2016年12月01日 15時00分 公開
特集/連載

第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは新しいトレンドの影響力とは(1/2 ページ)

第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。

[Mike Matchett,TechTarget]
ディープラーニング専用のアプライアンス「DGX-1」の公式Webページ《クリックで拡大》

 ビッグデータと人工知能(AI)は世界に驚くような形で影響を及ぼす。既に影響は出始めており、その中には当然ながら、自分たちのデータセンターも含まれる。

 AIという用語が復活している。私はAIを、機械学習を含む大きく包括的な存在として、そして同時に思考もほのめかす存在として解釈している。

 AIという用語を使うとIT要素だけでなく突如として感情的要素が大きく変わり、例えば「ターミネーター」が登場する。一方機械学習は、ある意味で安心して話ができる。こちらは単なる応用数学で、例えば確立された可能性、線形代数、微分方程式を網羅する。だが幅が広がった現在のAIは、強化され自動化された視覚や音声、推論能力などを持つ人間性の提供へと向かいつつある。

 本稿は、ビッグデータとAIで台頭しつつある注目すべきトレンドについて以下に解説する。こうしたトレンドは予想よりも早く自分たちのデータセンターに影響を及ぼすかもしれない。

Apache Sparkの存在

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...