ネオジャパン、クライアントPCにデータが残らないWebメールシステムを発売NEWS

POP3に対応したWebメールシステム「Denbun POP版」の出荷を開始。Ajaxにより高い操作性を提供し、メールデータを汎用データベースに保存することで集中管理を可能に

2007年11月14日 20時45分 公開
[TechTarget]

 ネオジャパンは11月14日、POP3に対応したWebメールシステム「Denbun POP版」の出荷開始を発表した。メールデータをクライアントPCに完全にダウンロードさせずにデータベースへ保存するため、クライアントPCからの情報漏えい対策、メールデータの一元管理、モバイルからのメール参照などが可能となる。

 Ajaxの採用により、ドラッグ&ドロップでメールをフォルダに移動したり、右クリックで新しい階層のフォルダを作成したりできるなど、デスクトップアプリケーションと同等の操作性を実現したという。また、画面の変更部分についてのみをサーバと通信するため、回線負荷を低減できる。送受信・一時保存するメールのデータは、すべて汎用データベースである「PostgreSQL」を採用した「Denbunデータベース」に保管され、原則としてクライアントPCには保管されない。汎用データベースを採用することで、データが大量にたまっても素早く検索できるとともに、バックアップなどのメールデータの集中管理を容易にしている。

関連ホワイトペーパー

Webメール | Ajax | PostgreSQL


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...