2008年09月11日 08時00分 公開
特集/連載

32ビットMPUの「性能・消費電力・コスト」を調整する18の技法組み込み向け半導体最新動向

組み込み向けマイクロプロセッサの最近のトレンドをまとめ、昨今MPUに求められる条件を満たすための主な技法を簡単に紹介する。

[大原雄介]

 この連載では、組み込み(Embedded)機器向け半導体のトレンドを追っていく。連載1回目となる今回は、組み込み機器向けMPU(マイクロプロセッサ)の中で最近主流になってきた32ビットMPUの一般的なアーキテクチャを解説する。

 組み込み機器で使われるMPUは非常に幅広く、その構成もさまざまだ。単に命令セットの違いの域を超え(※注)、目的や利用方法に合わせて内部アーキテクチャもバラエティーに富んでいる。全般的な傾向について簡単にまとめておきたい。

※注 昨今では、実質的に命令セットの差はそれほど大きな問題にはなっていない。80〜90年代にかけて設計様式に関して起きた、「CISC(Complex Instruction Set Computer)」vs.「RISC(Reduced Instruction Set Computer)」といった論争は、既にまったく実情に合っていない。

関連ホワイトペーパー

組み込み | 32ビット | マルチコア | スケーラビリティ



ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...