“ハニーポット”を上手に使う「能動的多層防御」のコツおとりで誘い込む脅威対策(1/2 ページ)

サイバーセキュリティの多層防御の真の意味を理解するには、その起源となった軍事戦略「縦深防御(defense in depth)」を理解しなければならない。大事なのは、脅威は進入するものという前提を持つことだ。

2016年07月11日 12時00分 公開
[Peter SullivanTechTarget]

 長い間、サイバーセキュリティの多層防御(defense in depth)は多くの話題を提供してきた。例えば、米国国土安全保障局は、産業用制御システムを対象とする多層防御戦略を推奨しており、米国国家安全保障局も、多層防御を「現代の高度にネットワーク化された環境において情報保証を実現する実践的な戦略」と呼んでいる。

 だが、これまで交わされてきた議論の中で、その起源となった軍事防衛戦略「縦深防御(defense in depth)」が話題になったことはない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。