2007年09月26日 19時23分 公開
ニュース

日立ソフト、電子メールとSalesforceの連携サービスを提供開始NEWS

電子メールによるコンタクト情報を効率的に一元管理、共有化できるサービス「EmailToActivity」を提供

[TechTarget]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは9月26日、セールスフォース・ドットコムのオンデマンドCRM「Salesforce」と電子メールを連携し、送信メールの内容を効率的にSalesforceで管理するサービス「EmailToActivity」を同日より提供開始したと発表した。本サービスは、Salesforceと各種アプリケーションとの連携を実現する日立ソフトウェアエンジニアリングのサービス「SaaSWare」の第2弾(第1弾は日立製作所のグループウェア「Groupmax」とのスケジューラ連携サービス「SynchroMax」)。IMAP対応のメールサーバ環境下であれば、メールクライアントの種類に依存せず利用できるという。

 EmailToActivityは「Outlook Express」などのメールクライアントから送信した電子メールの件名と本文をSalesforceのToDo情報に自動的に登録する。顧客からの問い合せへの回答や、営業スタッフと顧客との折衝などの送信メールをSalesforceで一元管理できるため、関係者間で効率的な情報共有ができるとしている。また、送信先がSalesforceに登録されている顧客のメールアドレスである場合、当該顧客に対する活動履歴として登録される。

 なお、EmailToActivityは、セールスフォース・ドットコムが提供するオンデマンド・アプリケーションのマーケットプレイスである「AppExchange」に登録される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...