカイゼンしつつある

医療現場におけるデータの利活用は重要な課題の1つであり、モバイルテクノロジーは医療の品質改善の面からも評価されるべきだ。

[an error occurred while processing this directive](none)