2015年10月15日 08時00分 公開
特集/連載

開発サイクル短縮の鍵を握るテスト自動化ツールのさらなる導入効果とは?リリースサイクルは3分の1に

クラウドソフトウェアを開発しているLeadDeskは、開発サイクル短縮のためテスト自動化ツールを導入。リリースサイクルは大幅に短縮したが、導入効果はそれだけではなかった。

[Eeva Haaramo,Computer Weekly]
Computer Weekly

 コールセンター向けソフトウェアプロバイダーのフィンランドLeadDeskは、同じくフィンランドのUsetraceと提携している。LeadDeskは、Usetraceが開発したクラウドベースのテスト自動化ソフトウェアを導入することで、リリーステストに要する時間を50%短縮した。

Computer Weekly日本語版 10月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ソフトウェア開発サイクルが重視されるようになるにつれ、新しいテスト自動化ツールへの期待も高まっている。

 8カ国にオフィスがあり、15カ国で事業を展開するLeadDesk。同社のCEOオリ・ノクソ=コイビスト氏はUsetraceのソフトウェアを評し、インフラについて心配する必要がなくなることが大きなメリットだという。「テストの自動化に通常必要になるインフラの主要部分はそのまま使用できる」と同氏は話す。

 メリットはこれだけにとどまらない。「テストの実行が以前よりも簡単になったので、定期テストを除けば、テストリソースの分配効率が上がった」と同氏は付け加える。

 LeadDeskは、UsetraceのWebテストツールを使ってコールセンター向けクラウドソフトウェアの主なユースケースを50件自動化した。

 自動化にはテストスクリプトの作成が必要になることが多いが、Usetraceによれば、テストの全ユーザーパス(トレース)がコンピュータによって自動作成されるため、コーディングは不要だという。Usetraceのユーザーは、Webサイトでの顧客操作を模倣する(フォームへの入力、製品の注文、Webサイトでのリンクのクリックなど)。すると、自動的にこれらのトレースを学習し、別のWebブラウザで定期的(およびコード更新時)に繰り返す。

 リリーステストの時間が半減することに加え、自動化の割合が増えることで手動のテスト作業が20%減少。ユーザーインタフェース(UI)のバグ報告が50%減ったという。

 「多くの要素があるため手動テストの時間を計るのは難しいが、当社ではテスト担当者2人がかりで3日というのが以前の平均だった。定評あるテストサポートツールを使用していても、この程度の時間がかかっていた」とノクソ=コイビスト氏は話す。

 「自動化によって開発プロセスも強化された。開発者が最初にコードを展開するとき、すぐにリグレッションテストの結果を得ることができるようになった。つまり、コードに問題があるかどうか、すぐに分かるようになった」

 またLeadDeskは最近、「スクラム」アジャイルプロジェクト管理フレームワークを「かんばん方式」に移行した。この移行はテストの自動化とともに、同社がリリースサイクルを3週間から1週間に短縮するのに貢献している。

迅速な更新の必要性

 だが、すぐに良い結果が得られたわけではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...