マイクロソフト、日本初となるSOA分析・設計メソドロジーサービスを提供NEWS

マイクロソフトは、SOA導入のためのメソッドを体系化した「VIM」を開発し、SOA分析設計サービス「クイックスタート」として提供を開始する。

2007年04月10日 18時20分 公開
[TechTarget]

 マイクロソフトは4月9日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を業務システムに適用する際の業務分析、ビジネスプロセスの可視化、サービスの抽出、適用有効性までを体系化した分析設計手法「VIM(Variability Isolation Methodology)」を開発し、SOA分析設計サービス「クイックスタート」として提供を開始すると発表した。同社では本サービス提供を通し、企業の「People-Ready ビジネス」の実現を支援するとしている。

 本サービスは、コンサルティングサービス内容がSI型一括サービスではなく、「SOA分析設計サービス『クイックスタート』」「SOA分析設計サービス」「SOA実装サービス」および「SOAマネジメント&カバナンスサービス」の4つのフェーズで提供される。これにより、企業は段階的なSOA導入が可能となるという。最初に業務およびシステムをSOA化することの有効性を評価し、その後、本格的な設計・開発・システム構築に進めることができるように体系化されているため、企業は少ない投資額でシステムのSOA化を推進できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...