2016年10月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

新機能「WIP」で業務用データを保護する仕事と遊びを分けられない“困ったWindows 10ユーザー”を情報漏えいから守るには? (1/2)

デバイス内の業務用データの漏えいを防ぐべく、Windows 10に新たに加わったセキュリティ新機能が「WIP」だ。その実力を探る。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 私物デバイスでの仕事を許可する企業にとって、WIPは福音となるか

 Windows 10の一周年アップデート「Windows 10 Anniversary Update」には、多数の新機能が盛り込まれた。その1つとして特筆すべき機能に「Windows Information Protection」(Windows情報保護、WIP)が挙げられる。WIPは開発中に「Enterprise Data Protection」(エンタープライズデータ保護、EDP)というコードネームで呼ばれていた機能で、デバイス内で私用データから業務用データを切り離し、組織がアクセスを制御できるようにする。

 WIPはWindows 10に新しい要素をもたらす。これはWindowsが搭載する暗号化機能「BitLocker」の代替ではない。BitLockerはデバイスをなくしたり盗まれたり不正に操作されたりした場合にデータを守る。対して組織がWIPを利用すると、Windows 10のエンドユーザーが業務用データを使ってできることやアクセスできるアプリケーションを管理し、かつ私用データには触れずにおくことができる。

WIPとは

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...