2008年06月05日 18時26分 UPDATE
ニュース

NEWSアドビ、Web会議向け機能を強化した「Acrobat Connect Pro」の最新版

議事録の保管/編集機能の搭載や主要IMへの対応などWeb会議機能を強化。「Adobe Presenter」との統合により、PowerPointで作成したプレゼン資料のFlash化も可能だ。

[TechTargetジャパン]

 アドビ システムズは6月5日、Web会議およびeラーニングソリューション「Adobe Acrobat Connect Pro」の最新版の販売を開始した。サーバライセンスと年間契約のホスティングサービス(ASP)の2種類の形式で提供する。

 最新版ではRIA(Rich Internet Applications)技術により、Web会議向けの機能を強化。議事録の保管/編集機能、主要なインスタントメッセージング(IM)クライアントに対応した新しいプレゼンス機能を追加している。

 また、オーサリングツール「Adobe Presenter」とAcrobat Connect Proを統合することで、 PowerPointで作成したプレゼンテーション資料を動画や音声、アニメーションなどを盛り込んだリッチコンテンツに変換でき、Adobe Flash Playerに対応するプレゼンテーションを組み込んだWeb会議を開催できる。質問の蓄積やランダム化、簡単な操作の動画機能、プレゼンテーションをモバイル機器向けやPDFファイルとして公開する機能も搭載している。

 eラーニング機能としては、仮想授業に参加している受講生が個別にオンライン上で小会議室(ブレークアウトセッション)を持つ機能や、ビデオコンテンツの高速オーサリングといったラーニングソフトを介した学習管理システム(LMS)との統合、仮想授業を記録/管理するツールなどを搭載している。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...