2016年01月12日 08時00分 公開
特集/連載

教育機関iPad活用お悩み相談【前編】iPad導入校が悩む「5大トラブル」とは? 学校導入4000台のプロが明かす (1/2)

私立中学・高校を中心に広がるiPad導入。管理・運用において気を付けるべきポイントとは何か。iPad4000台の納入実績を持つスペシャリストに聞く。

[神谷加代,著]
教育産業の山口氏 教育産業の山口氏。2011年から、全国の大学や高校、中高一貫校、中学校、小学校などさまざまな教育機関にiPadを導入してきたスペシャリストだ

 教育機関におけるタブレット普及の立役者といっても過言ではないのが、米Appleの「iPad」だ。Windowsタブレットや「Chromebook」など、教育機関が活用する端末が多様化しつつある今でも、iPadは私立の中学校や高等学校を中心に根強い支持を集める。ただし、iPadの導入や運用に伴い、さまざまなトラブルに直面している教育機関も珍しくない。

 iPadを導入した教育機関の現場では、具体的にどのようなトラブルが発生しているのか。有力な対処方法とは何か。本稿では、iPad4000台の納入実績を持つ教育産業の山口宗芳氏が、2015年10月30日開催の教育ITイベント「eラーニングアワード2015フォーラム」で講演した内容を基に、iPad導入におけるトラブルとその対処法を探る。

iPad導入後に発生しやすい5つのトラブルと対処法

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...