2008年02月07日 18時25分 公開
ニュース

NEC、大規模SAN環境を統合管理するミドルウェア「WebSAM Storage ControlCenter」を発売NEWS

EMCとNECは両社の技術を持ち寄り、複雑で大規模なマルチベンダーのSAN環境を統合管理するミドルウェアを製品化。

[TechTarget]

 NECは2月7日、複雑で大規模なSAN環境を統合管理するミドルウェア「WebSAM Storage ControlCenter」の販売を開始した。本製品は、同社のパートナーであるEMCのストレージ管理技術にNECの運用管理技術を融合させ製品化したもの。

 WebSAM Storage ControlCenterは、SAN環境内のストレージ、ファイバーチャネルスイッチ、サーバを1つの画面、統一された操作で一元管理することができる。ストレージはNECの「iStorage」に加え、EMCのストレージをはじめとする異機種ストレージを統合管理でき、サーバ、ファイバーチャネルスイッチについても幅広い機種の管理が可能だという。また、GUIによる接続・稼働状況の表示やストレージの割り当て・使用率の自動リポート出力なども可能となっている。

 価格(税抜き)は227万円から。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ストレージ | SAN | EMC | ミドルウェア | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...