第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは新しいトレンドの影響力とは(1/2 ページ)

第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。

2016年12月01日 15時00分 公開
[Mike MatchettTechTarget]
ディープラーニング専用のアプライアンス「DGX-1」の公式Webページ《クリックで拡大》

 ビッグデータと人工知能(AI)は世界に驚くような形で影響を及ぼす。既に影響は出始めており、その中には当然ながら、自分たちのデータセンターも含まれる。

 AIという用語が復活している。私はAIを、機械学習を含む大きく包括的な存在として、そして同時に思考もほのめかす存在として解釈している。

 AIという用語を使うとIT要素だけでなく突如として感情的要素が大きく変わり、例えば「ターミネーター」が登場する。一方機械学習は、ある意味で安心して話ができる。こちらは単なる応用数学で、例えば確立された可能性、線形代数、微分方程式を網羅する。だが幅が広がった現在のAIは、強化され自動化された視覚や音声、推論能力などを持つ人間性の提供へと向かいつつある。

 本稿は、ビッグデータとAIで台頭しつつある注目すべきトレンドについて以下に解説する。こうしたトレンドは予想よりも早く自分たちのデータセンターに影響を及ぼすかもしれない。

Apache Sparkの存在

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...