Google スプレッドシートを悪用してマルウェア制御、サイバー攻撃の手口が進化当面の対策は「不正なOfficeファイルを開かない」(1/2 ページ)

犯罪集団Carbanakがサイバー攻撃の手口を進化させており、マルウェアの制御インフラとしてGoogleのクラウドサービスを利用していた可能性がある。

2017年02月02日 08時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]
Forcepointの公式Webサイト《クリックで拡大》

 悪名高い犯罪集団Carbanakが、不正なOffice文書に仕込んだマルウェアを制御するためのインフラとして、Googleのクラウドサービスを使っていた可能性が浮上した。

 Forcepoint Security Labsの上級セキュリティ研究者、ニコラス・グリフィン氏によると、「拡散されたマルウェアが仕込まれている『Officeファイル』」を検出する手口の一環で、「トロイの木馬化されたRTFファイル」を同社が発見した。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...