なぜ学校は「タブレット」「無線LAN」の導入で満足してはいけないのかなぜ日本の学校にITが必要なのか【後編】(1/3 ページ)

ITが日本の教育に必要な理由とは何なのか。教育機関は今後、何を目指してIT活用やIT教育に取り組んでいくべきなのか。国内外の過去と現状を見据えて考察する。

2016年07月15日 09時00分 公開
[武田一城日立ソリューションズ]

関連キーワード

教育 | 教育IT | タブレット | 無線LAN


 教育機関のIT導入熱がここ数年で急速に高まる一方、「日本の教育のIT化は今後どうなっていくのか」という疑問が、頭の中で渦巻いている教育関係者も少なくないだろう。後編では「なぜ日本の学校にITが必要なのか」と題した連載のまとめとして、このことに関する私の考えを記していく。

 未来のことを予測し尽すことは難しい。だが教育分野を含めた世界の情勢と日本の現状を把握し、教育がITで何を目指すかを理解していけば、少なくとも日本がなぜ教育にITが必要としているかは理解できる。そして必要性が理解できれば、将来のあるべき姿もその延長線上に見えてくるはずだ。

日本と海外の教育ITの違い

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。