2016年03月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「利便性」と「安全性」の両立を実現スマホやタブレットの活用、“二兎”を追わない企業は失敗する

モバイルワーカーは会社のデータにアクセスする必要があるが、オープンアクセスの実現は簡単ではない。企業はユーザーからの要望とモバイルセキュリティへの不安とのバランスを取らなければならない。

[Steve Damadeo,TechTarget]
画像 「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品の重要な機能の1つとして提供されるMCM。画像はEMM製品「AirWatch」のWebサイト(出典:ヴイエムウェア)《クリックで拡大》

 モバイルデータアクセスを提供するためには、IT部門は典型的な難問に打ち勝たなければならない。一言でいえば、ユーザーからの要望とデータセキュリティに対する不安をうまく両立させることである。セキュリティの側面から見れば、IT部門は可能な限りアクセスを制限したいところだ。しかし、オープン性やユーザーエクスペリエンスの側面から考えれば、データは可能な限りアクセス可能であるべきである。この2つは真っ向から対立するように見える。だが、ありがたいことに実はそうでもない。

全てのデータに同しレベルのセキュリティが必要なわけではない

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...