2017年02月02日 08時00分 公開
特集/連載

当面の対策は「不正なOfficeファイルを開かない」Google スプレッドシートを悪用してマルウェア制御、サイバー攻撃の手口が進化 (1/2)

犯罪集団Carbanakがサイバー攻撃の手口を進化させており、マルウェアの制御インフラとしてGoogleのクラウドサービスを利用していた可能性がある。

[Michael Heller,TechTarget]
Forcepointの公式Webサイト《クリックで拡大》

 悪名高い犯罪集団Carbanakが、不正なOffice文書に仕込んだマルウェアを制御するためのインフラとして、Googleのクラウドサービスを使っていた可能性が浮上した。

 Forcepoint Security Labsの上級セキュリティ研究者、ニコラス・グリフィン氏によると、「拡散されたマルウェアが仕込まれている『Officeファイル』」を検出する手口の一環で、「トロイの木馬化されたRTFファイル」を同社が発見した。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。