Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【前編】
無料エディタ「Visual Studio Code」大人気の理由 “新世代のEmacs”か
月間1400万ユーザーを誇るソースコードエディタ「Visual Studio Code」。なぜ人気なのか。ユーザーの声を基に、その理由を探る。(2021/5/2)

Bluescape、Klaxoon、Microsoft、Miro、MURALなどが参入
Zoom、Teamsユーザーが「ホワイトボードアプリ」を使いたくなる“納得の理由”
Web会議で直接PC画面に書き込み、メモや図式を遠隔から共有できるホワイトボードアプリケーションが急速に普及している。場所を問わずに働く時代の新しい情報伝達ツールとして市民権を得つつある。現状を追った。(2021/4/19)

キーパーソンインタビュー
「組み込みソフトウェアではない」車載ソフトウェア開発のトレンドと展望
電気自動車や自動運転車に搭載されるソフトウェア(制御機構は除く)は、一般的な「組み込みソフトウェア」とは異なるという。どのような技術スタックを使っているのだろうか。(2021/4/8)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】
AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能
AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。(2021/4/2)

外部サービス向けダッシュボードは内製? 組み込み?
データを使ったサービスを構築したい 迅速な開発をかなえる「組み込みBI」とは
データが新たな資源といわれる中、自社サービスにデータ分析機能を追加したいが、開発要件の変化やコスト、運用の手間も無視できない。そんな企業に望み通りのUIや最新の分析機能を提供するのが組み込みBIだ。そのメリットと活用法は。(2021/3/26)

「生産性測定」の難しさ【後編】
テレワークの生産性測定に「AI」を生かす意味と、「監視だ」と警戒されないこつ
企業は何らかの方法でテレワーク中の従業員の生産性を測定する必要がある。そのための手段はどう進化しているのか。従業員との信頼関係を維持しながら生産性を測定するための心構えとは。(2021/3/17)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【後編】
Windows Virtual Desktopが快適に使える「シンクライアント」の条件とは?
シンクライアントを選ぶときは何を考慮すればよいのか。MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を利用する場合を例に挙げ、シンクライアント選びのポイントを説明する。(2021/3/11)

幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載
JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能
「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。(2021/3/9)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【前編】
「データリテラシーの高い社員」が「分析ツールを使える社員」よりも貴重な理由
競争力を高めるためにデータ主導型の意思決定を目指す企業は、何をすればよいのか。重要なのは人材育成だが、分析ツールが使える従業員を育てることだけが全てではない。鍵は「データリテラシー」の向上だ。(2021/3/8)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【中編】
Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較
シンクライアントの代表的なベンダーにはDellとHP、IGEL Technology、NComputing、Stratodeskがある。これらの主要ベンダーが提供するシンクライアントの特徴を説明する。(2021/3/4)

TechTarget発 世界のITニュース
「AI」で小売業者のECシフトを支援 Googleの新クラウドサービスの中身は?
Googleは、AI技術を利用した小売業者向けクラウドサービス3種を発表した。小売業者のECへの移行を支援するという。これらのクラウドサービスで小売業者は何ができるのか。(2021/2/26)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【前編】
Windows Virtual Desktopは「シンクライアント」で使うべき納得の理由
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」の仮想デスクトップを使うクライアント端末として「シンクライアント」を選ぶメリットとは何なのか。代表的なベンダーと共に説明する。(2021/2/18)

AI時代のストレージを支える技術【後編】
Intel「Optane」は“ヘビーユーザー向け”止まり? 次世代ストレージの本命は
高速なデータ処理への需要を受け、拡大しつつあるのがIntelの「Optane」などを含む新興メモリ市場だ。メモリ分野は将来的にどう変わるのか。(2021/2/2)

2021年のWindows【後編】
Microsoftの対Apple/Android戦略とArmサポートの強化が意味すること
Microsoftはマルチプラットフォーム対応を積極的に推し進めている。Apple製品やAndroidにどう対応するのか。強化されるArmサポートの動向とは。Microsoftの多方面作戦の状況を概観する。(2021/1/29)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

TechTarget発 世界のITニュース
OSSのTCP/IPスタックに33種類の脆弱性「Amnesia:33」を報告 Forescout
IoTデバイスなど各種デバイスに広く採用されているオープンソースのTCP/IPスタック4種類に、リモートコード実行を含む複数の脆弱性があることが判明した。その影響は。(2021/1/13)

電力サイドチャネル攻撃が可能
IntelおよびAMDプロセッサに新たなサイドチャネル攻撃の脆弱性
IntelとAMDのプロセッサでまた脆弱性が発見された。両社のプロセッサを搭載したPCやクラウドサーバがこの影響を受ける。新たなサイドチャネル攻撃はどのように行われるのか。(2021/1/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
Kubernetesの安全な活用を支援、データ保護を低コスト&容易に強化する方法とは
アプリケーション開発の生産性向上に有効なコンテナやKubernetesだが、ワークロードのデータ保護に関しては懸念も多い。そこで注目したいのが、ITプロジェクトのサイロ化を防ぎつつ、エンタープライズレベルの保護を安価に実現する方法だ。(2020/10/29)

感染症対策にも役立つ?
Meet会議専用ハード「Series One」とは? GoogleとLenovoが共同開発
「Google Meet」用のハードウェアパッケージ「Series One」は、Google独自のプロセッサを組み込み、Web会議をスムーズに進めるための機能を備える。規模別に3種類あるSeries Oneの特徴をざっくりと説明する。(2020/10/29)

アクセシビリティ機能の現状と課題
「Zoom」に聴覚障害者向け機能が追加、当事者が使ってみた感想は
「Zoom」は聴覚障害者向けに、ユーザーが手話通訳者を表示したままプレゼンテーションを見られる機能を追加した。当事者はこのアクセシビリティ機能をどう評価するのか。アクセシビリティ推進団体に聞いた。(2020/10/28)

歴史から探る相違点と類似点
「WildFly」「JBoss EAP」の基本的な違いは? Java2大APサーバ比較
「Java」のアプリケーションサーバ「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)は何が違うのか。両者には共通する部分は多いものの、明確な違いがある。(2020/10/26)

レノボ・ジャパン合同会社提供ホワイトペーパー:
高いコスパと処理能力向上を実現、ビジネス利用に最適化された新型CPUの実力
ITリソースに性能とコストパフォーマンスの両立が求められる中、価格を抑えて処理能力を大幅に向上させた新型CPUが注目されている。ビジネス利用に最適化されたその特長とともに、搭載PCを紹介する。(2021/3/16)

TCP/IPの7大脅威【前編】
いまさら聞けない「TCP/IP」とは? 何が危険なのか?
「TCP/IP」に関するセキュリティ問題にはどのようなものがあり、どう対処すればよいのか。それを理解するための前提として、TCP/IPとはそもそも何なのかを簡単に整理しよう。(2020/8/21)

動的型付け言語の弱点をカバー
Pythonコードの脆弱性を検知する「AppSec」
動的型付け言語(動的言語)の場合、変数に値が代入されるまで型が決定されないため、静的テストでは十分な検証ができない。動的言語の一つであるPythonもこの問題を抱えている。(2020/8/11)

6大Java向けIDEを比較【前編】
「Eclipse」と「IntelliJ IDEA」の違いとは? Java向けIDE比較のヒント
複数あるJava向けIDEのうち、自社の要件に合ったものはどれなのか。まずは主要なJava向けIDE「Eclipse IDE」と「IntelliJ IDEA」の特徴と違いを整理しよう。(2020/7/31)

Webブラウザ内で不審な挙動を検出
「Webスキミング」はなぜ危険? 目が行き届かないスクリプトを狙われるリスク
クレジットカード情報や顧客の個人情報漏えいの原因として、「Webスキミング」と呼ばれる攻撃手法が挙がるようになってきた。Webスキミング攻撃はなぜ対処しづらいのか、その危険性と対策を解説する。(2020/10/1)

新型コロナ接触追跡システムの可能性【後編】
新型コロナ「接触確認アプリ」はなぜ必要で、なぜ過度な期待は禁物なのか
新型コロナウイルス感染症陽性者の接触追跡アプリケーションは、公衆衛生機関が主導する国家的な取り組みにも有益な技術だ。ただし真価を発揮するためには超えるべき壁がある。それは何か。(2020/7/14)

フラッシュメモリの今【後編】
NAND型よりも「NOR型フラッシュメモリ」を選ぶべき用途とは?
NOR型フラッシュメモリは自動車や医療をはじめ幅広い分野で活躍している。NAND型フラッシュメモリとの違いを踏まえつつ、NOR型フラッシュメモリの用途を探る。(2020/7/2)

「HCI」混戦時代へ【後編】
HCI市場で「HPE×Nutanix」が「Dell EMC×VMware」を追い抜く日
Dell EMCとVMwareを擁するDell Technologiesは「HCI」市場で支配的な立場にある。その牙城を崩す可能性があるのが、Nutanixとの協業で市場での存在感を増してきたHPEだと専門家は指摘する。どういうことなのか。(2020/6/30)

フラッシュメモリの今【前編】
いまさら聞けない「NAND型」「NOR型」フラッシュメモリの違いとは?
フラッシュメモリの種類には、よく耳にするNAND型の他にNOR型がある。どのような違いがあり、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。(2020/6/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Java」「Rust」がC/C++の代替になるこれだけの根拠
「Java」と「C」「C++」はどちらが速いのか。C/C++の後継と目される「Rust」とはどのようなプログラミング言語なのか。これらの疑問に答えよう。(2020/6/18)

「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【後編】
「Commvault」と「Veeam」の違いとは? 2大バックアップ製品を比較
Commvault SystemsとVeeam Softwareのバックアップ/リカバリー製品は、何が異なるのだろうか。4つの視点で比較する。(2020/6/11)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
AIの「説明性」と「公平性」の欠如がリスクに――信頼できるAI作りのポイント
AIの業務活用が広がる中、その判断の理由を説明できる「説明性」と、結論そのものの「公平性」が大きな課題として浮上している。AIのビジネスでの本番運用で押さえるべきポイントと、それらを実現するソリューションについて解説する。(2020/5/29)

Chromeなど主要Webブラウザで利用可能
いまさら聞けない「WebRTC」とは? Web会議に不可欠な基礎技術
Webブラウザを使ったコミュニケーションツールを実現する上で、重要な役割を果たしている技術が「WebRTC」。どのような技術であり、どのようなメリットをもたらすのか。(2020/5/27)

コンポーザブルインフラの登場【前編】
データセンターの非効率性を解決するコンポーザブルインフラ
構成が固定的なハードウェアでは、現在の複雑なワークロードを効率的に処理できない。そこで登場したのが異種(ヘテロジニアス)コンピューティングだったが、これも十分ではなかった。(2020/5/18)

ロボットの自律走行を目指す
竹中工務店が建築ロボットの制御を「AWS RoboMaker」で実現へ 効果と課題は
建築現場用ロボットと、その制御システム「建築ロボットプラットフォーム」を開発する竹中工務店。それらの中核要素として採用したのが「AWS RoboMaker」などのAWSサービスだ。選定理由とメリット、課題を整理する。(2020/4/8)

専門家が語る2020年のクラウド動向【後編】
クラウドの「責任共有モデル」が2020年に崩壊する?
2019年に起こった金融大手Capital Oneの情報流出事件は、クラウドの「責任共有モデル」を変える可能性がある。この変化は、クラウドサービスのラインアップにどう影響を及ぼすのか。(2020/2/26)

ハードウェアに迫る危険【後編】
ハードウェアレベルの脆弱性が悪用されたら何が起こるのか? QSEEに学ぶ
2019年11月、Armの技術「TrustZone」をベースにしたQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。その悪用は、どのような脅威をもたらすのか。(2020/1/28)

機能更新プログラムによる業務妨害からの解放
「Windows 10」の“予期しないアップデート”で専用機器が動かない、回避策は?
「Windows 10」で発生する半年に1回の大型アップデートは、端末管理の手間を増やす要因になり得る。組み込み機器や専用機器で利用するWindows 10の予期しないアップデートを減らし、運用を省力化する方法とは。(2020/1/24)

『ミクロの決死圏』のコンセプトも実現か
アポロ11号が「モノのインターネット」(IoT)の原点だった?
今や製造や医療、教育の分野に広がる「モノのインターネット」(IoT)。その原点は人類を月に送る「アポロ計画」のために開発された技術にあるという。それはどういうことなのか。(2020/1/26)

導入しただけで終わらせない
IoTデバイスで本当に危険なのは「乗っ取り」ではない? 要注意の脅威と対策
現実世界の事象がデータによって可視化され、現実世界とサイバーの世界がインターネット、クラウド、IoT(モノのインターネット)によって融合しつつある。この新しい世界が生み出す価値を最大化する上で留意すべきこととは何だろうか。(2020/1/24)

新旧「HCI」の違い【前編】
“歴史と進化”で知る「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)とは何か
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はその誕生からこれまでにどのような進化を経てきたのか。最新のHCIを知る上で重要な“HCIの根幹”を説明する。(2019/12/20)

米国電子カルテ市場の動向
病院が「電子カルテ」をリプレースせざるを得ない5つの事情
電子カルテのリプレースは簡単ではない。だがベンダーの買収や組織規模の拡大といった事情で、リプレースが必要になる場合もある。こうした5つの事情を説明する。(2019/11/29)

SAPが経営陣を刷新、戦略への影響は【後編】
SAPが「最大手ERPベンダー」ではなくなる日
ユーザー企業の「S/4HANA」への移行を進めるSAPは、2019年に経営陣を刷新した。同社の課題と、経営陣の刷新が何を意味するのかについて考察する。(2019/11/28)

2週間かかっていたファイアウォール設定が数分に
航空会社がマルチクラウドのポリシー乱立解消に生かした「タグシステム」とは
Alaska Airlinesは複数のクラウドを用いたマルチクラウド環境を構築した。マイクロセグメンテーションを利用したセキュリティツールを組み込み、アプリケーション運用の自動化とコンテナの活用に取り組んでいる。(2019/11/28)

AdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【後編】
「イノベーション」とは部署名ではなく企業の文化である
Adobeのシニアバイスプレジデント兼CIOが語った、デジタルトランスフォーメーションの真骨頂とは。同社とUberが登壇したイベントの内容を基に紹介する。(2019/11/21)

SAPが経営陣を刷新、戦略への影響は【前編】
「SAP ECC」から「SAP S/4HANA」への移行が進まない理由
SAPは2019年に経営陣を刷新した。新しい経営陣は同社の提唱する「インテリジェントエンタープライズ」を推し進め、ユーザー企業の「SAP S/4HANA」への移行を促進する必要がある。だが、その道のりは険しい。(2019/11/19)

管理が行き届かないデバイスは格好の“抜け穴”
経験者が語る「IoTセキュリティの落とし穴」、現実的な解決策は?
IoT機器から取得できるデータを活用し、生産性を高める取り組みが広がりつつある。しかしIoTの開発は機能面ばかりに目が向き、セキュリティ面がおろそかになりがちである。IoTセンサーに求められるセキュリティ対策は何か。(2019/11/13)

S/4HANAが自動化機能を強化
「SAP S/4HANA Cloud 1908」の新機能 RPAと組み込み分析機能とは?
2019年8月に発表されたSAPの「SAP S/4HANA Cloud 1908」にはRPA機能と組み込み分析機能が新たに加わった。これらの機能はビジネスプロセスの自動化を進めるが、こうした新機能を「飾り物」と呼ぶアナリストもいる。(2019/11/1)

「AI」で進化する自動化技術【後編】
RPAでは難しくても「AIによる業務自動化」なら実現できることとは?
業務自動化システムは人工知能(AI)技術を利用することで、高度な処理が可能になりつつある。具体的にどのような処理ができるようになるのか。(2019/10/31)