スマホユーザーを敵に回しても「モバイルデバイス管理(MDM)」をやめてはいけない企業におけるMDMの立ち位置を整理

「モバイルデバイス管理(MDM)」は、長い年月を掛けて大きく発展した。従業員からの反発があるからといって、その価値が下がるわけではない。

2015年04月16日 08時00分 公開
[Jack MaddenTechTarget]

 ユーザーとスマートフォン/タブレットの間には密接な関係が築かれている。対して管理者は何年もの間、過度に厳格でエンドユーザーの操作性を低下させる「モバイルデバイス管理(MDM)」による制御を導入してきた。IT部門は、従業員から好まれる形でMDMを効果的に使用する方法を探し続けている。

 MDMが誕生したばかりのころ、多くの管理者は、従業員が所有するスマートフォンをカナダBlackBerryの「BlackBerry」のようなものにして、セキュリティを確保したいと考えていた。だがこのアプローチは、企業環境に一般コンシューマー向け端末を持ち込む問題を解決するには至らず、すぐに従業員からの反感を買うことになった。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


成熟する「EMM」

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...