2012年10月22日 19時00分 公開
ニュース

自治体の健康増進施策を支援する業務管理システムを発表、NTTアイティNEWS

NTTアイティが自治体向けの健康管理システムを発表。自治体が実施する住民健診や保健指導などの各種健康管理業務の効率化を支援する。オンプレミスとクラウドサービスの2つの形態で提供する。

[TechTargetジャパン]

 NTTアイティは10月22日、自治体向けの健康管理システム「住民健診システム」を発表した。11月1日に販売を開始する。

 今回発表した住民健診システムは、自治体が実施する住民健診や保健指導などの各種健康管理業務における、対象者の管理や予約、案内、結果入力、集計などの機能を搭載。また、住民のさまざまな健康情報を一元管理することで、健康管理業務の効率化と住民へのサービス向上を支援する。

photo 「住民健診システム」のシステムイメージ

 住民健診システムの提供方法は、オンプレミス型とクラウドサービス型の2形態。NTTアイティは、これまでオンプレミス型の健康管理システム「HM-neo」を販売してきた。同社によると、新たにクラウドサービス型を提供することで、顧客データを安全に保管する他、業務量の増加に伴うシステム増強も低コストで実現できるという。住民健診システムの提供価格は、オンプレミス型が500万円から(税別)、クラウドサービス型が個別見積もり。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...