2012年03月08日 09時00分 公開
特集/連載

製造業グローバル展開の鍵は「在庫管理」、ITシステムができることはイベントリポート:日本インフォアセミナー

売り上げの増加が見込めるが在庫リスクも高い――海外展開を目指す製造業向けのセミナーで語られたのは在庫管理の重要性だった。そのために必要なITシステムとは?

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 少子高齢化の進展や歴史的な円高を受けて海外市場に活路を見いだそうとする企業が急増している。従来の生産拠点に加えて、販売や調達の拠点として海外市場を捉えているのが近年の特徴だ。しかし、ジェムコ日本経営の本部長コンサルタントで工学博士の土屋和広氏は、「覚悟を決めてグローバル展開しないと危険がある」と警告する。

ジェムコ日本経営の土屋和広氏

 土屋氏は同社と日本インフォア・グローバル・ソリューションズが主催したセミナーで講演した。講演のタイトルは「グローバルSCM・業務プロセス最適化方法論」。土屋氏は、企業が海外展開することで「ビジネスボリュームが拡大する」と指摘した。確かに日本にはない巨大なマーケットに直接アクセスできるようになるわけで、企業の売り上げ増大が期待できる。しかし、土屋氏は「それは利益の拡大を意味するのか?」という。

 売り上げが伸びても業務やプロセスのコストが増大すれば利益は増えない。逆にコスト管理に失敗して赤字になるリスクもある。土屋氏は「売り上げが増えれば複雑性が増して、リスクも増す。小さなブレが大きな損得になる」と話した。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...