2016年12月01日 15時00分 公開
特集/連載

第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは新しいトレンドの影響力とは(1/2 ページ)

第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。

[Mike Matchett,TechTarget]
ディープラーニング専用のアプライアンス「DGX-1」の公式Webページ《クリックで拡大》

 ビッグデータと人工知能(AI)は世界に驚くような形で影響を及ぼす。既に影響は出始めており、その中には当然ながら、自分たちのデータセンターも含まれる。

 AIという用語が復活している。私はAIを、機械学習を含む大きく包括的な存在として、そして同時に思考もほのめかす存在として解釈している。

 AIという用語を使うとIT要素だけでなく突如として感情的要素が大きく変わり、例えば「ターミネーター」が登場する。一方機械学習は、ある意味で安心して話ができる。こちらは単なる応用数学で、例えば確立された可能性、線形代数、微分方程式を網羅する。だが幅が広がった現在のAIは、強化され自動化された視覚や音声、推論能力などを持つ人間性の提供へと向かいつつある。

 本稿は、ビッグデータとAIで台頭しつつある注目すべきトレンドについて以下に解説する。こうしたトレンドは予想よりも早く自分たちのデータセンターに影響を及ぼすかもしれない。

Apache Sparkの存在

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...