2010年02月04日 09時00分 公開
ニュース

NEWSNEC、中小企業向けにサーバ仮想化製品をオールインワンパッケージで販売

NECは、サーバ仮想化ソリューションの販売促進を中小企業向けに強化する。サーバ仮想化製品のオールインワンパッケージ販売、パートナーを含めた技術サポート要員の増強および仮想化製品割引キャンペーンを実施する。

[TechTargetジャパン]

 NECは2月1日、サーバ仮想化ソリューションの販売促進を中小企業向けに強化すると発表した。その中で、仮想化ソリューションの基本構築サービスをパッケージ化した「仮想化セット」を新たに製品化し、2月3日から販売する。

 仮想化セットは、ラックタイプのIAサーバ「Express5800シリーズ」、ヴイエムウェアの「VMware vSphere」またはマイクロソフトの「Hyper-V」といった仮想化ソフトウェアおよび基本構築サービスを一体化したオールインワン製品。仮想化ソフトおよびゲストOS(Windows Server 2008仮想サーバ)のセットアップ、仮想化基盤を管理するためのGUIをインストールした端末も標準で提供する。

 ラインアップは、ユーザー企業の規模に応じて、エントリーモデル、ベーシックモデル、アドバンスドモデルの3種類。今回は中小企業を対象にしたエントリーモデルについて、販売店/パートナーを通じて販売する。エントリーモデルでは、サーバ仮想化製品を初めて導入する企業でもすぐに利用できるよう、最小構成のサーバとソフトウェアおよび基本構築サービスを一体化している。同モデルの販売価格は280万円(税別)から。

画像 仮想化セット エントリーモデル スモールスタートセットの例

 そのほか、技術サポ−ト力の強化策として、ヴイエムウェアの認定技術者資格「VCP」(VMware Certified Professional)、Hyper-Vに関するマイクロソフトの認定技術者資格(MCTS)の保有者を今後1年間で現状の200人から600人に増やす。これにより、サーバ仮想化製品に関するコンサルティングや導入支援、保守/運用サポートにおいて、きめ細かいサービスを提供するとしている。販売店/パートナーとの連携においては、「Express5800仮想化プラットフォーム技術認定制度」を新設し、NEC製サーバを活用した仮想化システムの提案・構築の知識を有する技術サポート要員を育成する。2010年度中に300人以上の認定技術者を育成する予定だ。

 併せて、NEC製ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE」やストレージ「iStorage」、仮想化ソフトウェア「VMware vSphere 4」などの仮想化関連製品を通常価格の約40%で購入できる仮想化導入促進キャンペーンを同日から実施する。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...