編集者コラム、始めます!編集者コラム:プロジェクト管理“晴耕雨読”第1回

編集者コラムでは、編集者それぞれの視点で「記事にはならないけれど、専門分野に関連するちょっと耳寄りな情報(?)」を皆さんにお届けします。

2010年05月17日 09時00分 公開
[翁長 潤,TechTargetジャパン]

まずは、ごあいさつ

 平素はTechTargetジャパンをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。専門メディア「プロジェクト管理」の編集を担当しております、翁長(おなが)です。

 プロジェクト管理では「プロジェクトマネジャーのための製品選定・導入支援サイト」として、主に「プロジェクト管理ツール」「開発支援サービス」に関する情報を取り上げています。プロジェクトマネジャーの皆さんの日々の業務に役立つ情報の提供に努めてまいります。

 「より読者とのきずなを深めるためにどうすればいいのか?」

 編集部内で考えた結果、各編集者が担当する専門メディア上でコラムを公開することになりました。コラムでは、編集者それぞれの視点で「記事にはならないけれど、専門分野に関連するちょっと耳寄りな情報(?)」を皆さんにお伝えすることになるかと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

コラムのタイトルの由来とテーマ

 わたしが担当するコラムのタイトルは「晴耕雨読」とさせていただきました。広辞苑では「晴れた日は外に出て耕し、雨の日は家にいて書を読むこと。田園に閉居する自適の生活」と定義されています。もちろん、わたしがあこがれるライフスタイルです。また、大学生のときに屋久島へ調査実習(フィールドワーク)に行った際、お世話になった民宿の名前でもあり、このタイトルを付けさせていただきました。

 このコラムでは、数多くある「プロジェクト管理」に関する書籍を読み、その感想をつづっていく予定です。「プロジェクトを成功させるためには一体何が必要なのか?」 その手掛かりを探っていきたいと思います……と、意気込んでみたものの、実はまだ本を探している段階です。「こんな本がお勧め」「この本を読んだ感想が聞きたい」などございましたら、お気軽にお伝えいただければ幸いです。ご意見・ご感想などはこちらまでお願いいたします。

 それでは次回から頑張ります。

「プロジェクト管理」の記事情報はここでも確認できます。

専門メディア「プロジェクト管理」の公式Twitterアカウント:project_TT


ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...