2014年03月12日 08時00分 公開
特集/連載

IT環境が店舗ごとにバラバラなカーショップ、解決策はクラウド化プライベートクラウドでインフラ統合

店舗ごとにさまざまなバージョンのソフトウェアを、時代遅れのハードウェアで使用していた自動車スーパーマーケットの英Motorpointは、事業拡大のためにITインフラの統合が急務だった。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 オンラインで自動車小売業を営む英Motorpointは、一貫性のないITインフラと時代遅れのハードウェアが事業の成長と拡大の足かせとなっていることから、アジリティと効率性を高め、事業拡大を推進するためにクラウドベースのインフラへの切り替えを決断した。

Computer Weekly日本語版 3月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 同社は1998年に設立された英国の自動車スーパーマーケットで、3500台以上の新車や新古車を抱えている。ここ12カ月の販売台数は3万1000台を上回る。

 同社はWebサイトに加え、バーミンガム、バーンリー、チングフォード、ダービー、グラスゴー、ニューポート、ピーターバラの英国7都市に店舗を構えている。各店舗は、さまざまなバージョンのソフトウェアを、時代遅れのハードウェアに組み込んで使用している。標準化を行っていなかったため一貫したサービスを提供できず、経営陣はITをアップグレードすることで効率を高めるしかなかった。

 「各支社のITインフラが統一されていないことが、当社の大掛かりな成長計画の妨げとなっていた。導入するソリューションはIT管理の効率を大幅に高めるものでなければならなかった」とMotorpointの管理部長マーク・カーペンター氏は言う。

クラウドベースインフラの機敏性

 急成長を続けているMotorpointは、新しいサイトを素早く立ち上げ、既存サイトの効率も高める堅牢なITインフラを求めていた。

 さらに、英国全体に支社を急速に拡大していくために、データセンターを運営する通信プロバイダーの英Node4に目を向け、クラウドベースインフラの導入を決めた。

 「当社のIT部門は、ITリソースを新しい支社に素早く振り分け、さらに全サイトのハードウェアとソフトウェアを単一の一貫した統合プラットフォームにまとめることも必要だった」とカーペンター氏は語る。

 Motorpointは、Node4のn4Cloudというプライベートクラウドベースのサービスを導入した。このプライベートクラウドは主にノーサンプトンにあるNode4のデータセンターで運用される。MotorpointのITチームは、ITサービスの一貫性を保証し、ノーサンプトンのデータセンターが停止した場合に備えて、クラウドのバックアップとレプリケーション戦略も採用した。ノーサンプトンのプライベートクラウドは、ダービーにある別のNode4データセンターでバックアップされる。

クラウドベースのインフラ

続きはComputer Weekly日本語版 3月5日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 2月19日号:次世代ホットスポット「NGH」徹底解説

Computer Weekly日本語版 2月5日号:仮想化コストを増大させる勘違い

Computer Weekly日本語版 1月22日号:Amazon Web Services vs. Google


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...