2012年05月09日 19時47分 公開
ニュース

サイボウズ、グループメーラー「メールワイズ」のクラウド版を発表NEWS

サイボウズは、複数の従業員間で効率的なメール対応を可能にするサービス「メールワイズ」を同社開発のクラウド基盤上で提供すると発表。6月4日にβ版の提供を開始する。

[和田良太,TechTargetジャパン]

 サイボウズは5月9日、クラウド型グループメーラーサービス「メールワイズ on cybozu.com」のβ版提供を、6月4日に開始すると発表した。同サービスは2000社以上に導入されているパッケージ版「メールワイズ」を同社が開発したクラウド基盤「cybozu.com」で提供する内容。

 メールワイズon cybozu.comは、メールアドレスごとに個人宛てのメールかチームで共有すべきメールかを自動的に分類し、効率的なメール対応を可能にするメーラーサービス。現在のメール対応状況や対応者をチーム全体で把握することができるため、対応漏れや二重対応を防ぐことが可能。サーバにメールのやりとりや個人情報を集約することで、個人情報流出のリスクを低減させる。

 過去のメール対応履歴を参照する機能を搭載。他の従業員がメール対応する際の参考として共有することができる。その他、頻繁に発生するメール対応の内容をテンプレートとして登録することで、メール対応の教育コストを削減する効果も期待できるという。

 β版は無償で利用できる。正式なサービスの開始は今秋を予定している。正式サービスは有料だが料金は未定。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。