2006年09月01日 08時00分 公開
特集/連載

履歴書に磨きをかける9つのポイントColumn

管理職スカウト専門のヘッドハンターが教える効果的な履歴書の書き方。無味乾燥な経歴の羅列では、読まずに捨てられてしまう!?

[Linda Tucci,TechTarget]

 求職中のCIOは自分の履歴書をマーケティング素材と見なすべきだ――管理職スカウト会社でヘッドハンターを務めるマーサ・ヘラー氏は、そうアドバイスしている。ヘラー氏はマサチューセッツ州ウェストバラに拠点を置く管理職スカウト会社、ZリソースグループのITリーダーシッププラクティス担当責任者だ。同氏は、先ごろカリフォルニア州カールズバッドで開催されたCIO Decisions 2006カンファレンスで、履歴書を上手に作成するための9つのポイントを紹介した。

概要ページをなくす

 ヘラー氏が最初に駄目出ししたのは、「過去に○○の経営を建て直した実績を持つ経験豊かなリーダー」といった決まりきった文句で始まる概要ページだ。「わたしはそういった概略ページは読まないことにしている。どれもありふれた内容で、意味がないから、読まずにページをめくってしまう」と同氏。同氏によれば、直近の2つの職務に関する詳細な説明から始まるのが優れた履歴書だという。そして、説明は過去にさかのぼるほど短くまとめるべきだ。

成長の軌跡を示す(たとえ後退していたとしても)

 雇用主は、スタッフ管理、売上高、レポーティング構造など、「責任量」の着実な増加に着目する。「例えば、前のポジションでは取締役会メンバーではなかったが今はそうだとか、前は経営会議のメンバーではなかったが今はそうだとか、前は会社の幹部ではなかったが今はそうだ、といったようなことだ」とヘラー氏。もし実際には後退を経験していたのだとしても(例えば、ドットコム企業に賭けてみたが失敗に終わったなど)、責任量の増加や新しい専門知識の増加をアピールし、そうした経験をも成長の軌跡として説明できるようにすればいい、と同氏は指摘している。

関連ホワイトペーパー

CIO | データセンター


ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...