2008年06月05日 18時26分 公開
ニュース

アドビ、Web会議向け機能を強化した「Acrobat Connect Pro」の最新版NEWS

議事録の保管/編集機能の搭載や主要IMへの対応などWeb会議機能を強化。「Adobe Presenter」との統合により、PowerPointで作成したプレゼン資料のFlash化も可能だ。

[TechTargetジャパン]

 アドビ システムズは6月5日、Web会議およびeラーニングソリューション「Adobe Acrobat Connect Pro」の最新版の販売を開始した。サーバライセンスと年間契約のホスティングサービス(ASP)の2種類の形式で提供する。

 最新版ではRIA(Rich Internet Applications)技術により、Web会議向けの機能を強化。議事録の保管/編集機能、主要なインスタントメッセージング(IM)クライアントに対応した新しいプレゼンス機能を追加している。

 また、オーサリングツール「Adobe Presenter」とAcrobat Connect Proを統合することで、 PowerPointで作成したプレゼンテーション資料を動画や音声、アニメーションなどを盛り込んだリッチコンテンツに変換でき、Adobe Flash Playerに対応するプレゼンテーションを組み込んだWeb会議を開催できる。質問の蓄積やランダム化、簡単な操作の動画機能、プレゼンテーションをモバイル機器向けやPDFファイルとして公開する機能も搭載している。

 eラーニング機能としては、仮想授業に参加している受講生が個別にオンライン上で小会議室(ブレークアウトセッション)を持つ機能や、ビデオコンテンツの高速オーサリングといったラーニングソフトを介した学習管理システム(LMS)との統合、仮想授業を記録/管理するツールなどを搭載している。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...