2006年03月07日 09時18分 公開
特集/連載

オフショアリングに負けないITプロフェッショナルになるために!Column

最近のフォードの例のように、従業員のレイオフや業務のオフショアリングを行う企業が増えている。コラムニストのジェームズ・チャンピー氏が、どうすれば会社の競争力に貢献できるかをITプロフェッショナルにアドバイスする。

[TechTarget]

 米国の雇用喪失の元凶は低コストな海外労働力を利用するオフショアリングだと見る向きもあるがそうではない。先ごろ3万人のレイオフを敢行したフォードなどの米国メーカーは、品質、価格、製品の面で競争力の維持に失敗したにすぎないのだ。フォードは1908年にT型フォードを市場に出して以来、単一製品を軸にした戦略に頑固に固執してきた。顧客が最上の製品とサービスを求めて世界中のメーカーと付き合う今日、こうした誤った戦略に固執することは致命的なミスとなる。

 ITプロフェッショナルは、このように以前よりオープンで激しい競争の犠牲になっていると感じているかもしれない。しかし、構造的かつ経済的な激しい変化に対する防衛策を立てようとするのは間違いだろう。ITプロフェッショナルは、どうすれば自社のビジネス競争に役立つことができるかを、これまで以上に追求しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...