2007年04月10日 18時20分 公開
ニュース

マイクロソフト、日本初となるSOA分析・設計メソドロジーサービスを提供NEWS

マイクロソフトは、SOA導入のためのメソッドを体系化した「VIM」を開発し、SOA分析設計サービス「クイックスタート」として提供を開始する。

[TechTarget]

 マイクロソフトは4月9日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を業務システムに適用する際の業務分析、ビジネスプロセスの可視化、サービスの抽出、適用有効性までを体系化した分析設計手法「VIM(Variability Isolation Methodology)」を開発し、SOA分析設計サービス「クイックスタート」として提供を開始すると発表した。同社では本サービス提供を通し、企業の「People-Ready ビジネス」の実現を支援するとしている。

 本サービスは、コンサルティングサービス内容がSI型一括サービスではなく、「SOA分析設計サービス『クイックスタート』」「SOA分析設計サービス」「SOA実装サービス」および「SOAマネジメント&カバナンスサービス」の4つのフェーズで提供される。これにより、企業は段階的なSOA導入が可能となるという。最初に業務およびシステムをSOA化することの有効性を評価し、その後、本格的な設計・開発・システム構築に進めることができるように体系化されているため、企業は少ない投資額でシステムのSOA化を推進できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...